鼻血を垂らす吉村界人を惑わす大野いと。谷崎潤一郎 原作映画『悪魔』衝撃の予告編解禁!

鼻血を垂らす吉村界人を惑わす大野いと。谷崎潤一郎 原作映画『悪魔』衝撃の予告編解禁!

世界でも高い人気を誇る言わずとしれた近代日本文学の大文豪・谷崎潤一郎の作品『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』の3本が一挙映画化。今回は2月24日 (土)に公開される『悪魔』の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

本作『悪魔』は、谷崎の初期作品である『悪魔』(明治45年発表)と『続悪魔』(大正2年発表)の二作品を原案としており、強迫観念に襲われ続ける人間が、死の恐怖からくる妄想に苦悩する心理状態を描き切った作品。その原案を、藤井道人監督がさらに現代劇に昇華させている。

キャストには、次世代の日本映画界を担う若手俳優として今もっとも注目を浴び、出演作が続く吉村界人や、映画初出演ながら主演のヒロイン役に大抜擢された『高校デビュー』をはじめ、数多くの映画やドラマでの演技が高く評価されている大野いと、NHKの『天才てれびくんMAX』のてれび戦士をはじめ、子役の頃から数々の映画やテレビに出演し続ける前田公輝らが共演している。

解禁された予告編では、バスの中で幻覚に怯え鼻血を垂らす佐伯(吉村)、下宿先の娘の女子高校生・照子(大野)が自分の部屋に頻繁に訪れ、肉感的な身体を見せつけ小悪魔のように自分の心を惑わしていくことを迷惑に思う佐伯の姿や、ふたりのそんな様子をよく思っていない同居する照子の親戚の鈴木(前田)、さらに大学の同級生・あゆみ(遠藤)も加わった四角関係などが映し出されている。

さらに公開されたポスタービジュアルには、人間の二面性が表現されている。「表の顔と裏の顔。天使の顔と悪魔の顔。人間の片側には悪魔の顔が隠れている」をコンセプトに、四角関係に陥る四人の「表の顔(天使の顔)」が並べられている。妄執にとらわれた四人が繰り広げる、極上のサスペンスに期待が高まる。

【藤井道人監督:コメント】
「悪魔」とは、人間を誘惑し、災いをもたらす存在を称してそう呼ばれています。そして、大なり小なり私たちの周りにはその「悪魔」が存在します。谷崎潤一郎の「悪魔」を初めて読んだとき、100年以上前に書かれた作品にも関わらず、今の現代社会における人間の心の暗部に置き換えることが出来る普遍性に感嘆しました。主人公の青年は、若くて美しい女子高生の照子という「悪魔」に出会い、次第に自我が崩壊していきます。
そもそも「悪魔」とは、自分に外的危害を加える存在なのか。もしくは、自分自身の精神に巣食う存在なのか? というテーマに向き合って作りました。

【STORY】
2018年 公開 大学入学のため上京した佐伯(吉村界人)は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。林家には大家の千枝、高校生ながら不思議な色気と魅力を持つ千枝の娘・照子(大野いと)、そして、照子を偏愛する林家の親戚にあたる鈴木(前田公輝)が住んでいた。佐伯は、アルコールにおぼれ、幻覚に苦しみ、大学にもなじめない。そして、下宿先では、照子が佐伯の部屋へ頻繁に訪れ、小悪魔のように佐伯の心を惑わしていくのだった。ふたりの様子を見た鈴木は、佐伯に対し、照子に近づかないよう警告をする。反発する佐伯だったが… 。

映画情報

谷崎潤一郎原案 / TANIZAKI TRIBUTE『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』 



『神と人との間』 
2018年1月27日(土)公開
監督:内田英治 
出演:渋川清彦 戸次重幸 内田 慈 山田キヌヲ 萬歳光恵 根矢涼香 ほか 

『富美子の足』 
2018年2月10日(土)公開
監督:ウエダアツシ 
出演:片山萌美 淵上泰史 武藤令子 山田真歩 福山翔大 / 田村泰二郎 / でんでん ほか 

『悪魔』
2018年2月24日(土)公開 
監督:藤井道人 
出演:吉村界人 大野いと 前田公輝 ほか 

原案:谷崎潤一郎 / 制作プロダクション:TBSサービス / 配給:TBSサービス 
Ⓒ2018 Tanizaki Tribute製作委員会 

オフィシャルサイト
http://tanizakitribute.com

オフィシャルTwitter 
https://twitter.com/TanizakiTribute