「童貞に見えなかったら成立しない」林遣都、池田エライザが映画『チェリーボーイズ』先行上映会で性春!?時代を振り返る。

「童貞に見えなかったら成立しない」林遣都、池田エライザが映画『チェリーボーイズ』先行上映会で性春!?時代を振り返る。

2月17日(土)全国公開にされる映画『チェリーボーイズ』のプレミア上映会が2月2日(金)、渋谷TOEIにて行われた。

映画『チェリーボーイズ』は、とある地方都市、仕事も恋愛も上手くいかず、揃いも揃って25歳の童貞で、寝ても覚めても女性とSEXのことばかり考えている何事にも中途半端な3人組が、自分を変えるために脱童貞大作戦を行う青春映画だ。原作は童貞漫画の金字塔として高い人気を得ている古泉智浩の『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)。

Ⓒ古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

プレミア上映前に行われた舞台挨拶には、主演の林遣都、栁俊太郎、池田エライザ、般若、西海謙一郎監督が登壇。

女性の観客が多い中、童貞漫画の金字塔と言われているこの作品の出演オファーについて訊かれた林は「とても挑戦しがいのある作品だと思いました。こういった情けないダメな男たちの青春物語はあまり、20代のうちにやったことなくて、いただいた瞬間やりたいなと思いました。」とコメント。実際に童貞役を演じるにあたり、苦労した点もあったようて、「20代で童貞に見えなかったら成立しないなという思いもあり、ハードルが高い役だと思いましたし、覚悟を持ってなんとか演じきりたいなと…演じきれたら、自分の幅を広げてくれるんじゃないかと思いました。」と林自身から充実感を感じるコメントをしてくれた。

林遣都

栁は「忘れかけていたふつふつと蘇ってきて。今しかできない、今後一生ないだろうなと思って、楽しくやらせて頂きました。」と撮影を振り返った。

栁俊太郎

池田エライザは「普段頂いた台本は、先に読ませてくださるんですが、事務所の方から台本を読んで“感想を訊かせてくれないか”と言われて…“なるほど、こういうことか”と思いまして(笑)。もともと青年誌が好きだったということもありますし、正解かどうかわからないところへワッァーと男たちが向かっていって、“間違ってるのにな!”って思っても、その姿がうらやましかったりして、母性みたいなものがわいてきて。あとは男性スタッフ、キャストの中で私が演じることで、女性も楽しめる笛子が作れたらいいなと思って、参加させて頂きました。」と演じた役が童貞3人組の脱童貞大作戦のターゲットにされるヒロインということで、体を張った大胆演技にも注目で、その役への愛着と出演の動機を披露した。

池田エライザ

般若は「チェリーボーイズという名前だけで、“はいOK!もうやるしかないでしょ。”って感じで、いくしかないでしょうと。どんな役でも男を代表して必ずやり遂げようと。」と本当に参加するのが楽しみだったようだ。

般若

この作品について、西海監督は印象に残っていることを訊かれ、「テーマが童貞ということで、僕が大好きなテーマだったので、それをイケメンの皆さんに嘘じゃないように見せないとこの映画は失敗だと思いました。童貞3人衆に見事な童貞っぽさを出して頂きまして、素晴らしい童貞映画になったと自負しています。エライザさんは童貞に相対するということで、いかにキレイに撮るかということを僕が“いいな、いいな”って思いながら撮ったので、キレイになってるはずです。」と手応えのある映画になったこと、そして池田を撮る際のエピソードを披露すると、間髪いれずに池田が「今日の監督、怖い!ゾワゾワする。」とコメントし、会場に笑いをふりまいた。

西海謙一郎監督

他のキャストとは初共演だったことについて、林は「一期間一緒に過ごして、栁君も前野君とも他にはない絆がうまれた気がしていて。撮影中もずっと作品のことを話してましたし、終わってそれぞれの撮影シーンを見て僕は二人には感謝しかなくて。」と映画での出会いに感謝していた。そんな感動的なエピソードを披露すると、般若も「童貞3人組と接触するところがあるんですが、3人は有名でイケメンじゃないですか。その3人の群れが童貞にしか見えなくて、笑っちゃって演技ができなくなりました。」と話すと、池田も「群れてるんです(笑)。お芝居の話をしてたんだと思いますけど、小さくなって密談している姿が仲むつまじく、うらやましかったです。」と撮影中に垣間見た3人のエピソードを披露した。

今作では、林と池田は共演シーンが多いが、撮影中にそれほど話はしていなかったようだ。林演じる国森が池田演じる笛子に一方的に想いを寄せるという役だったこともあり、林は「本番かかったら、僕はエライザさん演じる笛子を“どうにかしたい!”って(笑)。そういう役だったので、常にそういう目で見てました。」と告白、池田は「だから仲良くなれなかったんですね~その空気感はいきてると思います。」と撮影外でも役としての距離感は保っていたことがうかがえた。

青春の1ページについて覚えていることを訊かれた林は「中高とずっと野球をやっていたので、女性との絡みもなく、控えめだったので、もっと積極的に女の子と話しておけばよかったと思います。その後バンドやるかって、野球部引退して調子に乗ってモテたいとの思いだけでやってましたが、それも挫折してしまい…やり直したいことだらけです。」と振り返った。
池田は、「中学1年生くらいから東京で、福岡に帰ったら学校だったので、部活もやれずにいたんですが、高校が女子クラスで、福岡の芸能科があって、私は特技がなかったんです。ダンスの授業とかすごい嫌で、ダンスの授業ではいなくなってました。でも、お芝居で“踊れる?”って聞かれた時に、“踊れない”っていうのもやめたいので、あの時授業で学んでおけば、“学校でやってたんで!”勢いよく言えたと思うと、やっておけばよかったなって。」とダンスの授業に積極的でなかったことを告白。
般若はラッパーとして活動しているが、「高校の時にラップを始めて、その時まだヒップホップはまだ流行ってなくて、一人で練習してたんですが、独り言みたいに思われて、まぁまぁ頭おかしいやつと思われてました(笑)。」と会場を沸かせた。

最後に林から「この映画は、タイトルもそうですし、ビジュアルから、情けないダメな男たちのバタバタコメディのような印象もあると思うのですが、とてもいい物語で、この3人から人生歩んでいく上で、すっごく大切な時期、その時抱いている感情を思い出させてくれる、気づかせてくれるという感じがしていて。そういった3人の想いが届くといいなと思ってます。」と作品へかけた想いをコメントし、イベントを締めくくった。

揃いも揃って、恋も仕事も上手くいかず、おまけに、25歳にして童貞な男3人が、脱童貞大作戦を企てる映画『チェリーボーイズ』は、2月17日よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEI他全国ロードショー。

映画『チェリーボーイズ』プレミア上映会

日時:2月2日(金)19:00~19:30
場所:渋谷TOEI 登壇者:林遣都、栁俊太郎、池田エライザ、般若、西海謙一郎監督

その他の写真

映画『チェリーボーイズ』

2月17日(土)より シネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国ロードショー

林遣都 栁俊太郎 前野朋哉
池田エライザ / 石垣佑磨 岡山天音 般若
山谷花純 松本メイ 岸明日香 馬場良馬
吹越満 立石涼子

監督:西海謙一郎
脚本:松居大悟
原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)
主題歌:「GO! GO! Cherry Boy!」MANNISH BOYS(スピードスターレコーズ)
配給:アークエンタテインメント
公式サイト:http://cherryboys.net/

Ⓒ古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン

原作コミック

チェリーボーイズ
古泉智浩(著)

©古泉智浩/青林工藝舎