潘めぐみ「挑戦してみたいのはラップ!」アニメ『DEVILMAN crybaby』キャスト登壇イベント

潘めぐみ「挑戦してみたいのはラップ!」アニメ『DEVILMAN crybaby』キャスト登壇イベント

1月5日より、Netflixにて全世界独占配信されたアニメ『DEVILMAN crybaby』(監督 : 湯浅政明)の記念イベントが1月19日に新宿のバルト9で開催され、不動明役の内山昂輝、飛鳥了役の村瀬歩、牧村美樹役の潘めぐみが登壇した。

また、記念イベントはLINE LIVEでも配信されていることもあり「今日のトークイベント、ネタバレあります! なので、LINE LIVEで見ていてネタバレが嫌な人は音声を消して表情だけでお楽しみください。」と笑いを交えアナウンス。それに対しては村瀬は「比較的表情が変わらない内山昂輝を見るのが良いかな(笑)。」と返して笑いを誘った。

最初のトークテーマはキャラクターのことについて。「不動明は全力だなという感じがするのですが、どうですか?」と聞かれると内山は、「明がデビルマンに変身した後の禍々しい姿も声はつけているんですけど、実際どこまで使われたのかはわからないんですよね。大変でしたけど頑張りましたよ(笑)。」と答えた。さらに「こうしてくれみたいな指示はものすごくシンプルで、その中でも一話の明はとにかく天真爛漫で可愛く演じてと言われました。」と収録の思い出を語ると潘は「本当にしんどそうでしたよね。でもめっちゃ可愛かった(笑)。」とフォローした。

またアフレコの思い出については「やってて楽しい気分にはならないですよね。悲痛なシーンも多く、知らず知らずのうちにひきづられていくので。普段はあんまり作品にどっぷり影響されたりするタイプではないんですけど、なんか沈んでいる時期もありましたね。」と内山は語った。また、飛鳥了については、「村瀬にしかできない役」と表現した。

役作りに関して村瀬は、「原作を読んだだけだと、表情的なのかなと思ったのですがアニメーションで見ていくとそんなに表情的ではなくて、外部ではあまり表情は変わらないんですけど、見えない内部に秘めている部分を意識していきました。」と話した。

潘は、「お二方は大変だったり疲れる撮影が多かったと思うんですけど、私はそういうのが少なかったです。辛いなという部分はもちろんあったんですけど、いろいろ果たせてしまった部分もあって、浄化されたんじゃないかなって思いました。バトンを渡せたような気がしました。」と撮影の思い出を語った。

最後に、「自分以外で演じてみたいキャラはいますか?」という質問には、内山は「ないですね。思いつかないです。」と即答。村瀬は、「僕の音域的には、タロちゃん、ターコ、長崎さんなんですかね。」と答えた。潘は「自分のやった役以外はやりづらいですよね。そう考えるとチャレンジしてみたいのはラップやってみたいですね!  本音を言えるという意味だと、ラップはすごく素敵だなと思いました。」と話し、会場からは驚きと笑いの声があがった。

【STORY】 
主人公、不動明はある日親友の飛鳥了から、地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることを知らされる。了は明に、デーモンの超能力を取り入れて戦わなくては人類に勝ち目はないと、デーモンと合体する話を持ちかけてくる。明は、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンとなることに成功。デビルマン、不動明の戦いが始まるー。

作品情報

『DEVILMAN crybaby』
Netflix独占で全世界公開。日本語の他7言語に吹き替え、字幕は23言語、さらに全世界190カ国にて公開。

【STAFF】
原作:永井 豪「デビルマン」
監督:湯浅政明
脚本:大河内一楼
音楽:牛尾憲輔
キャラクターデザイン:倉島亜由美
デビルデザイン:押山清高
ラップ監修:KEN THE 390
色彩設計:橋本 賢
美術監督:河野 羚
撮影監督:久野利和
編集:齋藤朱里
音響監督:木村絵理子
プロデューサー:新宅洋平・永井一巨
アニメーションプロデューサー:チェ・ウニョン
アニメーション制作:サイエンスSARU
Produced by Aniplex Inc.Dynamic Planning Inc.

【CAST】
不動明:内山昂輝
飛鳥了:村瀬 歩
牧村美樹:潘 めぐみ
ミーコ:小清水亜美
シレーヌ:田中敦子
カイム:小山力也
長崎:津田健次郎
ワム:KEN THE 390
ガビ:木村 昴
ククン:YOUNG DAIS
バボ:般若
ヒエ:AFRA 

©Go Nagai-Devilman Crybaby Project

オフィシャルサイト
http://devilman-crybaby.com/