エレクトロ・ロックバンド THE SIXTH LIE、TVアニメ『ゴールデンカムイ』EDテーマを担当!

エレクトロ・ロックバンド THE SIXTH LIE、TVアニメ『ゴールデンカムイ』EDテーマを担当!

“マンガ大賞 2016”受賞、累計発行部数375万部を突破している「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の大人気漫画「ゴールデンカムイ」。 2018年4月からTOKYO MX、読売テレビ、札幌テレビ、BS11にて放送開始する同作のTVアニメのEDテーマに、人気上昇中の新人バンド「THE SIXTH LIE (ザ シクスライ)」が大抜擢された。

THE SIXTH LIEはArata(vo)、Reiji(gt)、Ray(dr)からなるエレクトロ・ロックバンド。最先端の洋楽からインスパイアされた、EDMのエッセンスを大胆に取り入れたハイブリッドな音楽性と、近未来を想起させる独自の世界観を特徴としており、これまでに2枚のアルバムと配信限定のシングルをリリースしている。2015年5月に結成後、2016年にKNOTFEST JAPANのOPアクトに大抜擢、2017年はhoobastankやOLDCODEXらが出演した“ONE THOUSAND MILES TOUR”のOPアクトを担当、6月から行われ、イギリス、フランス、ドイツ、カナダを渡ったバンド初のワールドツアーでは計2,500人を動員、会場販売のCDをソールドアウトさせた要注目の実力派バンドだ。

「メンバー全員で原作を読み込んで制作に臨みました。」とメンバーが語るように、「ゴールデンカムイ」の世界観を意識して仕上がった楽曲もTVアニメの放送開始でオンエアされるが、その期待は高まるばかりだ。

2月3日には渋谷 REX にてワンマンライブを開催、3月7日には3枚目のNEW アルバム『SINGularity』の発売を日本盤・海外盤(英語盤)の2形態で予定している。

新進気鋭のエレクトロ・ロックバンドの飛躍を見逃すな!

<ゴールデンカムイとは?>
「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の、野田サトルによる大ヒット漫画。既刊のコミックス1-12巻で累計375万部を突破し、マンガ大賞 2016 に輝いた実績も持つ、いまもっともアツい漫画である。TVアニメ化にあたっては、新進気鋭のアニメーションスタジオであるジェノスタジオのもとに、難波日登志監督をはじめとする実力派スタッフが集結。埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを軸に、狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が炸裂する極上のエンターテイメントが、2018年4月、いよいよアニメーションとなって動き出す!


●リリース情報
3rd Album 『SINGularity』
2018年3月7日発売

●作品情報
TVアニメ『ゴールデンカムイ』
2018年4月より放送開始ッ!! 

<あらすじ>
明治時代後期。「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手にいれるべく北海道にいた。そこにアイヌから奪われた莫大な埋蔵金という、一攫千金のチャンスが舞い込む。埋蔵金は網走監獄に収監中の男によって隠匿され、24人の脱獄囚の身体に刻まれた刺青がその在り処を示す手がかりだという。そんな折、ヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。名をアシリパというその少女は、埋蔵金を奪った男に父親を殺されていた。さらに杉元の動きに呼応するように、かねてより埋蔵金を狙って暗躍していた北の最強部隊・第七師団や刺青を背負う脱獄囚たちの動きも顕在化。果たして、雄大な北の大地を舞台に巻き起こった一攫千金サバイバルの行方は……!?

<受賞歴>
「マンガ大賞 2016」大賞受賞
宝島社「このマンガがすごい!2016」オトコ編第2位
「全国書店員が選んだおすすめコミック 2016」第7位

(C)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

関連リンク

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by リスアニ!WEB