松岡茉優、初主演映画に“親友”伊藤沙莉&橋本愛から感想メール。「すごく励みになりました」

松岡茉優、初主演映画に“親友”伊藤沙莉&橋本愛から感想メール。「すごく励みになりました」

松岡茉優主演映画『勝手にふるえてろ』大ヒット御礼イベントが1月11日にヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、松岡茉優、渡辺大知、大九明子監督が登壇した。

本作は、作家・綿矢りさによる同名小説を実写化したもの。恋愛に臆病で片思い経験しかない24歳のOLヨシカ(松岡茉優)が、10年間片思い中の中学の同級生“イチ”(北村匠海)と、「付き合ってほしい」と突然告白をしてきた暑苦しい会社の同期“二”(渡辺大知)との、“脳内片思い”と“リアル恋愛”の間で揺れる姿を描いた作品で、「共感度100%」と話題となっている。

28館から現在37館へ上映館を拡大し公開中の本作ついて、松岡の元には橋本愛や伊藤沙莉ら親友からの感想が届いているといい「私、忘れていたんですけど撮影中に橋本に甘えて泣きついていて。その時に『キツイけど、この作品で誰かを救えるかもしれないから頑張る』って言ったらしいんですよ。橋本から『スクリーンで見て茉優の言ってた意味、私もわかったよ』とメールをくれたのでとても嬉しかった。この作品が誰かを救ったり、明日を生きる励みになってくれたのかな」と感慨深げに話し、続けて「伊藤沙莉と橋本愛という、私を10代から知っている同世代の尊敬する女優2人からメールをもらったことは、すごく励みになりました」と語った。

渡辺はお正月に地元の神戸の映画館で客席から映画と観たそうで「映画を観終わった後、前を歩いていたカップルが(自分について)『なかなかいい味だしてたな。』と言ってるのを聞いて、思わずありがとうございますって思っていましたね。」と照れながらコメント。続けて大九監督も「新宿で前の女の子たちが、『(ヨシカの)あの病み方やばいよね!』っていう話をしていて、生活の中に溶け込んでいるんだって。街中でそういう感想を聞くっていうのは初めての経験でした。」と自身の作品の広がりを感じた瞬間を語った。

また、イタリアで4月末に開催される「ウーディネ・ファーイースト映画祭」のコンペ部門、ドイツで5月に開催される世界最大の日本映画祭「ニッポンコネクション」、米ニューヨークで7月に開催される日本映画の映画祭「JAPAN CUTS」に選出されたことが発表。「ピンときませんね……」と驚いていた松岡の心配事が「”空耳アワー“ってわかる?」という映画内の小ネタだったことに場内から笑い声が。それに対して大九監督は「小ネタが伝わるかどうかはさておき。ヨシカはなんでこんなに怒っているんですかっていう質問が東京国際映画祭でも出ていましたよ。」と言葉の壁を超えて伝わる映画の力を述べた。さらに大九監督からの「映画は時間も超えるんですよ。10年後にも初主演映画としても見られていくんですよ。」と松岡を鼓舞するコメントに対して、「映画って、海を越えるし、言葉の壁も超える。私がヨシカとして生きた時間を理解してくれるんだ」と笑顔で語った。

大学入試センター試験が今週末にあるということで、受験生へエールを求められた登壇者たち。松岡は「高校卒業してから大学にはいかなかったけど、この仕事に向き合いたかったので。父親に話したとき4年間で芽が出なかったら大学にはいってくれって言われました。でも私は行く気はなかった。やっぱり自分の悔いが残らない毎日にしてほしい。自分さえ悔いがなければいいと思いますので、周りには“勝手に言わせておけ”って感じで、自分の信じた道を進んでほしいなと。」とエール。続けて渡辺は「自分の周りでは自分の意思とそぐわない決断をしている人がいたので、自分の選択に覚悟とか決意をもってほしい。頑張ってください。いや、一緒に頑張りましょう!!」と熱いエールを送った。

最後に、1月11日が鏡開きの日ということで、大ヒットと海外映画祭出品を祝って、3名は大きな酒樽で鏡開きを実施。松岡が「この映画がこれからももっともっとみなさんの心の支えになればと思います。そして、いつか皆さんがこの作品を劇場で見たことを自慢できるような女優になっていきたいと思います!」とこれからのさらなる飛躍を宣言して、イベントは終了した。

【STORY】 
“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!? 2人の彼氏(?)の間で揺れながら、 傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ! 24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中! そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知) が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、 ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。 ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って 前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、 同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

作品情報

『勝手にふるえてろ』
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー中
原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊 
監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//) 古舘寛治 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム
(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
※「古舘寛治」の「舘」は、「舎+官」が正式表記。

映画『勝手にふるえてろ』オフィシャルサイト
http://furuetero-movie.com/

勝手にふるえてろ』原作