伝統工芸の職人が初音ミクのお雛様を作ったらこうなった

伝統工芸の職人が初音ミクのお雛様を作ったらこうなった

人形メーカーの「真多呂人形」が制作したボーカロイドキャラクター「初音ミク」の雛人形が登場。3月9日(金)までの期間、上野の真多呂人形会館で「初音ミク雛」が展示中だ。

「真多呂人形」は、大正8年創立、270年受け継がれてきた伝統工芸品である木目込み雛人形・五月人形などを制作している人形メーカー。能や狂言、歌舞伎、日本舞踊などの表現を主に行ってきた老舗だが、初音ミクがモデルの雛人形を制作したのは今回が初。熟練の職人たちが試行錯誤を重ね、伝統工芸とポップカルチャーが融合した明るく躍動感がありながらも独自性あふれる「初音ミク雛」が完成した。

また雛人形は元来、女の子自身の将来の幸せを表しており男雛女雛が対となっているのが一般的な形式なのだが、「初音ミク雛」は女雛一体のみ。これは価値観が変わり幸福の形が多様化した今、「女雛のみの雛人形があっても良いのではないか」という「真多呂人形」による考えのもの。

展示情報

「初音ミク雛」
展示期間:2018年3月9日(金)まで
会場:真多呂人形会館
住 所:〒110-8505 東京都台東区上野 5-15-13

オフィシャルサイト
http://www.mataro-doll.com/