テーマは「食」と「性」。映画『食べる女』、小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子ら豪華女優陣が競演

テーマは「食」と「性」。映画『食べる女』、小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子ら豪華女優陣が競演

2007年に発売された筒井ともみ著『食べる女』『続・食べる女』(新潮社文庫)を原作とする映画『食べる女』(2018年9月公開予定/監督:生野慈朗)の製作が決定した。

年齢、職業、価値観様々な8人の女たちの日常を通して、<食>と<性>の本来のあり方が描かれる映画『食べる女』。

人はおいしい食事をすると、体が元気になる。いとしいセックスをすると、心が優しくなる=“スローフード・スローセックス宣言”を冒頭1ページ目から掲げたセンセーショナルな短編集を筒井自身が脚本化。恋に、仕事に、悩みながらも奔走する8人の女性たちを演じるのは、“今”を代表する、超豪華女優陣。奇跡のような夢の共演が実演する。

■構想、約10年!
原作の筒井ともみによれば、映像化するなら『センセイの鞄』(2003年、脚本:筒井ともみ・監督:久世光彦)で作品を共にした小泉今日子しかいない! と考えていたとのこと。ドラマ界の巨匠である、故・久世光彦とも、意見が合致。とはいえ、その頃は小泉今日子=敦子(トン子)と決まっていたわけではなく、映像化に向けて筒井がシナリオを書いていくうえで、自身の経験や友人の体験談を核に構成されているキャラクターの中から、皆を引っ張っていけるような魅力、そして年齢的にも最適な敦子を主人公に据え、物語を構築。原作にはないオリジナルキャラクターとして主人公・敦子が誕生した。

「とにかくあの短編集を、ここまでまとめられたことがすごいと思いました。主人公の敦子というキャラクターを物語の中心に置くことによって、全体像を固めつつも、要素の盛り込み方がすごいなと。さすがは筒井さんだと思うシナリオでした」とプロデューサーの片岡は話す。

具体的に、小泉にオファーをしたのは、企画が動き始めた2015年夏頃だった。多忙な小泉のスケジュールが空くのは2年後。それを待って、2018年1月、いよいよクランクインの時を迎えた。

筒井は「小泉さんは、とにかく見ているだけでおいしく感じる女優。当時からどんなに時間が経っても、ずっとそう思っています。彼女は『労働の匂い』がある稀有な女優だと思います。そこが新しいし、『食べる女』にふさわしい」とキャスティング理由を語った。

■テーマは「料理」と「セックス」
筒井自身も自他ともに認める、くいしんぼうの料理好き。そんな彼女が、本作のために献立を考えた50品以上もの料理が、大人の「恋愛」と「エロス」を彩る。「おいしい女になろう、おいしい男を育てよう」そんな筒井のメッセージが込められた、貪欲で繊細な女性の欲望を満たす「おいしい」映画が、今秋誕生する。

■8人の女優が“夢”の共演
本作のメインキャスト陣には、作品のテーマに賛同し、小泉との共演を楽しみにしたキャストが集結。沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香という超豪華なメンバーが、恋に仕事に悩みながらも、本来の自分を取り戻そうとする等身大の女性たちを演じる。

(イン前には)「なかなか動かない主人公だけれど、もう少しでつかめそうです」と筒井に打ち明けていた小泉だが、ほぼ初共演の沢尻ら共演者と(鈴木京香のみ共演経験あり)アドリブを交えながら、楽しく和やかに撮影が進んでいるという。

小泉今日子 コメント
「わからない」ということを今日の結論にできるのは女だけなのかもしれません。 「わからない」けど、お腹が空いた。「わからない」から、とりあえず美味しいゴハンを食べちゃおう。 そんな女たちが映画の中で生き生きと食べてます。たくましく生きてます。 筒井ともみさんが時間を掛けて下ごしらえをしたこの作品に参加できて光栄です。

 


映画情報

『食べる女』
2018年9月末公開予定
企画&原作・脚本:筒井ともみ
監督:生野慈朗
キャスト:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香 ほか


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC