菅田将暉、新テレビCM撮影終了後のインタビューで2017年を振り返る。「“戦った年”でしたね」

菅田将暉、新テレビCM撮影終了後のインタビューで2017年を振り返る。「“戦った年”でしたね」

「ファンタ宣伝部長」菅田将暉がふたつの能力を宿した“ダブルマサキ”に変身し、「Wジャンプ」でテレポーテーションするという新TVCM『ファンタ ゴールデンアップル &パワー ダブルマサキ』編が完成。1月9日(火)から全国で放映開始される。

このテレビCMは、1月8日(月)から期間限定で全国発売される「ファンタ ゴールデンアップル &パワー」の“ダブル”の成分にちなみ、トランポリンを使ったジャンプでダブルのおいしさを体全体で表現したもの。右半身は頭が冴える知的な黄色の“ビタミンマサキ”、 左半身は情熱的で力強い赤色の“パワフルマサキ”を演じている。

また、ダブルマサキは、 「ファンタ ゴールデンアップル &パワー」のダブルのおいしさを伝えるため、 体をWの字に表現した「Wジャンプ」を披露すると、 たくさんのティーンが集まる場所へテレポーテーション!  ティーンたちは突然現れたダブルマサキ(菅田将暉)に大騒ぎし、 歓声を浴びる“ダブルマサキ”もオイシすぎる展開に満更でもない表情を浮かべている。

なお、撮影を終えた菅田将暉へのインタビューも公開された。


「戦った年」だった2017年。 2018年のテーマは「見聞」

──今回の撮影の感想をお願いします。

菅田将暉 「ファンタ ゴールデンアップル &パワー」のダブルの成分を表現した2色の衣装やトランポリンを使った撮影など、 今回も今までとよい意味で変わらない、活気に溢れた楽しいファンタらしい撮影でしたね。

──製品の特長を表現した「Wジャンプ」はCMの見どころです。久々にトランポリンを使った撮影はいかがでしたか?

菅田 前回、前々回の「ファンタ」の撮影でも使ったのですが、トランポリンって結構難しいんですよね。でも今回はこれまでの経験もあって少しうまくなったので、すぐに慣れることができました。 昨年の夏にトランポリンを使って、体をファンタのFに表現した『Fジャンプ』の時と比べると簡単でしたね(笑)。

──右半身は頭が冴える知的な黄色の“ビタミンマサキ”、 左半身は情熱的で力強い赤色の“パワフルマサキ”とひとりにふたつの能力を持つキャラクターになってみていかがでしたか?

菅田 キャラクター的に両方ポジティブなキャラクターでもありますし、 インパクトのある見た目にも助けられて撮影を進めることができました。自分自身に近いのは、どちらかと言えば“パワフルマサキ”だと思います。体はタフなほうなので。

──CM同様に、ふたつの能力を持つ人になれるならばどのような人になりたいですか?

菅田 やはり、男性と女性のふたつの感性を持った人じゃないですかね。ファッションであったり料理であったり、どの業界もそのふたつの感性がある人がトップにいると思うので、男性と女性のふたつの感性を持った人になりたいなと思います。

──2017年を振り返るとどんな年でしたか?

菅田 まず、いろんなことをさせていただいたなというのがいちばんにあって、新しい試みもたくさんあった年でした。歌うこともそうですし、ラジオや舞台に加えて、今年は映画も主演作が重なりました……“戦った年”でしたね。主役が多かったという意味ではより気が引き締まる緊張感のある一年でした。

──2018年のテーマ・抱負を教えてください

菅田 “見聞”です。2017年までは比較的プレイヤーとしてお仕事をすることが多かったのですが、2018年は映画や舞台を観たり、音楽を聴いたり、新しいものを自分の目で見て、自分の耳で聴いて、という“見聞”の機会を増やして、勉強しないといけないと思っています。2017年は、自分の作品ですら、すぐには観ることができなかったのですが、今年は自分の作品も観ながら、人の作品を見る機会も増やしたいと思っています。


製品概要

ファンタ ゴールデンアップル &パワー 
1/8(月)~なくなり次第販売終了


リリース情報

2018.2.21 ON SALE SINGLE「さよならエレジー」


ファンタ オフィシャルサイト
 https://www.fanta.jp/

菅田将暉 オフィシャルサイト
http://www.topcoat.co.jp/artist/suda-masaki/ http://sudamasaki-music.com


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC