和装の美少女に扮した岡本夏美が登場! 浜辺美波主演ドラマ『賭ケグルイ』第4話あらすじ&場面写真公開

和装の美少女に扮した岡本夏美が登場! 浜辺美波主演ドラマ『賭ケグルイ』第4話あらすじ&場面写真公開

現在MBS、TBS深夜枠ほかにて放送中のドラマ『賭ケグルイ』より第4話のあらすじと場面写真が公開された。

本作は、河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画がアニメ化に続き実写化したもの。主人公・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)役に『君の膵臓をたべたい』の浜辺美波、鈴井涼太(すずい・りょうた)役に『散歩する侵略者』の高杉真宙、早乙女芽亜里(さおとめ・めあり)役に『嘘八百』の森川葵ら豪華若手俳優が集結している。

第4話では、夢子が一発逆転を狙い「伝統文化研究会」の会長であり、生徒会役員の西洞院百合子に公式戦を挑む。和服に身を包んだ大和撫子の西洞院百合子に扮するのは「咲-Saki-」シリーズの加治木ゆみ役などで注目されている岡本夏美。二人が対峙していた新たなゲームは「生か死か」。さらに、夢子の存在を警戒し始めた生徒会にも新たな動きが…。

ドラマ『賭ケグルイ』は、MBSで2月4日(日)深夜1時50分〜、TBSで2月6日(火)1時28分〜放送。

【第4話あらすじ】
鈴井(高杉真宙)に学園を案内される夢子(浜辺美波)は、ある場所で足を止める。そこは泰然庵と呼ばれる和室で、「伝統文化研究会」が賭場を開いているという。鈴井の制止を振り切り、賭場に足を踏み入れた夢子が目にしたのは、鬼気迫る表情を浮かべる芽亜里(森川葵)の姿。夢子に敗北して以来、転落の一途を辿る彼女は、最下層の家畜「ミケ」にまでその身を堕としていたのだ。追い詰められた芽亜里は一発逆転を狙い、生徒会役員に公式戦を挑んだのだ。公式戦とは、ポチ、ミケに与えられた唯一の権利で、一度だけ誰にでもギャンブルを挑むことができ、相手はその勝負を拒むことが許されない。さらに、相手が生徒会役員の場合、賭け金は青天井に吊り上げられる。芽亜里が選んだ相手は「伝統文化研究会」の西洞院百合子(岡本夏美)。和服に身を包み、一見すると大和撫子の様相だが、心の奥は読み取らせない曲者だ。二人が対峙するギャンブルはオリジナルゲ―ム「生か死か」。憎き夢子が見守る中、芽亜里は起死回生の一手に出る―!

番組情報

ドラマ『賭ケグルイ』
2018年1月よりMBS、TBS深夜枠ほか にて放送!
<MBS> 毎週日曜 深夜0時50分~ ※第4話は深夜1時50分〜
<TBS> 毎週火曜 深夜1時28分~

出演:浜辺美波 高杉真宙 森川葵  他
監督:英勉『ヒロイン失格』『あさひなぐ』
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
主題歌:BIGMAMA/「Strawberry Feels」
オープニングテーマ:Re:versed/「一か八か」
©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS  

【STORY】
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、幕を開ける―!

オフィシャルサイト
http://kakegurui.jp/

『賭ケグルイ』原作