吉沢亮、峯田和伸、水カン・コムアイ出演決定! 沢尻エリカ主演映画『猫は抱くもの』追加出演者発表

吉沢亮、峯田和伸、水カン・コムアイ出演決定! 沢尻エリカ主演映画『猫は抱くもの』追加出演者発表

沢尻エリカの6年ぶりとなる待望の主演作映画『猫は抱くもの』(6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて公開)より、追加出演者が解禁された。

本作は、人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説(キノブックス刊)を実写化したもの。思いどおりの生き方ができず、いつしか心に孤独を抱えてしまった30代女性と、自分を彼女の恋人だと信じて疑わない猫との関係を描いた、ちょっと不思議な物語。ファンタジー・テイストに溢れながらも、私たちが日々暮らすこの世界に新しい光を当て、より自分らしく生きるヒントをくれる…。そんなハートウォーミングで心揺さぶる1本となっている。

監督は『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』などの恋愛ドラマから、『のぼうの城』のような歴史大作まで幅広いジャンルで演出を担当してきた犬童一心が務めている。

今回出演が決定したのは、主人公・沙織(沢尻エリカ)の相手役で、自分を主人公の恋人だと思い込む、ロシアンブルーの猫・良男を演じた吉沢亮。今回の出演に関して、「監督の犬童さん、脚本の高田さん、そして主演の沢尻さんと、いつかお仕事でご一緒したいと思っていた方ばかりの現場で、僕にとって夢のような空間でした。猫だけど自分を人間だと信じている良男を、人間の僕が演じるという。とにかく素直に、沢尻さん演じる沙織の事が好きでしょうがないという気持ちを大切に演じました。沢山の方に見て頂きたいです」と吉沢はコメントしている。

さらに、良男の相棒となる猫・キイロを演じたのは、ユーモアと中毒性のある音楽やパフォーマンスでファンを魅了してやまない「水曜日のカンパネラ」のボーカル、コムアイ。「この映画に参加して成長できたことを嬉しく思います。猫の映画と聞いて、猫と遊べる! と思って受けたのに、自分が猫の役だったので、実際に猫と戯れるシーンがなかったのは、落とし穴でした。」とお茶目に語り、自身の役柄に関しては、「どこにも通じ、どこにも属さない。猫は、人間と野生を行き来する生き物ですが、特に私が演じた猫・キイロは人間の元で飼われたり、野良として過ごしたり、流れに任せながらも自分で決めているキャラクターです。」と、役柄の背景を語った。また、吉沢との共演については「吉沢さんは、鋼鉄の男! 芝居がどういう向きでどういう表情に見えるかということをはっきり知っていて、常に完璧な猫・良男でした。いつも引っ張っていただいて、感謝しています。吉沢さん演じる良男は、必死なのが可笑しくて、かわいそうな時も笑えちゃう、チャーミングなキャラクターです」とコメント。

猫のキイロをこよなく愛し、主人公・沙織の気になる存在として登場する、画家のゴッホこと後藤保を演じたのは、ロックバンド「銀杏BOYZ」でボーカル&ギターを務める峯田和伸。犬童監督に関して質問をすると、「オファーを頂いた時に胸が熱くなりました。犬童監督の演出は、細やかで、こちら側に寄りそって意見を言ってくださって、とても心強かったです。」と語り、共演者の印象については「主演の沢尻さんは、目がまっすぐで、嘘がなにもない方。コムアイさんは、動物的で、本当に猫みたいでした。」とコメントを寄せている。

【STORY】
主人公の沙織(沢尻エリカ)は、とある地方都市のスーパーマーケットで働くアラサ―女性。かつてはアイドルグループ「サニーズ」のメンバーとして芸能界で活動していたが、歌手としては芽が出ず、すべてに嫌気が差して都会から逃げてきた。今の自分を好きになれず、周囲ともうまく馴染めない彼女にとって、心を許せる唯一の存在は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫「良男」(吉沢亮)。嬉しかったこと、哀しかったこと、腹が立ったこと…。すべてを受け止めてくれる「良男」に向かって、沙織は日々、妄想を交えながら語りかける。そして「良男」は、いつしか自分を人間だと信じ込み、恋人として沙織を守らねばと思い始める。そうやって過ごしてきた、こじらせた1人と1匹の日常にも、変化が訪れて…。

映画情報

『猫は抱くもの』
6月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー
監督:犬童一心『グーグーだって猫である』『ジョゼと虎と魚たち』
脚本:高田亮『そこのみにて光輝く』『オーバーフェンス』
原作:『猫は抱くもの』(大山淳子著・キノブックス刊)
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)/岩松了
制作:ADKアーツ
企画・配給】キノフィルムズ
©2018 『猫は抱くもの』製作委員会

オフィシャルサイト
http://nekodaku.jp