ディザスターアクション大作『ジオストーム』と日本の銭湯がコラボ!? 災害体感お風呂や灼熱サウナなど

ディザスターアクション大作『ジオストーム』と日本の銭湯がコラボ!? 災害体感お風呂や灼熱サウナなど

いよいよ1月19日(金)に全国公開となるジェラルド・バトラー主演、ディーン・デブリン監督のディザスターアクション大作『ジオストーム』と銭湯がコラボした“ディザスター”体験型銭湯「地終嵐湯(じおすとーむゆ)」が上野の寿湯にオープン。1月21日(日)までの期間限定で楽しめる。

天候を操る気象コントロール衛星の暴走が地球に引き起こす超異常気象を描く本作。優秀な科学者で気象コントロール衛星の開発者である主人公のジェイク・ローソン役をジェラルド・バトラーが務め、ジェイクの弟で国務省職員のマックスをジム・スタージェス、マックスの恋人で、女性シークレット・サービス・エージェントのサラをアビー・コーニッシュが演じる。

この度、期間限定でオープンした「地終嵐湯」は、お風呂の壁にはペンキ絵師・田中みずきによる、巨大な大災害のペンキ絵が描かれており、灼熱の熱波をイメージしたサウナや、大寒波をイメージした凍りつく水風呂(※)も用意されている。さらに、屋根には、天から降ってきた雹(ヒョウ)が直撃したデザインとなっており、銭湯全体が災害をイメージしたつくりとなっている。
(※土日限定)

また、期間中に「地終嵐湯」の外観を写真に撮影し、公式ハッシュタグ「#ジオストーム日本直撃」をつけてSNSに投稿すると、寿湯の受付で毎日先着30名にオリジナルタオルがもらえるキャンペーンも実施中。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてみよう。

【STORY】
地球の天候を制御する気象コントロール衛星により、世界の天候は完璧に管理されていた。ところが、ある日、衛星が暴走を始める。リオデジャネイロが寒波に、香港が地割れに、ドバイが洪水に・・・想像を絶する空前絶後の異常気象が勃発! なぜ!? 地球はどうなる!?

イベント情報

「地終嵐湯(じおすとーむゆ)」
日時:1月21日(日) まで 11:00〜25:30
場所:寿湯(上野・稲荷町)
住所:東京都台東区東上野5-4-17(銀座線稲荷町駅より徒歩2分JR上野駅より徒歩12分)
料金:大人460円/小学生180円/幼児80円
サウナ200円(*入浴料に追加です)タオルセット50円

映画情報

映画『ジオストーム』
2018年1月19日(金)公開
監督:ディーン・デブリン 
脚本:ディーン・デブリン&ポール・ギヨー
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ダニエル・ウー、エウヘニオ・デルベス、エド・ハリス、アンディ・ガ ルシア
全米公開:2017年10月20日
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/geostorm/