Awesome City Club、知英の初主演映画『レオン』EDテーマに決定。「“コミカルな不幸せ”を上手く表現できれば」

Awesome City Club、知英の初主演映画『レオン』EDテーマに決定。「“コミカルな不幸せ”を上手く表現できれば」

テン年代のポップスを牽引する男女混成5人組バンド「Awesome City Club」が、知英が初主演する劇場長編映画『レオン』(2018年2月24日公開)で初の映画エンディングテーマを担当することが決定した。

映画『レオン』は、スマホマガジン「Hot-DogPress」で連載され、絶大な人気を誇った同名オリジナル漫画が原作。地味でナイスバディな派遣OLと年商500億で女大好きなセクハラオヤジ社長の心が入れ替わってしまう、ハチャメチャ痛快コメディだ。

楽曲は、彼らのライブでも先だって披露されていた新曲「Magnet」。映画の世界観に合わせて書き下ろされたというこの楽曲は、ディスコティックなダンスナンバーで、エンディングをカラフルに彩っている。2018年3月14日にEPをリリースすることが決定しており、その中に本楽曲も収録される予定となっている。

【atagi(Vo./G.)コメント】
映画を観させて頂いて、性別も、性格も、大事にしているものも全く違う二人が「必要に迫られて」嫌々ながらもお互いを分かり合っていく距離感がとても面白くその「コミカルな不幸せ」を上手く表現できればと思い曲を書きました。
劇中の二人みたいに、不自由だって、嫌になったって「変えられない 自分ごと OKだって ぎゅっと愛せたら」人生ちょっと、素敵になるかもしれないですよね。

映画情報

『レオン』
2018年2月24日(土)新宿バルト9ほか、全国ロードショー

出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)
ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉
山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

【STORY】
地味なナイスバディの派遣OLと年商500億のセクハラワンマン社長。性別も地位も性格も何もかもが正反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?
年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。。。。ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が・・・・! なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ―。性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?「俺の人生、どうなるの?」 「わたしの人生どうなるのかしら?」

オフィシャルサイト
http://reon-movie.com/

レオン』原作

 

リリース情報

Awesome City Club
2018年3月14日発売EP
映画『レオン』エンディングテーマ「Magnet」を含む、全4曲収録予定

【Awesome City Clubプロフィール】
2013年春、atagi、モリシー、マツザカタクミ、ユキエの4人により結成。2014年4月、サポートメンバーだったPORINが正式加入し、現在のメンバーとなる。「架空の街 Awesome Cityのサウンドトラック」をテーマに、テン年代のポップスを牽引する男女混成5人組。クラウドファンディングやVRなど最新のテクノロジーを積極的に駆使した活動も各所から注目を集めている。本作のエンディングテーマ「Magnet」で初の映画エンディングテーマとなる。

オフィシャルサイト
http://www.awesomecityclub.com