二階堂ふみ&吉沢亮&森川葵ら登壇『リバーズ・エッジ』完成披露イベで語られた映画化のきっかけ

二階堂ふみ&吉沢亮&森川葵ら登壇『リバーズ・エッジ』完成披露イベで語られた映画化のきっかけ

2月16日(金)より全国ロードショーされる映画『リバーズ・エッジ』の完成披露試写会が本日1月31日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演の二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、そして行定勲監督が登壇した。

1993年から94年にかけて雑誌『CUTiE』で連載された岡崎京子の同名漫画の映画版で、繰り返されるリアルなセックスと暴力、日常を生きることの違和感といった若者たちの心の揺らぎを描く本作。

「この伝説的な漫画を映画化にできれば携わりたくなかった。」と話す行定監督は、映画化のきっかけについて「この映画は、僕からの発案ではなく二階堂ふみの『岡崎京子のリバーズ・エッジって興味あります?』っていう一言から始まったんです。『興味あるよ』って答えただけなのに、『OK、じゃあ話しましょう』ってことで決まったんですよ。当時20歳の二階堂がなぜ、『リバーズ・エッジ』に共振しているのか、まず考えました。この映画でもキーワードになっている“平坦な戦場を生き延びる”っていうことが、僕らは長年いろんな局面で生き延びてきたんだろうと。そう考えると、この世の中がどうなっていくかなんて今だってわからないなと思った時、“生きる”という一つのテーマが見えてきました。どんな時代にもこの普遍的なテーマは刺さり続けるだろうと思って、だったらやるなら今かなって思いました。」と明かし、続けて「完成させた時に一番最初に思った感想は『やっぱ岡崎京子ってすげぇや』っていうことです。それをとにかく今の若い人たちに感じてもらいたいです。」と原作者の岡崎へのリスペクトの意を示した。

主人公と同じ16歳の時に原作に出会った二階堂は本作について「17歳の誕生日を迎える高校2年生だったんですけど、ちょうど『ヒミズ』という映画を撮影しているときに美術部のスタッフの方が『これ好きだと思う』って貸してくださったんですけど、その時自分が抱えていたものがそのまま作品の中にはあって衝撃が強くて、自分の中に傷跡が残るような感覚だった。その半年後くらいに企画が立ち上がって皆さんにお披露目するまでには実は6年半~7年くらいの時間がかかってるんです。若い人が抱えている問題であったりとか、感じていることとか、“生きること”みたいなものを十代後半っていうのは特に疑問に思ったり、考え始めたり、気付き始めたりすると思います。それは行定監督がおっしゃっていたように普遍的なテーマだと思うので、みなさんにも映画を観て感じていただけたらいいなと思います。」と感慨深げに語った。

そして、一途な愛を拗らせストーカーのようになってしまうカンナを演じた森川は「私は比較的カンナという女の子と性格が近いんですよ。人に対して一途なところとか、そんなに変な子じゃないと思う…んで…(笑)」と告白。続けて、「好きになるけど、好きになりすぎてどんどん離れていっちゃうみたいな…。そういうのはなんか、あぁカンナっぽいな自分って、あぁ自分はカンナだなって思いながら演じていました」と親近感を感じながら演じられたと振り返り、「初めて観た時に頭も何度もぶん殴られるような映画だなぁと思いました。頭に鮮明に残るというかこんなに衝撃的な映画を観たのは久しぶりで、早くもう一回観たいなと思っています」と語った。

また、暴力ですべてを晴らす観音崎を演じた上杉は、「この映画をきっかけに、観音崎を通して『俺って本当はこう感じていたんだ』とか“上杉柊平”っていう人間が分かってきて、すごくいい映画にかかわることができてるなと思いました」と明かし、「初めて原作を読んだ時にエネルギーとか、なんだかよく分からないものを感じて、それは映画を観た時にも感じたので、2018年を生きるみなさんがどう感じてくれるのか楽しみでしょうがない」とコメントした。

そして、本作が2月15日(木)より開催される「第68回ベルリン国際映画祭」パノラマ部門で正式出品されることについて、二階堂は「本当に力強い作品になったと思うので、是非海外の方にも観て頂きたいなと思いましたし、岡崎京子先生の名作ももっともっと多くの方に知っていただきたいという気持ちがあったので、嬉しいです」とコメント。また、国内外を含め、初めて映画祭に出席することになった吉沢は「三大映画祭に出ることができるなんてすごく光栄です。この作品は、僕にとって挑戦的な作品だし、魂のこもった作品なので、本当にうれしいです。でも本当にドキドキしてて…。そもそも映画祭って何するものなんだっていうところからなので、さっき裏で監督に『映画祭って何するんですか』って聞きました。」と嬉しさをあらわにした。

最後に、二階堂から「原作者の岡崎京子先生より映画を観て下さり、メッセージをいただくことができましたので、代わりに読ませていただきます」と発表。「すごい素敵なお言葉をいただくことができました(笑)『みんな、観てね!!!岡崎京子』(笑)すごい説得力のあるお言葉だと思います(笑)」と締めくくった。

 

作品情報

『リバーズ・エッジ』
2018年2月TOHOシネマズ 新宿 ほか全国ロードショー 


出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵 
監督:行定勲『GO』『パレード』『ナラタージュ』 
脚本:瀬戸山美咲 
原作:岡崎京子(「リバーズ・エッジ」宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)/作詞・作曲:小沢健二 
配給:キノフィルムズ 
(C)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

映画『リバーズ・エッジ』作品サイト
http://movie-riversedge.jp