ローソクの火はほとんどがCG!? 岡田准一 主演映画『関ヶ原』BD&DVDオーディオコメンタリー収録決定

ローソクの火はほとんどがCG!? 岡田准一 主演映画『関ヶ原』BD&DVDオーディオコメンタリー収録決定

2018年2月7日(水)にリリースされる、岡田准一、役所広司、有村架純といった豪華キャストが出演し映画化された超大作スペクタクル・アクション『関ヶ原』のBlu-ray&DVD 豪華版の特典として、原田眞人監督、岡田准一、平岳大、原田遊人(編集)によるオーディオコメンタリーの収録が決定した。

オーディオコメンタリーでは、映画が始まってしばらくすると「このシーン、実は撮影最後の日に撮ったんですよね」 と岡田が明かす。平は「えー!」と驚いていたが、原田監督が経緯を解説し、岡田が「生やしていたヒゲは、このシーンでは剃っている」ということも明かし、今だから話せる様々な撮影の裏側を語っている。

本作は、姫路城や東本願寺、下鴨神社、比叡山延暦寺など、撮影許可をとることが難しい城や寺での撮影を行っており、映像に重厚感をもたらしている。そのため火気厳禁の場所が多く、「ローソクの火はほとんどCG」と監督が言うとおり、本作の成功はCG技術の進化も大いに寄与していると、各シーンで折りに触れ語られている。城や寺だけでなく、映画冒頭の三条河原の処刑 場などの撮影が行われた愛知川(東近江市)などは「今後の時代劇でもまた登場すると思う。」と解説。また、衣装やメイクにもこだわっており、役所広司演じる徳川家康の特殊メイクは本人のアイデアが多く反映されていることや、岡田のヒゲは地毛であることも明かされている。

シーンごとに、原田監督がどこで撮影しているか、どのように撮影しているかを解説すると、映画にも出演し、編集のために撮影のほとんどに同行していた原田遊人がどのような工夫が行われているか、それを映像でどう仕上げているかを補足していく。岡田、平はそれに感心しながらも、役者としてどのように挑んでいるか、監督とどのように取り組んだかも付け足すなど、情報量の多い本作をじっくり見たい、もっと知りたいという要望に応えられるオーディオコメンタリーになっている。

このオーディオコメンタリーは2月7日(水)に発売となる『関ヶ原』ブルーレイ&DVD豪華版に収録される。豪華版にはこの他にも超大作である本作がいかにして作られたかを追うメイキング映像や公開前後に行われたキャスト登壇イベント映像、公開記念特番映像も収録。さらに封入される全20Pのブックレットは、本編を補足する合戦年表や布陣図を盛り込んだ読みごたえたっぷりな内容となっている。

映画情報

『関ヶ原』


CAST:岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大 / 役所広司、北村有起哉、伊藤歩、中嶋しゅう、音尾琢真、松角洋平、和田正人、キムラ緑子、滝藤賢一、大場泰正、中越典子、壇蜜、西岡德馬、松山ケンイチ

原作:司馬遼太郎「関ヶ原」(新潮文庫刊)
監督・脚本:原田眞人

【STORY】
「愛」と「野望」、激突! 日本の未来を決した、わずか 6 時間の戦い。誰もが知る「関ヶ原」の誰も知らない真実—–。関ヶ原の戦い――それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。 豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成と、天下取りの野望を抱く徳川家康。 三成と家康は、いかにして世紀の合戦に向かうのか? そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽との、密やかな“恋”の行方は・・・・・。 権謀渦巻く中、「愛」と「正義」を貫き通した“純粋すぎる武将”三成の戦いが今、幕を開ける!

映画『関ヶ原』オフィシャルサイト
http://wwwsp.sekigahara-movie.com/

リリース情報


『関ヶ原』Blu-ray 豪華版(特典 DVD 付2枚組)
¥6,800+税

『関ヶ原』DVD 豪華版(2枚組)
¥5,800+税

<Blu-ray&DVD 豪華版 共通>
・メイキング
・イベント映像集(完成披露、大ヒット祈願イベント、滋賀キャンペーン、初日舞台挨拶、大ヒット記念舞台挨拶) 
・インタビュー映像集(岡田准一、役所広司、有村架純、原田監督)
・鼎談映像(岡田准一、平岳大、東出昌大)
・公開記念特番
・WOWOW 用 4 分特番×4 本

<本編ディスク>※各 Blu-ray、DVD 本編ディスクに収録
【映像特典】
・予告編集(特報・予告・TV スポット)

【音声特典】
・本編オーディオ・コメンタリー
原田眞人監督、岡田准一、平岳大、原田遊人(編集)による裏話満載の必聴コメンタリー

<特典ディスク>
・特製アウターケース
・ブックレット
※仕様等は変更になる場合がございます。