横山だいすけ、乃木坂46・生田絵梨花との2ショット公開! 「生田さんと歌えて本当に良かった」

横山だいすけ、乃木坂46・生田絵梨花との2ショット公開! 「生田さんと歌えて本当に良かった」

歌手・俳優の横山だいすけが、12月7日、アメブロオフィシャルブログを更新。6日に生放送された年末恒例の音楽の祭典、フジテレビ系『2017 FNS歌謡祭 第1夜』で共演したアイドルグループ、乃木坂46の生田絵梨花との2ショットを公開し、同番組を振り返った。

「みんなーげんき!? だいすけお兄さんもげんき!!」

とおなじみの挨拶から始まった「夢は…叶う!?…叶う!!」と題されたアメブロは、

「遅くなりましたー、みんなにどうしてもお礼が言いたかったのに…」

と綴り、

「まずは昨日の『FNS歌謡祭』たくさんの応援、本当にーーーありがとうございました」

とファンに感謝。

今回、同番組に初出演した横山は、

「本当に本当に緊張しすぎて心臓止まるかと思いました!! なぜか!!? FNS歌謡祭で歌わせてもらうという光栄な気持ち、そして…実はディズニーの歌を歌いたいというのは、『おかあさんといっしょ』時代から、ずーっと夢だったんです!!」

と“夢”が叶い、興奮冷めやまない様子。

そして、自身の“夢”についても、

「お兄さんになったときの目標 ・紅白に出たい! ・ディズニーとコラボしたい! ・海外ロケしたい! これがずーっと夢でした」

と明かすと、今回、映画『アラジン』の主題歌「ホール・ニュー・ワールド」を生田とデュエットできたことで、

「おかあさんといっしょは卒業してしまったけど、ディズニーの歌を歌える。 子どもたちや応援してくれるみんなに、ディズニーの歌を届けられる!! 夢が叶った瞬間でした! 一緒に歌ってくれた生田絵梨花さん!!! 本当に本当に素敵な方でした!! 合わせからたくさん付き合ってくれたり、本番直前にもいっぱいお互いに励ましあえたり…。 そんなに一緒にいた時間は長くはなかったですけど、生田さんと歌えて本当に良かったです!! できることなら! またご一緒したいな」

と振り返り、生田との再共演を熱望した。

同番組の平均視聴率は13.6%を記録。瞬間最高は20時20分、横山と生田が「ホール・ニュー・ワールド」をデュエットしている場面と、21時56分、人気デュオ・ゆずが同局『めちゃ×2イケてるッ!』(土曜19時57分)のために書き下ろしたテーマ曲「タッタ」を三浦大知とコラボする場面で、16.9%の高視聴率をマークした。

また、

「あと!! 舞台裏では、おかあさんといっしょの大道具さん、迷作劇場の音響さん、『だい!だい!だいすけお兄さん!!』のスタッフさんが参加されていて、本番前に応援に来てくれたんです。 V6の井ノ原さんもいっぱい声をかけてくださり、山崎育三郎さんも応援してくました! FNS歌謡祭のスタッフさんもみんな優しかったし、みんなに支えてもらった一日でした!!」

と舞台裏の様子なども綴り、最後に、

「夢が叶ったのも、みんながずっと応援してくれるからです。 みんな本当にありがとうーーーーーー!!! 真夜中にごめんなさい… どうしてもどうしても言いたくて… 今日だけは勘弁してください」

と“夢”が叶ったことへの感謝の気持ちをファンに伝え締めくくっている。

ファンからも、

「何回聴いてもうっとりする~♪」 「とても素晴らしくて感動しました」 「『FNS歌謡祭』とっても素敵でした☆」 「最高だったよー」 「すごく、すごく素敵でしたよ」 「もっともっとほかのディズニーソングも聴きたかったなぁ…」 「もっとおふたりの歌を聴いていたかったです!!」 「生田さんとの歌、素敵でしたぁー!」 「いつかまたどこかで、だいすけお兄さんのディズニーの曲が聴けること楽しみにしてます」 「いろんなディズニーソング聴きたいです」 「ふたりの世界観が素敵で、ロマンチックで、いい夢を見させてもらえました!」 「いつかディズニーの曲でカバーアルバムを出してほしい!」 「だいすけさんのディズニー名曲集、いつか出たら絶対買います!!!」

などのコメントが相次いでいる。


ライブ情報

横山だいすけ Family Live 2018 in 大阪城ホール
2018年
04/14(土) 大阪・大阪城ホール
04/15(日) 大阪・大阪城ホール


横山だいすけオフィシャルブログ Powered by Ameba 記事タイトル「夢は…叶う!?…叶う!!」
https://ameblo.jp/daisuke-yokoyama/entry-12334599121.html

横山だいすけ OFFICIAL WEBSITE
https://yokoyamadaisuke.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC