GLIM SPANKY、台湾にて初海外ワンマン開催! 松尾レミが台湾語で「みんな大好きだよ!」

GLIM SPANKY、台湾にて初海外ワンマン開催! 松尾レミが台湾語で「みんな大好きだよ!」

GLIM SPANKYが、1月20日、台湾にて自身初の海外ワンマンライブを開催。松坂桃李主演の映画『不能犯』(2月1日公開)の主題歌「愚か者たち」(1月31日発売)を海外初披露した。

GLIM SPANKYを待ち望んだ400人近くのファンが詰めかけ、熱気に包まれた会場にメンバーが登場すると、台湾のファンから温かい大歓声が沸き起こり、会場は異常なまでの熱狂的な空気に包まれた。

ライブは、GLIM SPANKYらしい重厚感のあるヘビーなロックサウンドの楽曲「THE WALL」幕開け。熱気溢れるステージがこの日も炸裂した。

6曲目に映画『ONE PIECE FILM GOLD』(2016年)の主題歌「怒りをくれよ」が披露されると、会場はこの日いちばんの盛り上がりを見せ、同曲の台湾での浸透度の高さを感じさせた。

GLIM SPANKYはこの日、新曲「愚か者たち」などアンコールを含めて全21曲を演奏。台湾のファンは、リズムに乗りながら思い思いにGLIM SPANKYの音楽を楽しんでいる様子だった。

プライベートでも台湾に遊びに来きたことがあるという松尾レミは、台湾語でファンへ挨拶。「みんな大好きだよ!」という言葉にたくさんの歓声が上がった。また、松尾は、再び台湾でワンマンライブを行うことも約束した。

「日本語で世界に進出する」という、たとえ言語がわからなくても、自分たちの“音楽”で聴く人の心を動かすことをめざすGLIM SPANKYが掲げる、大きな目標へと一歩近づく、そんなライブになった。

なお、映画『不能犯』本編とコラボレーションした「愚か者たち」のミュージックビデオ(映画『不能犯』ver)が、映画の公開に公開に先駆けて本日公開。こちらも要チェックだ。

「愚か者たち」発売と映画『不能犯』公開まで、あとわずか。ぜひ、劇場で迫力のある映像と王道ロックのビートの響きを体感しよう。

<台湾ライブセットリスト>
01. THE WALL
02. BIZARRE CARNIVAL
03. The Trip
04. ダミーロックとブルース
05. いざメキシコへ
06. 怒りをくれよ
07. END ROLL
08. 闇に目を凝らせば
09. Velvet Theater
10. お月様の歌
11. 吹き抜く風のように
12. Freeder
13. 美しい棘
14. 白昼夢
15. Sonntag
16. ビートニクス
17. NEXT ONE
18. アイスタンドアローン
【ENCORE】
19. 愚か者たち
20. 大人になったら
21. 褒めろよ


リリース情報

2018.01.31 ON SALE SINGLE「愚か者たち」


映画情報

『不能犯』
2月1日(木)全国ロードショー
出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会


映画『不能犯』作品サイト
http://funohan.jp/

GLIM SPANKY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glimspanky.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC