本日放送開始!西野七瀬が演じる“アイ”がとにかくかわいい『電影少女 –VIDEO GIRL AI 2018-』記者会見の全貌!

本日放送開始!西野七瀬が演じる“アイ”がとにかくかわいい『電影少女 –VIDEO GIRL AI 2018-』記者会見の全貌!

テレビ東京系で、1月13日(土)深夜0時20分から土曜ドラマ24『電影少女 –VIDEO GIRL AI 2018-』が放送開始される。
原作は1989年から『週刊少年ジャンプ』で連載されていた桂正和の代表作『電影少女』。
ドラマは時代設定を現代に移し替え、25年後の世界を描いている。
“ビデオガール・アイ”を演じるのは、ドラマ初主演の西野七瀬(乃木坂46)。髪を20cmも切り落とし、気合十分でアイ役に挑戦している。そしてもう一人の主演は若手実力派俳優の野村周平。原作漫画の主人公・弄内洋太の甥の高校生・弄内翔を演じるというW主演ドラマになっている。
電影少女を現代に蘇らせる上で欠かすことの出来ないフレッシュな役者陣には、飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋。さらに、原作漫画で登場した“清水浩司”役を村上淳、原作漫画の主人公“弄内洋太”役を戸次重幸が出演と豪華キャストが揃った。
監督は、Perfumeなどのミュージックビデオの監督、最近ではドラマも手掛け、映像には定評のある関和亮、脚本には喜安浩平、そして主題歌・劇中音楽を担当するのはtofubeats と、各ジャンルのトップクリエイターが集結した。

いよいよ第1話が放送されるに合わせ、劇中の衣装で、西野七瀬、野村周平、飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋による記者会見が行われた。

西野七瀬(乃木坂46)

主人公・天野アイについて訊かれた西野は「全部に一生懸命で、90年代のまま、2018年に出てきちゃって、時代が変わっていることへも興味深々で、少年っぽいところがある子だと思いました。」とキャラクターを説明。髪をバッサリ切ったことについては、「(これだけ短いのは)人生の中でなかったので。初めてバッサリ切って、自分でも意外にしっくりきてたので、切ってよかったなと思いました。」と当時の心境を話してくれた。

演じた役柄と共通している部分と違う部分について訊かれた西野は、「違う部分しかなかったと思うくらい、本当の自分とアイちゃんは全然違いました。声の大きさから、ハキハキしてるし、元気だし、普段私はそういう感じじゃないよね…」と周りをうかがうと、飯豊は「“コバンザメー!”っていうアイちゃんが可愛かった」と1話の見どころを紹介してくれたので、オンエアでチェックしてほしい。

西野は「何回も本読みする時間を取ってもらって。みんなもアイちゃんってどういうふうに創っていったらいいんだろうっていうことで、みんなで創っていきました。」とチームワークでアイを追求していった撮影された。その撮影期間には、乃木坂46の現場でもその影響があったようだ。「アイちゃんっぽい感じが残っちゃって、若干しゃべり方が男の子っぽくなってた時がありました」とメンバーも気づいていたのだろうかというエピソードを披露。
西野と一番共演シーンが多い野村に、西野が演じて変わったことを訊いてみると「最初めちゃめちゃ暗い子入ってきたな…アイちゃんと正反対の子が入ってきたので、監督やプロデューサーに話かけていいんですかって聞いたくらいです。それが今じゃこれだけ話せるようになったんで…」とのコメントを受けて西野は「人見知りはするので…知らない人が目の前にいると、まず壁を作るので…それからこの人どういう人なのかなって見ながら、ちょっとずつ距離を縮めていきます。」と人との接点に慎重な面を紹介してくれた。

野村周平

役と似ているところ、似ていないところ野村は「一生懸命作ってくれたものは残さず食べるような男らしいところは似ていると思います。」とコメント。
飯豊は「演じている奈々美ちゃんが小説家を目指しているんですけど、私もプライベートで本を読むのが好きで、将来は本とか絵本を出すことが夢なので、そこは台本読んで一緒だなと思いました。違うところは、劇中友達との会話をLINEでやってるんですけど、私はメールとかよりも直接伝える派なので、奈々美ちゃんとはちょっと違うなと思いました。」と役とのギャップを説明してくれた。

飯豊まりえ

清水は「演じた智章は、一つのことに対する意欲だったり、成し遂げようとする気持ちがすごく強いんですけど、自分はすごくめんどくさがりなところがあって。もういいかなってなげだしちゃうところがあって、そこは違っていました。智章を見ていて人としてしっかりした人間だなって感じました。」と紹介してくれた。

清水尋也

大友は「先輩のために一生懸命になれる女の子なんですが、私もこれいいなと思ったものに夢中になるのでそこは似てるかなと思いました。違う部分は…リカちゃんすっごくお料理が上手なんです!だから私もあんな上手にお料理ができるようになりたいなと思って演じてました。」。注目してほしいポイントを訊かれると「私は4話からなので、先の出番になるんですけど、一人学校がちがって後輩なので、アイちゃんともななみちゃんとも別のタイプの女の子なので、どの子がタイプかなと思って観てもらうのも面白いかなって思います。」とドラマの楽しみ方を提案してくれた。

大友花恋

ここからは、5人のやり取りからドラマの撮影がとても良い雰囲気で行われていたと思われる会見の一部をお届けします。

―現場の雰囲気が良かったと聞いてますが、撮影中のエピソードを教えて下さい。

西野:周平君が他の方の私服を着ていたりしてて…どういう気持ちできているかわかんないんですけど(笑)、急に着て座ってたりしてて。村上淳さんの私服を着て出てきたことあったんですよ。その場でみんな笑ってて、終わった後に、その私服をもらってて。あげるって言われてて…
飯豊:怒られるんじゃないんだもんね。
西野:周りはひやひやしてて、「勝手に着ていいの!」って。
野村:かっこいいあげ方だったよね。
飯豊:どんな感じだったの?
野村:淳さんの着て、現場行こうと思って、“いやいやいや、わっー、面白いね~”って盛り上げて控室戻ったら、「着て帰っていいよ」って。そういうつもりでは、欲しいというつもりではなかったんですが。
清水:周平君の服、試しに着ていいって着た時、そんなこと言ってくれなかったよね。
野村:いや、あげただろう!何枚か。
清水:はい、実は。
野村:(村上へ西野に)これ上げてくださいよっていったら、もっといいものあげたいなって言ってて。
西野:えーーーーー。くれなかった。
野村:あげろよ~

―皆さん平成産まれですよね?同世代というのがやっぱり現場の雰囲気良くなるポイントでしょうか?

野村:同世代??近いのここだけ(西野を指す)だよね。花恋も10代でしょ、(飯豊)この前20歳になったばかりだし。あいつ(清水)も…
清水:花恋と同じ歳かな。
大友:一緒です。
清水:周平君と僕6つくらい離れてるんです。
野村:同世代じゃないですよね(笑)

―仲の良さを拝見していると、年の差忘れますね。

大友:確かに、同世代ではなかったですけど、周平さんやなーさん(西野)が沢山話しかけてくださったんで。最初は緊張していたんですけど、その年齢を埋めて下さったと思います。

―あったかい現場だったんですね。

野村:そう…ですね。
清水:なんて言ったって、野村周平さんがいい人なんですよ。
野村:言え言え。一言ずつ俺のいいとこ言っていこうよ。俺のクランクアップの日にみんな来なかったんだしさ(笑)。俺、みんなのクランクアップの日に立ち合ったのに、みんな俺のクランクアップの日に来なかったじゃん!
清水:…(沈黙)

-出てこないですね…

清水:次の質問言ってもらっていいですかね。

―お時間がそろそろ…(笑)もしあれば…飯豊さん…

飯豊:…えっと、あっ、ありました。翔君(野村)とデートシーンがあったんですけど、その時にお昼休憩があったんでけど、現場近くの刀削麺屋さんにマネージャーさんも一緒に食べにいって、ご馳走して頂きました!
野村:金ですね。金です!(笑)結局おごってもらった、それしかない!
飯豊:それが美味しかったので、あとで4人で食べました。
清水:その時もご馳走してくださいました。
野村:口が開けば、おごってくれた!先輩をなんだと思ってるんだ。
飯豊:ちょっとパッと思いついて、ここでしか言えないなって思って言わせて頂きました。
野村:ごめんごめん、ありがとう。

―記事になるといいですね。

会場:(笑)
野村:書いてほしいなぁ。

西野自身も完成している3話までを観て、ドラマのアイちゃんが可愛いと思えたようだ。西野から自分自身へのおごりではなく、ドラマとしていい作品ができたという充実感を感じた。
この作品のプロデューサーは「原作にある胸アツな感じをどう現代で伝えていくか。ノスタルジーによらない今の世代の青春、恋愛モノにしたいという想いがあった。それを叶えてくれたのが登壇した俳優陣。」と太鼓判を押すように、当時の感覚を残しながら、新しい電影少女になっている。この会見に存在した5人の絆は、原作にも共通して感じる想いがドラマに存在しているに違いない。
そして、原作ファン感涙となるに違いないこともあるとのこと。原作へのリスペクトは、進んでいくドラマの中でいろいろ発見できるという要素もあるようだ。

原作の続編、2018年リブート版『電影少女』は本日1月13日より放送開始!

その他の写真

取材・文・撮影/エンタメステーション編集部

土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』

放送局:テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
放送:2018年1月13日(土)深夜0時20分スタート
毎週土曜深夜0時20分
原作:桂正和『電影少女』<集英社文庫(コミック版)>
出演:西野七瀬(乃木坂46) 野村周平
飯豊まりえ 清水尋也 大友花恋 ・ 村上淳 戸次重幸
主題歌:tofubeats「ふめつのこころ」(unBORDE)※2/16より配信開始
脚本:喜安浩平 山田能龍 真壁幸紀 室岡ヨシミコ
監督:関和亮 真壁幸紀 桑島憲司
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京) 倉地雄大(テレビ東京) 巣立恭平
制作:テレビ東京 ROBOT
オフィシャルサイト:
http://www.tv-tokyo.co.jp/videogirl2018/
©『電影少女 2018』製作委員会


原作コミック

電影少女 1
桂正和(著者) 
週刊少年ジャンプ

高校生の弄内洋太は、自分が好きな相手が、自分の親友を 好きなことを知り傷ついてしまう。そんなとき、不思議なレンタルビデオショップ「GOKURAKU」が目の前に…!
そこで借りたビデオを再生するといきなり、美少女が画面から飛び出してきて…!
『週刊少年ジャンプ』1989年51号より連載開始(あい編)、爆 発的人気を誇る桂正和の代表作のひとつ。

©桂正和/集英社