ゆりやんレトリィバァ、宇宙人・バブル役に!映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』日本語吹き替え発表

ゆりやんレトリィバァ、宇宙人・バブル役に!映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』日本語吹き替え発表

2018年3月に公開されるリュック・ベッソン監督の最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』。本作に登場するリアーナが演じる宇宙人・バブル役の日本語吹替え版の声優に、ゆりやんレトリィバァが決定した。

主人公を演じるデイン・デハーンと、ヒロインのカーラ・デルヴィーニュに加え、ポップス界の世界的スーパースターのリアーナが銀河系SFエンターテインメントに挑んだ本作。最新鋭のVFX技術を駆使して、28世紀の宇宙を舞台に銀河をパトロールする美男美女のコンビが全宇宙の存亡を揺るがす陰謀に立ち向かうさまを描く。

リアーナが演じる宇宙人・バブルは、宇宙ステーション・アルファの中にある歓楽街“天国横丁”で、音楽に合わせて様々な姿に変化するダンサーとしてヴァレリアンを魅了する。その能力を活かして、ヴァレリアンとローレリーヌに託された銀河を救う極秘ミッション遂行に一役買うという重要な存在だ。

今回、吹替え初挑戦となるゆりやんレトリィバァは、オファーを受けたときについて「めちゃくちゃ嬉しかったです。子どもの頃からの夢でした!」と大興奮。アフレコの前に、リアーナに近づくために体重を2キロ落として準備したという。初のハリウッド作品出演とあって、これまでは「ネタの中だけでもハリウッド女優さんになりきっていました。もしオファーを頂いたら、全て投げ打って、ハリウッドに引っ越します!」といい、3月にリュック・ベッソン監督の来日が決定したことを受け「化け物でも豚でもなんでも頑張るので絶対出させてください!」と猛アピール。

バブルと自身の共通点については、「見た目です! …調子のっちゃって!」といいつつ、「色んな姿になりきるバブルは、コントで色んな役をやるピン芸人の自分と少し通じるところがある」と明かし、本作の見どころとして「バブルがヴァレリアンたちとの出会いを通じてみせる可愛いらしい一面を楽しんでいただきたいです。観終わった頃には、みなさんの心にバブルがいると思います! 是非、私のことは忘れてご覧ください」とアピールしていた。

ほかにも、広大な銀河を守る任務を帯びた超有能なエージェントながら生粋のチャラ男でもあるヴァレリアン(デイン・デハーン)には、アニメ『バクマン。』(高木秋人役)や映画『ハリー・ポッター』シリーズ(セドリック・ディゴリー役)などを演じる声優・日野聡が決定。ヴァレリアンのパートナーであるローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)には、アニメ『ルパン三世』(峰不二子(3代目)役)や映画『スーサイドスクワッド』など多数のヒロインを演じてきた沢城みゆきが決定したほか、クライヴ・オーウェン演じるフィリット司令官役には大塚明夫、イーサン・ホークが演じた客引きのジョリー役に咲野俊介、オクト=バー将軍役に関俊彦、クリス・ウー演じるネザ軍曹役に石川界人、パール人・リマイ役に斎賀みつき、ジョン・グッドマンが演じるアイゴン・サイラス役に楠見尚己、ハービー・ハンコック演じる国防大臣役には富田耕生等、大物声優陣が脇を固めている。

なお本作は、宇宙を駆け飛び回る「体感型」の映画である事から、IMAX 3Dでも上映を実施。加えて3D、4DX 、MX4Dでも上映される。

ゆりやんレトリィバァ(バブル役):コメント
オファーが来たときの感想を教えてください。
めちゃくちゃ嬉しかったです。洋画の吹き替えは、子どもの頃からの夢でした! 大好きなリアーナの声をさせて頂く上に、あのリュック・ベッソン監督の作品とは!本当におそれいっています。私で大丈夫なのか、本当おそれいっています。これは一生分の嬉しい事を使い果たしたと思いました。本当にありがとうございます! おおきにです。おおきにと申します。名前??

アフレコのために準備していることは?
リアーナに近づくために体重を2キロ落としました!

もし今後ハリウッド作品のオファーが来たらどうしますか?
私の最終的な目標がハリウッドの作品に出ることなんです!! 憧れすぎて、アカデミー賞の授賞式や、映画にありそうなシーンなどをネタにして、なんとかネタの中だけでもハリウッド女優さんになりきっていました。インスタグラムでも、「#hollywood」をつけて、ハリウッド関係者の方にひっかかれー!と行動を起こしていたところなんです!

