ハナレグミ、「来年から何かが始まる予感がします」。『SHINJITERU』ツアーが大盛況で幕

ハナレグミ、「来年から何かが始まる予感がします」。『SHINJITERU』ツアーが大盛況で幕

10月に2年ぶりのオリジナルアルバム『SHINJITERU』をリリースしたハナレグミの全国ワンマンライブツアーが、12月6日にツアーファイナルを迎えた。

11月7日に金沢Eight Hall公演より始まったツアー『SHINJITERU』は、全国7都市を巡り、この日、東京・国際フォーラム ホールAにて千秋楽。チケットは完売。まさにプレミアムとなったこの一夜を待ちわびた大観衆で、会場内は溢れかえった。

バンドメンバーは、昨春のライブハウスツアー『名前のないツアー』のメンバーであり、またアルバム『SHINJITERU』のレコーディングメンバーでもある、菅沼雄太(ds)、YOSSY(key)、伊賀航(b)、そして今回のツアーから参加となる石井マサユキ(g)、先日の大阪公演から加わったicchie(tp/tb)、武嶋聡(sax)と盤石の布陣。

冒頭、真っ暗なステージの上で語りかけるように披露された「線画」、続く4つ打ちのビートが心地よい「ののちゃん」、ホーン隊が華やかに色を添える「ブルーベリーガム」「君に星が降る」、会場に西海岸の風を吹かせた「My California」、魅惑のスローナンバー「秘密のランデブー」、ディスコティークな照明と永積のアナログシンセが異彩を放つ「Primal Dancer」、真骨頂のスカナンバー「太陽の月」、唯一の弾き語り曲「消磁器」、そして本編ラストを飾った昨年リリースのシングル曲「深呼吸」(映画「海よりもまだ深く」主題歌)と、ニューアルバム『SHINJITERU』の収録曲を中心に、定番曲「家族の風景」「光と影」、さらに最高潮の盛り上がりを見せた「明日天気になれ」などの名曲も惜しみなく披露。アンコールを含め全20曲2時間強に及ぶ、まさに圧巻のステージとなった。

このツアー中「今年で何かが終わって、来年から何かが始まる予感がします」とMCで語った永積。ニューアルバムのリリース、そして全国ワンマンツアーを終えたばかりではあるが、早くも今後のハナレグミに期待せずにはいられない、そんな濃厚で豊潤なパフォーマンスだった。

PHOTO BY 田中聖太郎

01. 線画
02. ののちゃん
03. ブルーベリーガム
04. 君に星が降る
05. My California
06. レター
07. あいまいにあまい愛のまにまに 〜 Wake Upしてください
08. 家族の風景
09. 光と影
10. ぼくはぼくでいるのが
11. 秘密のランデブー
12. フリーダムライダー
13. Primal Dancer
14. 太陽の月
15. 明日天気になれ
16. 消磁器
17. 深呼吸
-Encore-
01. Spark
02. 旅に出ると
03. きみはぼくのともだち


リリース情報

2017.10.25 ON SALE
ALBUM『SHINJITERU』


ハナレグミ オフィシャルサイト
 http://www.hanaregumi.jp/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC