ハリウッドにジャングル出現! 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』LAプレミアでドウェイン・ジョンソンら超熱狂

ハリウッドにジャングル出現! 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』LAプレミアでドウェイン・ジョンソンら超熱狂

2018年4月6日(金)に日本公開されるドウェイン・ジョンソン主演作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のLAプレミアが現地時間12月11日(月)に開催された。会場となったTCLチャイニーズシアター前のハリウッド大通りを占拠し、土色のカーペットが敷かれた会場は緑の樹木で覆われ、ハリウッドにまるで劇中のようなジャングルが出現した。

またゲームの世界に迷い込んで、怒濤のサバイバルが繰り広げられる本作の世界観を表すように、ヘリコプターや、遺跡を模したモニュメントが登場。会場内のモニターには、巨大なゾウ、獰猛なヘビ、大きな口を開けて飛び出してくるワニ等アニマル満載のド派手な映像が映し出された。



そんな中、キャストたちはなんと、ドウェイン・ジョンソンが自ら運転するサファリスタイルのジープに乗って、サプライズ登場。見た目はムキムキつるつるマッチョで勇敢な冒険家だが、中身はゲームオタクの男の子というギャップのあるキャラクターを演じた“ロック様”こと、ドウェイン・ジョンソンのカーペット参上に、怒涛のごとくフラッシュがたかれ、ファンからは悲鳴のような歓声が巻き起こった。



さらに『スクール・オブ・ロック』(04)、『ガリバー旅行記』(11)のコメディー俳優・ジャック・ブラック、『リベンジ・マッチ』(14)のケヴィン・ハート、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのネビュラ役女優カレン・ギラン、歌手としても活躍するニック・ジョナス、ジェイク・カスダン監督といった個性的なキャスト&スタッフが続々と登場すると、会場のボルテージは一気にヒートアップ。ファンからの大歓声に、キャストたちは笑顔で応え、写真撮影やサイン、ハイタッチやハグまで熱いファンサービスが丁寧に行われた。

ドウェイン・ジョンソンは「この映画が誰にとってもパーフェクトな映画である理由は、ロビン・ウィリアムズのジュマンジ・マジックなんだ。俺たちはそれを少しだけでも形にしていると思う。こんな素晴らしいキャストとともにね!」と、ロビン・ウィリアムズ主演で世界中で大ヒットしたオリジナル作品『ジュマンジ』へのリスペクトを表しつつ、本作への自信を見せた。

キャストたちは本プレミア中も、抜群のチームワークの良さを発揮。5人一緒にインタビューを受けている最中も、誰かがしゃべると、誰かがその後ろで変顔したりフォトボムしたりと、とにかく全力でふざけあっていた。さらには、ジャック・ブラックがなぜか突然歌い始めると、5人全員で「ジュ~マ~ンジ~♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪それは魂の中にあるジャングル♪」と楽しそうに、息ピッタリで歌い合いながらふざける一面も。まさに予測不能なゲームのような展開を見せたプレミアとなった。

映画情報

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
2018年4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』)
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス

【STORY】
学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人。“ジュマンジ”という名前のソフトが入った古いビデオゲーム機を偶然にも発見する。プレイするキャラクターを選択した途端、4人はそれぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまった! しかも、そこはジャングル! しかも、現実世界の自分とは性格も体格も性別までも違う自分にボディ・スイッチングしてしまう。このゲームを攻略しなければ、永遠にゲームの中に閉じ込められる。果たして彼らは、生きて現実世界に帰ることができるのか!?

オフィシャルサイト
http://www.jumanji.jp/

オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/JumanjiJP/

オフィシャルTwitter
https://twitter.com/JumanjiJP