もしオファーを頂いたら、最近引っ越して家具も揃えたばかりなのですが、全て投げ打って、ハリウッドに引っ越します! 化け物でも豚でもなんでも頑張るので絶対出させてください! 本当はヒロインがやりたいです。

ご自身が演じるバブルというキャラクターについて
バブルの印象は、クールに見えて実は、繊細でかわいい女の子って感じです! バブルと私が似ているところは、見た目です!・・・調子のっちゃって! でも、色んな姿になりきるバブルは、コントで色んな役をやるピン芸人の自分と少し通じるところがあるのでは、、っと勝手に思ったりしていました。

本作の見どころを教えてください。
夢を見ているみたいに映像がキレイで迫力があって、ハラハラするし、爽快感があります! 見どころはヴァレリアンとローレリーヌの恋です! とにかくええなぁって感じです。。男性が女性を守るだけではなく、女性が男性を助けたり、支え合い方がまさに宇宙レベル! とにかく素敵でカッコイイ!(こんなに頼れる人と付き合いたいし、頼れる彼女になりたい)おすすめのシーンは、とらえられたローレリーヌが給仕の仕事をするところです! 他の危機的な状況とまた雰囲気が違ってずっと笑っていました!

ご自身の役でどういうところを見てほしいですか?
バブルのダンスが凄くかっこいいです。最初は孤独で心を開いていないかのようなダンサーのバブルがヴァレリアンたちとの出会いを通じてみせる彼女の可愛いらしい一面を楽しんでいただきたいです。全編に渡って出るわけではないですが、観終わった頃には、みなさんの心にバブルがいると思います! 是非、私のことは忘れてご覧ください。

日野聡(ヴァレリアン役):コメント
吹き替えとして注目してほしいのは、やはりヴァレリアンとローレリーヌの掛け合いですね。絶妙のテンポ感で織り成す二人のやり取りを、吹き替えでも再現しておりますので、そちらを是非楽しんで頂けたら嬉しいです。他にも個性豊かな登場人物も沢山いますので、そちらも注目ポイントですね!

物語はもちろんですが、やはり何と言っても映像の美しさ! と素敵な音楽! リュック・ベッソン監督が手掛けているだけあって本当に色使いが芸術的で、この世界観全てが素晴らしいんです! 是非、劇場の大きなスクリーンでこの映像と音楽、そしてヴァレリアンの世界を楽しんで頂きたいです。

沢城みゆき(ローレリーヌ役):コメント
カーラ・デルヴィーニュ演じるヒロイン、ローレリーヌがクールに颯爽と活躍します。そんな彼女の芯には、熱い情熱と深い愛情があることに、吹替えでも遜色なく伝えられるように取り組みました。次から次に目を奪われる、見たことのないエキサイティングな世界が展開されていきます。そこが魅力的なのですが、加えて今回キーとなる、可愛い宇宙生物も登場します。その子たちの表情の一喜一憂が可愛くって、個人的には和んでしまいました。

【STORY】
西暦2740年。宇宙を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。二人が向かったのは、長い年月を経て拡張を続け、あらゆる生命が共存する宇宙ステーション・アルファ、別名“千の惑星の都市”。しかし、その深部には謎の放射線反応が見られ、3,000を超える種族が死滅の危機にあったのだ。「10時間以内にその原因を究明せよ」という極秘ミッションを託された2人の前に突如現れたのは、30年前に消滅したはずの惑星の住人たち。彼らの思惑とは一体…? 果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”の危機を救うことができるのか―!?

映画情報

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』
2018年3月30日(金)全国ロードショー


監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画)
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分|配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

<日本語吹替え版声優(一部)>
ヴァレリアン(デイン・デハーン):日野聡
ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ):沢城みゆき
フィリット司令官(クライヴ・オーウェン):大塚明夫
バブル(リアーナ):ゆりやんレトリィバァ
ジョリー(イーサン・ホーク):咲野俊介
オクト=バー将軍(サム・スプルエル):関俊彦
ネザ軍曹(クリス・ウー):石川界人
アイゴン・サイラス(ジョン・グッドマン):楠見尚己
国防大臣(ハービー・ハンコック):富田耕生
パール人・リマイ(エイメリン・バラデ):斎賀みつき 他

オフィシャルサイト
http://www.valerian.jp/