桐谷美玲は白目を剥いて寝る!? 映画『リベンジgirl』披露イベント開催。清原翔「白目ですら可愛かった」

桐谷美玲は白目を剥いて寝る!? 映画『リベンジgirl』披露イベント開催。清原翔「白目ですら可愛かった」

12月23日(土・祝)に公開される桐谷美玲の主演作『リベンジgirl』の完成披露舞台挨拶が、本日12月7日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、桐谷美玲、鈴木伸之(劇団EXILE)、清原翔、佐津川愛美、竹内愛紗、三木康一郎監督が登壇した。

本作は、桐谷美玲演じる“ミス東大”、“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女” 宝石美輝が、フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指すというストーリー。

桐谷は、「この作品は一ヶ月前まで撮影をしていたので今日という日を迎えることができて嬉しく思っています。そしてこんなにたくさんの人に見ていただいてドキドキしています。」と挨拶。また映画のストーリーにちなんだ質問で人生のターニングポイントとなった出来事を聞かれると、「スカウトされたことですね。15歳ごろの頃、突然携帯に電話がかかってきてスカウトされました。」と答えた。



撮影中の桐谷の印象を聞かれた三木監督は、「すごくかわいいと思っていました。」と笑顔で答えると、「めちゃめちゃ本気じゃないですか!」とツッコミが。一方鈴木の印象については「あまり男子興味ないんで…」と即答、すかさず「監督! 温度差がすごいじゃないですか!」と鈴木本人から返されると「あ! 思い出した、真面目な方でしたよ。」とコメントした。

そして桐谷についての印象を聞かれた鈴木は、「この映画の中で47着衣装を着ているんですけど、どれも似合うんですよね。その中でも白いライダースが特に似合っていました。」と話し、また清原は、「桐谷さんはセリフも多いし、出演シーンも多いしその時点で最強だと思いました。ちなみに僕のお気に入りの衣装は白いパーカーですね。」と答えた。


また、「撮影中に白目を剥いて寝てしまう」という桐谷に対して「白目ですら可愛かったですよ。」と清原がフォローすると、「嘘つけ! 衝撃的って言ってたじゃん!」という厳しいツッコミが桐谷から飛び出した。


また、本日12月7日は、日本で初めてクリスマスツリーが飾られた“クリスマスツリーの日”にちなんで、クリスマスの思い出を聞かれると桐谷は“スーパーファミコン”、鈴木は“イルミネーション”と答えた。桐谷は「小学生の時にサンタさんがくれて、そこから私のゲーム人生が始まったんです。」と思い出を語った。一方鈴木は「クリスマスイブに当時お付き合いしてた彼女とイルミネーションを見に行ったんですけど、そこで喧嘩して別れちゃったんですよ。」という少し悲しいエピソードを披露した。



理想のクリスマスプランについて桐谷は「チキンを焼いて、お家も飾り付けして、かわいいお皿を用意するホームパーティがいい。そのあとに『リベンジgirl』を観に行くんです!」と言うと、鈴木は、「きよ(清原)はこたつ持って来るんだよね? 俺はお皿準備する係。竹内さんは?」と聞き手に周り、「見守ります。」と竹内が答え、佐津川は「ツリー飾ります」と回答。最後に「三木監督はどうですか?」と聞かれると「金」と即答し、笑いに包まれた。



さらに改めて鈴木のデートプランを聞かれると「普段食べに行かない寿司とか食べに行きますね。」と答え「クリスマスに寿司!?」と会場がざわつく場面もあった。

最後に、桐谷が「本当にキャスト・スタッフさん一同で一所懸命作った映画です。そして頑張る女の子の成長を描いた物語でもありますので、これを見終わったみなさんの背中を押せるような作品になったら良いなと思います。」と締めくくりイベントは幕を閉じた。




【STORY】
東大首席、ミスキャンパス1位の宝石美輝(桐谷美玲)は誰もが振り返る美女。しかし、極度の性格ブスで、自分だけがそのことに気づいていない残念な“イタイ女”。ある日、イケメンで素敵な斎藤裕雅(清原翔)と恋に落ち、自然と付き合うことに。政治家一家のサラブレットである彼はいつもスマートで、世界一の幸せ者だと思っていたのに……まさかの大失恋!? 失恋のリベンジを果たすべく、選挙に挑むことを決意! 選挙秘書として出会った門脇俊也(鈴木伸之)がとにかく嫌な男。はじめは嫌なヤツと思っていたのに……美輝は本当の恋に気づくことができるのか!?


映画『リベンジgirl』

監督:三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』)
主題歌:JY「Secret Crush 〜恋やめられない〜」(Sony Music records)
原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
出演者:桐谷美玲 鈴木伸之 清原翔 馬場ふみか /竹内愛紗/佐津川愛美/大和田伸也
脚本監修:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
脚本:おかざきさとこ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2017 「リベンジgirl」製作委員会

オフィシャルサイト
http://revengegirl-movie.jp/