玉木 宏、“今年の漢字”を発表! 映画『悪と仮面のルール』に新木優子、吉沢亮ら登壇

玉木 宏、“今年の漢字”を発表! 映画『悪と仮面のルール』に新木優子、吉沢亮ら登壇

2018年1月13日(土)に公開となる芥川賞作家・中村文則氏のウォール・ストリート・ジャーナル ベスト選出の同名小説を玉木 宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』のプレミア試写会が12月12日に新宿バルト9にて開催された。

本作は、少年時代から、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために父親に育てられた久喜文宏(玉木 宏)の運命を描くサスペンスドラマ。想いを寄せる養女の香織(新木優子)が自身への教育として父親に汚されようとしていることを知った文宏が、父親を殺害して心身を喪失し、徐々に父親に似ていってしまうというあらすじ。

試写会にはキャストの玉木 宏、新木優子、吉沢亮、監督の中村哲平、原作者の中村文則が登壇。今作で久喜文宏を演じるにあたり意識した点を聞かれた玉木は、「表面的には悪役と言われるような役なんですけど純粋な悪役ではないんです。この映画では“邪”というように表現されているんですけど、純粋な“邪”にはなりきれなかったり、香織という女性に出会って理性が目覚めてしまい、彼は人を殺めてしまったりと。そういう善悪との葛藤に揺れる男性の役でした。非常に特殊な作品ではあると思うんですけど、地に足ついた人間味あふれる主人公だったのかなと思います。彼の根底には香織を思う純粋な気持ちがあるので、考え方としてはシンプルに演じました。」と答えた。

また新木は、「玉木さんとの2人のシーンがほとんどでラストシーンも玉木さんと共演するんですけど、そのリハーサルで監督と玉木さんが話しているのを見て、この作品はとても素敵なものになるんだなと思いました。」と玉木の印象を語った。



そして原作者・中村文則の大ファンだという吉沢は、「中村先生のほとんどの作品を読んでいて本作も特に好きな作品なんですけど、今回出演が決まった時はとても嬉しい反面、世界観を壊すわけにはいかないなというプレッシャーを感じていました。」と話した。そして、玉木の印象を聞かれると、「現場ではほとんど話していなくて、意識的に距離を置かせていただきました。玉木さん演じる役と僕が演じる役は微妙な距離感があるので、現場でも近くならない方が良いのかなと思いそこを意識していました。その微妙な距離感が今回映像にも良い様に出ていたんじゃないかなと思っています。」と思いを語った。



それぞれの思いを受けて中村文則は、「素晴らしいスタッフや役者さんに出演いただいて素晴らしい作品になったと思います。原作も原作者もとても幸せだなと見終わった後に強く思いました。玉木さんは存在感がすごくて表情も素晴らしく、新木さんは全身からオーラ的な何か出ていますよね?」「吉沢さんは役柄によって表情を変えたりとアクセントをつけていました。今でもすごいんですけど、可能性の塊のようにこれからもっとすごい役者になるような気がします。」とそれぞれの役者の印象を語った。

そして吉沢に初めて会った時の印象については「すごい顔面だな、こんな顔面あるんだなと思った(笑)。玉木さんや新木さんにも思うんですけど、根本的に骨格が違うと思うんですよね。」と話し笑いを誘った。



「中村文則先生の原作を映像化するのには大きなプレッシャーがあったんですけど、素敵なキャストの方々に演じていただき素晴らしい作品になったのではないかなと思っています。3人とも撮影でNGがあまりなくスムーズに行ったのが大きいなと思っています。」と中村監督も撮影の思い出を語った。



またイベント当日が、京都の清水寺で今年の漢字“北”が発表されたことから、玉木にとっての“今年の漢字”を発表することに。玉木が発表した漢字は“繋”。「本作1年前に撮影を来年公開に辿り着けたっていうのもありますし、僕らの作った世界とお客様をつなぐものというのを感じこの“繋”という字にしました。」



それに対し新木は、「いろいろな作品に出させていただくにあたり、人と人との繋がりは大事だなと思います。」と語り、さらに吉沢は「こういう作品はお客様に見てもらってやっとこさ完成すると思っているので、観ていただく方との繋がりは本当に大切だなと思います。それこそ仕事で出会った人達との繋がりって今後も続いていくと思うし、その作品に関わっていない人もそれを見て繋がる人もいるし、そういう意味で一つ一つの作品や現場で出会う人ってとても大切だなというのはすごく感じます。」と続けた。

最後に玉木は、「善と悪というのは非常に曖昧なもので、心の中にある善悪は誰しもが持っているのだと思います。この映画を観終わった後には、どこまでが理性で抑えられるものなのかそうじゃないのか、命をかけてでも守りたい大切な人がいるかを想像させてくれる作品だと思います。」とイベントを締めくくった。





映画情報

『悪と仮面のルール』
2018年1月13日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー

出演:玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
企画制作:PlusD
配給・宣伝:ファントム・フィルム
2017年/カラー/5.1ch/138分

(C)中村文則/講談社
(C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

【STORY】
“悪”になるために創られた男。
彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して―。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

オフィシャルサイト
http://akutokamen.com/