刀剣男士たちがパリ初上陸! ミュージカル『刀剣乱舞』今夏パリ&東京にて上演決定

刀剣男士たちがパリ初上陸! ミュージカル『刀剣乱舞』今夏パリ&東京にて上演決定

1月30日に梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて行われた「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~」の千秋楽にて、今夏にフランス・パリと東京で「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞2018 巴里~」を上演することが発表された。

ミュージカル『刀剣乱舞』は、名だたる刀剣が戦士の姿になった刀剣男士を育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とする舞台作品。2017年1月に中国・上海での初の海外公演が大成功を収め、2月にはインド・ニューデリーでの「INDIAGAMING SHOW」に出演。同年7月にフランス・パリで行われた「Japan Expo 2017」でも現地の観客から熱烈な歓迎を受けるなど、今や日本のみならず海外からも注目を浴びており、2018年3月24日(土)から4月1日(日)日本青年館ホール、4月8日(日)から4月15日(日)梅田芸術劇場 メインホール、さらに4月20日(金)から5月6日(日)TOKYO DOME CITY HALLにて最新作の上演も決定している。

初のヨーロッパ公演となる今作『阿津賀志山異聞2018 巴』は、日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベント「ジャポニスム2018」の公式企画として、7月15日(日)にパリのパレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場で上演。その後、8月3日(金)から8月19日(日)の期間は東京の日本青年館ホールでの上演を予定している。

2015年のトライアル公演を経て、2016年に上演したシリーズ第一作『阿津賀志山異聞』に出演した黒羽麻璃央演じる三日月宗近、北園涼演じる小狐丸、崎山つばさ演じる石切丸を始めとし、岩融、今剣、加州清光が再び集結する本公演。多くの出陣を経験し急速に進歩を遂げてきた刀剣男士たちが、2018年版となる今作の物語をどのように織り成すのか注目だ。

公演情報

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞2018 巴里~
【パリ】 2018年7月15日(日)パレ・デ・コングレ・ド・パリ 大劇場
※ジャポニスム2018 公式企画

【東京】2018年8月3日(金)~8月19日(日)日本青年館ホール

原案: 「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付・ステージング:本山新之助

【出演】
三日月宗近役:黒羽麻璃央
小狐丸役:北園 涼
石切丸役:崎山つばさ
岩融役:佐伯大地
今剣役:大平峻也
加州清光役:佐藤流司
武蔵坊弁慶役:田中しげ美
源義経役:荒木健太朗
源頼朝役:冨田昌則
藤原泰衡役:加古臨王
ほか

主催:ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
(ネルケプランニング ニトロプラス DMM.com ユークリッド・エージェンシー)

ミュージカル『刀剣乱舞』オフィシャルサイト
https://musical-toukenranbu.jp/

Ⓒミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会