是枝監督も推薦! 久保陽香が葬儀社の涙誘う「泣き屋」に挑戦。映画『見栄を張る』公開決定

是枝監督も推薦! 久保陽香が葬儀社の涙誘う「泣き屋」に挑戦。映画『見栄を張る』公開決定

3月24日(土)に渋谷ユーロスペースほか全国にて映画『見栄を張る』が公開される。

本作は、体裁を気にする現代人の心の闇や 無縁社会で失われゆく人との絆、夢をあきらめきれないヒロインの成長が、女性同士ならではの繊細かつポップな筆致で紡がれた作品。周囲には“女優”として見栄を張りながらも、鳴かず飛ばずな毎日を過ごす絵梨子が、亡くなった姉が葬儀で参列者の涙を誘う「泣き屋」の仕事をしていたことを知り、その仕事の真の役割を知らぬまま、絵梨子も始めてみることに。

主演の絵梨子を演じるのは、『神さまの轍 Checkpoint of the life』『たまゆら』ほかに出演した久保陽香。ほかには、岡田篤哉、似鳥美貴、辰寿広美、真弓、倉沢涼央、時光陸、小栁圭子の出演も決定している。

監督は、是枝裕和監督製作総指揮のオムニバス『十年 日本(仮)』 の一篇を手がける新鋭、藤村明世監督。今作が長編デビュー作となる。

また、「SKIP シティ国際 D シネマ 映画祭 2016 」でSKIP シティアワード、イタリアの「 Working Title Film Festival 」にてスペシャルメンションを受賞したほか、ドイツ、アメリカ、オランダなど世界の国際映画祭でも注目を集めている。

 

【藤村明世監督:コメント】
大学卒業後、映画の側にいるのに夢が遠くなっているなと感じていた時期に、モヤモヤしていた思いを振り払いたくて撮った大切な映画です。
特に主人公の絵梨子には、その時の私の心情をかなり投影していたので中途半端なものにはしたくなく、主演の久保陽香さんとは一緒に時間をかけて絵梨子像を作っていきました。
久保さんは現場の座長としてどっしりと構えていてくださったので、その頼もしさにいつも支えられていました。
そして、撮影中寝食を共にしたスタッフ、キャスト、それから手厚いサポートをしてくださった和歌山の皆さん、CO2事務局の皆さんとの出会いはこの作品にとっても、私にとっても宝物になりました。
長編デビューの本作が、多くの方々に観ていただける機会に恵まれたことに感謝いたします。
様々な方に観ていただきたいのですが、特にどこへ向かっているかわからなくなって、ふと立ち止まってしまいそうになっている方に是非観ていただきたいです。

【是枝裕和監督:推薦コメント】
人は何故泣くのか?
生者への見栄なのか、死者への浄化なのか?
未熟な女優である主人公は、泣くことを職業にした姉の存在を通して、泣くことの、そして、女優であることの意味を考えていく。
爽やかな読後感の残る好編。

映画情報

『見栄を張る』


監督・脚本:藤村明世
出演:久保陽香、岡田篤哉、似鳥美貴、辰寿広美、真弓、倉沢涼央(旧:齋藤雅弘)、時光陸、小栁圭子(特別出演)
日本/カラー/DCP/93 分
配給:太秦
(C)Akiyo Fujimura