映画『マンハント』ジョン・ウー監督来日決定! 福山雅治「この映画で印象的なのは、監督の映像表現」

映画『マンハント』ジョン・ウー監督来日決定! 福山雅治「この映画で印象的なのは、監督の映像表現」

2月9日(金)TOHOシネマズ新宿他にて全国公開となる、チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォンらが出演する映画『マンハント』で監督を務めるジョン・ウーが、1月30日(火)に来日することが決定。来日の際に開催されるジャパンプレミアに参加する予定となっている。また併せて、本作のメイキング映像も公開された。

本作は、日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、日本でのオールロケを敢行し、高倉健主演の伝説的名作『君よ憤怒の河を渉れ』(76)の再映画化に挑んだもの。すでに上映された「ベネチア国際映画祭」や「トロント国際映画祭」など世界各国の映画祭で話題となっている。

この度公開された本作のメイキング映像では、ジョン・ウー監督の作品への熱いこだわりが映し出されている。「子供のころから日本映画が好きで、夢中になって観てきました。」と語る監督は日本映画から多大な影響とインスピレーションを受けているそう。特に高倉健氏を敬愛しているという監督は、かつて彼を主演に映画化された原作を、本作で再映画化することに「長年の夢が叶った瞬間」とその喜びを語っている。

映像には、自身で動き回り、実際に表情や身振り手振りで表現しながら周りのスタッフや俳優たちに細かい演出をつけているシーンも。こうして完成された、ジョン・ウー監督ならではのアクション演出を、主演のチャン・ハンユーは「監督は暴力的なシーンを巧みに美しく描く」と絶賛。同じく主演の福山雅治も「何がこの映画で印象的だったかというと、監督の映像表現です」と監督の手腕に感服している。また、本作で初めて本格アクションに挑戦したというチー・ウェイは「監督は温かい人よ。いつも励ましてくれて感動したわ。」と話し、国際的にモデルや女優として活躍するTAOも「あんなに優しい監督に会ったことはないです」とその人柄について印象を語っている。

【STORY】
実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。罠にはめられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。孤高の敏腕刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査でドゥ・チウを追っていく。彼に近づくほどに、この事件に違和感を覚え、徐々に見解を変えていく矢村。やがて2人の間に絆が芽生えていく。ついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追及を決意する。追われながらの追跡、闇が濃くなる度に増していく危険。鍵を握るのはドゥ・チウに近づいてきた謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

映画情報

映画「マンハント」
2018年2月9日(金)TOHOシネマズ新宿他 全国ロードショー
主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン 
友情出演:國村隼  
特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠
監督:ジョン・ウー 
撮影監督:石坂拓郎『るろうに剣心』
美術監督:種田陽平『三度目の殺人』
音楽:岩代太郎『レッドクリフ』
アクション振付:園村健介『GANTZ』
衣装デザイン:小川久美子『キル・ビル』 
原作:西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画

© 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
http://gaga.ne.jp/manhunt/


『君よ憤怒の河を渉れ』原作