新木優子「ワンシーンワンシーンがすごく魅力的な映画」玉木宏主演映画『悪と仮面のルール』特別映像解禁

新木優子「ワンシーンワンシーンがすごく魅力的な映画」玉木宏主演映画『悪と仮面のルール』特別映像解禁

2018年1月13日(土)に公開となる玉木宏主演映画『悪と仮面のルール』より、本編映像と、メイキング映像、さらに主演の玉木宏やヒロインの新木優子、吉沢亮ら豪華キャストが中村監督との撮影について語る特別映像が公開された。

本作は、少年時代から、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために父親に育てられた久喜文宏(玉木)の運命を描くサスペンスドラマ。想いを寄せる養女の香織(新木)が自身への教育として父親に汚されようとしていることを知った文宏が、父親を殺害して心身を喪失し、徐々に父親に似ていってしまうというあらすじ。

公開となった特別映像では、登場人物の感情を丁寧に表現することを優先する演出をした中村監督に対して、主演の玉木宏が「気持ちの流れを重視してくれる」「背中を押してくれているような気持ちになれた」と語っている。

新木優子と吉沢亮は、監督がロケ地や小道具にも徹底的にこだわり本作を作り上げていることに対して、「映像の綺麗さ、ワンシーンワンシーンがすごく魅力的な映画。」(新木)、「画のかっこよさに現場の時から感動してて、すごいかっこいいお洒落な画がいっぱいあって。それだけで観る価値がある。」(吉沢)と語っている。

【STORY】
“悪”になるために創られた男。彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して―。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

映画情報

『悪と仮面のルール』
2018年1月13日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー


出演:玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
企画制作:PlusD
配給・宣伝:ファントム・フィルム
2017年/カラー/5.1ch/138分

(C)中村文則/講談社
(C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

オフィシャルサイト
http://akutokamen.com/