不安な表情を浮かべる錦戸亮。映画『羊の木』TVスポット映像公開!「心の扉をノックしてくれる映画」

不安な表情を浮かべる錦戸亮。映画『羊の木』TVスポット映像公開!「心の扉をノックしてくれる映画」

2月3日(土)に公開される吉田大八監督最新作、錦戸亮主演映画『羊の木』より、TVスポットの【ドラマ編】【サスペンス編】が2本同時に公開された。

本作は、2014年に文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した、山上たつひこといがらしみきおがタッグを組んだ同名漫画を実写映画化したもの。『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』などの吉田大八監督がメガホンをとり、センセーショナルな問題作のテーマはそのままに新しい衝撃と希望の結末を作り上げたヒューマンサスペンスとなっている。主人公の月末(つきすえ)を演じるのは、本作が吉田大八監督作品への初参加となる錦戸 亮。吉田監督が「ひたすら受けの芝居が続く難しい役柄なのに1シーンとして同じ表情がない。いつまでも見ていたくなる」と絶賛しており、思いがけず元受刑者の受け入れ担当者になってしまった気のいい市役所職員の戸惑いと揺れを見事に表現している。さらに松田龍平、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中 泯ら俳優陣が名を連ねる。

今回公開されたTVスポット映像では、不安な表情を浮かべる錦戸の翻弄されているさまが映し出されており、「衝撃の感動に震える」「待ち受けるのは、絶望か、希望か」というそれぞれの映像を締めるキャッチコピーから、映画オリジナルの結末に期待がかかる映像になっている。

また錦戸は、「これから日本では魚深市のような町が現実に増えていくかもしれません。正解がわからないまま“他者”を信じ、裏切られ、折り合いを付けなきゃいけない状況も出てくるような気がする。もしそれが自分だったら──? ご覧になった方の、そんな心の扉をノックしてくれる映画になっていると思います」とコメントを寄せている。

【STORY】
素性が知れないものたち、信じるか? 疑うか?
さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

映画情報

『羊の木』
2018年2月3日(土)より全国ロードショー
原作:『羊の木』(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」
監督:吉田大八『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
脚本:香川まさひと
出演:錦戸 亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中 泯/松田龍平
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト
http://hitsujinoki-movie.com/

© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社

『羊の木』原作