『曇天に笑う』福士蒼汰と桐山漣がカップルに!? 本広監督からは「イチャイチャ禁止!」

『曇天に笑う』福士蒼汰と桐山漣がカップルに!? 本広監督からは「イチャイチャ禁止!」

3月21日(水)に全国公開される映画『曇天に笑う』の完成披露舞台挨拶が本日1月29日(月)に都内で開催され、監督の本広克行、キャストの福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、若山耀人が登壇した。

本作は、女性層を中心に熱狂的なファンを持つ大ヒットコミックシリーズ『曇天に笑う』を日本映画界随一のヒットメーカー、本広監督が映画化したもの。舞台は、300年に一度、曇り空が続く時、世界を滅ぼす破壊の神・オロチ(大蛇)が復活し、人々に災いをもたらすという伝説があった明治初頭。その災いから家族・仲間・村すべてを守るため、曇天火(福士)がボロボロになりながらも死闘を繰り広げる、エンターテインメント作品だ。

出演オファーを受けた時の思い出を聞かれた福士は、「天火のように懐が大きいわけではないので担えていけるか不安な部分もありました。自分自身何ができるのか考えた時に、笑顔で人と接することができると思ったので、この映画の撮影中は自分から話しかけようと思いました。そういうところが天下に繋がってくるのかなと思い、現場ではそういう意識に努めましたね。」と振り返り、それを受けて中山は、「積極的に話しかけてくれて気が楽になった部分もあった。」と撮影中の思いを明かした。

撮影にあたり“萌え”にこだわったという本広監督は、「原作は女性ファンが多いとのことなので、実写にする際にもその方達に喜んでもらいたいという思いはありました。今日昼もイベントやってたんですけど、みんなすぐにイチャイチャし始めるんですよ。男子校みたいに。なので、夜はちゃんとしたいのでイチャイチャ禁止ね。と言いました。」と出演者たちの仲の良さを明かした。

また、「自分が女性だったら登場人物のどのキャラクターに惚れますか?」という質問に福士は、桐山演じる「白子!」と即答。理由は優しい人が好きだからとのこと。そんな桐山は「天火ですね。明るいじゃないですか。明るく前向きなセリフを言ってくれる人に引き寄せられますね。」と相思相愛っぷりを語った。

同じ質問に市川は、東山紀之演じる岩倉と回答。「理由は権力者が好きなので(笑)。」と言い、会場の笑いを誘う場面もあった。

最後に福士は「この映画は出演者、スタッフ全員が命懸けで作った作品です。日本が誇るスーパーエンターテイメントになっていると思います。」と言い、イベントを締め括った。

【STORY】
明治維新後の滋賀県・琵琶湖畔。代々その土地を守る曇神社を継ぐ曇家の長男・天火(福士蒼汰)は、武芸に秀で豪快で明るく、村人にも愛されるカリスマ兄貴であった。次男の空丸(中山優馬)、三男の宙太郎(若山耀人)と共に、皆が笑って過ごせることを願い、町を守っていた。300年に一度曇天が続くとき、この国に災いをもたらす巨大な力を持つ大蛇(オロチ)が復活すると言われ、世の中が乱れ始めた時、三兄弟は平和を守るために立ち上がる。一方、明治政府の精鋭部隊・犲(やまいぬ)のリーダー・安倍蒼世(古川雄輝)ら隊員たちや、曇家に居候する天火の親友・金城白子(桐山漣)らも、人に宿って甦るという大蛇(オロチ)を見つけ出し、封印しようとしていた。しかし、大蛇の力を手に入れ政府転覆を企てる最強の忍者集団・風魔一族が、曇天三兄弟の前に立ちはだかる。
大蛇は誰の元に現れるのか?天火はこの国を、皆の笑顔を守ることができるのか―?!

映画情報

『曇天に笑う』 
2018年3月21日(水・祝)全国公開 

原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝 
監督:本広克行 
脚本:高橋悠也 
出演:福士蒼汰 中山優馬 古川雄輝 桐山漣 大東駿介 小関裕太 市川知宏 加治将樹 / 若山耀人 池田純矢 若葉竜也 奥野瑛太 宮下かな子 深水元基 山路和弘 東山紀之 
※桐山漣のレンの字は、シンニョウに連 
配給:松竹 
(C)映画『曇天に笑う』製作委員会  (C)唐々煙/マックガーデン

映画『曇天に笑う』オフィシャルサイト
donten-movie.jp

『曇天に笑う』原作