「変化を実感する1年だった」と宣言!土屋太鳳、2nd写真集『初戀。』発売記念イベントで写真集に込めた想い語る。

「変化を実感する1年だった」と宣言!土屋太鳳、2nd写真集『初戀。』発売記念イベントで写真集に込めた想い語る。

ドラマ、映画で目覚ましい活躍をしている土屋太鳳が12月15日発売したセカンド写真集『初戀。』の発売を記念して、17日SHIBUYA TSUTAYAにてファンイベントが開催された。

写真集は、女優デビュー10周年を記念したメモリアル写真集。20歳の記念に出した写真集『DOCUMENT』(東京ニュース通信社)に続く、待望の写真集で、土屋自身のプロデュースにより彼女の感情のまま、激しく、そして美しい瞬間を切り取った斬新な1冊。2016年Siaの「アライブ」のミュージックビデオで世間を驚かせたダンスは土屋太鳳自身の表現者の一部で、その振付を担当した辻本知彦と再びタッグを組んで撮影を行っている。カメラマン・藤本和典×演出・辻本知彦×演者:土屋太鳳で完成した圧巻の写真集となっている。

でき上がっての感想を訊かれた土屋は「今回自分が、初仕事をして10年という記念の作品として残せたらいいなと思ってプレゼンさせていただきました。このような形となってうれしく思います。」と作品が満足する出来栄えになっていることがうかがえるコメントの一方、「自分の引き出しのなさをしっかり感じる、これからもっともっと豊かな女性、女優になりたいなと思える時間でした。」と、自分自身を見つめ直す充実した時間だったようだ。

土屋太鳳2nd写真集『初戀。』(東京ニュース通信社刊)

撮影は3日間、富士山裾野、横浜をはじめとする国内で行われ、8000枚に及ぶカットがあるとのこと。自分の気持ちを象徴したものは表紙のカットという。「すごく魅力的な方々が多い世界で、自分が何を残せていけるかを考えました。お仕事でダンスをさせていただいて、辻本先生と出会って、その刺激をいただくことで引き出されている表情が今の自分に必要なもので、発信していくものかなと思い、着物をきてダンスをするというのは芸能界の中で私だけかなと思い、この表紙にさせて頂きました。」とコメントした。通常、写真集の表紙は目線がある被写体のアップの写真が多い中で、和服で躍動感があり、全身で何かを伝えようとしている姿に圧倒される表紙になっている。

お気に入りの写真を紹介する土屋太鳳

大人の女性の表情も収録されているが、その表情については、「新しい自分を見つけていくというのと同時に、服や場所にあった表情や、日本的なものを表現したかったです。これからも女優を続けていけますようにと願って、土屋太鳳表情カタログみたいな面も含まれてます。」とアピールした。

『初戀。』というタイトルについては「日本語を使ったタイトルにしたいと思ってました。なかなか決まらなかった時に、映画『兄に愛されすぎて困ってます』という映画の公式ツイッターに“今日はハツコイの日”ってあったんです。その時ピンときて、いろいろな役の初恋を演じてきたなということ、女優というお仕事に対しても初恋してきたなと思ったので、『初戀。』にしようと決めて。旧字体にしたのは“言”に“糸”が絡まっているんです。大事なこととか言いたいけど、うまく言えないせつなさ、もどかしさみたいなものがあるなと思って。せつない言葉にも激しさがつまっているなと思って、このタイトルにしました。」とタイトルへ込めた想いを振り返った。

土屋太鳳2nd写真集『初戀。』(東京ニュース通信社刊)

年の瀬、2017年をふりかって「変化を実感する1年だったなと思います。変化自体は去年の方があったんですが、実感する時間がなかったので、しっかり今年は実感して…去年捲いた種が、ちょっとずつ芽が出てるなって実感できた年で、その芽を大切にしていきたい。」と来年に向けた抱負を語った。

来年は舞台『プルートゥ PLUTO』という初舞台に挑むことが決定している。「舞台はすごい憧れがありました。2,3時間の中で止まらずに集中して役をやりきるという、本番終えて、自分がどう変わっているのか、ドキドキしてます。」と現在稽古中、舞台への意気込みも相当なものだ。

「今の自分に表現できること、自分にしかできないことをこの中で表現しています。この写真集がみなさんの心の中に残ることを願っています。どうか受け取って下さい。」と最後にアピールした。
1枚1枚に魂を宿して撮った写真集を楽しんでほしいと共に、来年以降の土屋太鳳の大きな飛躍に期待しよう。

写真集

土屋太鳳
初戀。
2017年12月15日発売
価格:¥2,778+税
撮影:藤本和典
発売元:東京ニュース通信社

土屋太鳳

1995年2月3日東京都出身 水瓶座 O型
2005年開催の「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」にて審査員特別賞を受賞。2008年、映画『トウキョウソナタ』で映画デビュー。2015年に連続テレビ小説「まれ」(NHK総合)でヒロインに抜擢。2016年世界的アーティスト、Sia「アライブ」のミュージックビデオでダンスの才能を広く周知させた。2017年、劇場アニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」でヒロインの声の吹き替えとともに主題歌の作詞&歌も担当。映画「8年越しの花嫁」公開。2018年には、初舞台「プルートゥ PLUTO」で海外公演も経験する予定。また、映画「となりの怪物くん」、「累-かさね-」が公開予定。女優としてドラマ、映画、CMなど幅広く活躍。
公式インスタグラム:
https://www.instagram.com/taotsuchiya_official/