内田理央演じる“まやや”の前髪に異変! 来週放送の芳根京子主演ドラマ『海月姫』が早くも話題

内田理央演じる“まやや”の前髪に異変! 来週放送の芳根京子主演ドラマ『海月姫』が早くも話題

毎週月曜21時放送中のドラマ『海月姫』(フジテレビ)の次週予告で、内田理央演じる三国志オタク“まやや”の前髪が遂に変化することがわかった。

同作は、クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”(芳根京子)が、ある日、女装美男子(瀬戸康史)と童貞 エリート(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会い、なんとも複雑でややこしい三角関係に突入…そんな中で自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい 自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”だ。

個性派揃いの同作だが、中でも注目が高いのが内田理央。内田が演じる“まやや”は、上下赤ジャージ、前髪が目に覆いかぶさり、常に激しい動きが特徴で、これまで演じてきた役柄とはガラッと変わり、コミカルな演技に驚きと称賛の声が多く挙がっている。

これまでの放送で、“まやや”の目は一度も晒されておらず、視聴者からは、「はやくだーりおの顔が見たい」などの声が多く挙がっていたが、本日放送された『海月姫』の放送終了後に流れた第5話の予告で、遂に“まやや”の前髪に変化が現れることが発表され、注目が高まっている。

長い前髪で顔を隠している理由も来週の放送で明らかになる…かも?と期待される『海月姫』第5話は、2月12日(月)21時から放送予定。

【第5話あらすじ】
デベロッパーの稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。
一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。
蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。
蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼〜ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)は、ジジ様に「儲けが出たら趣味の品を買えるかも」と言われてやる気になった。
作戦会議を始めるが、販売用のドレスを作るためには“尼〜ず”たちでは手に余る。そこで縫製のプロを雇うことになった。
すると千絵子は友人にプロがいると月海たちを連れて頼みに出かける。
月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。
ノムさんの服作りは人形専門。しかしノムさんの力量は本物で、クラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作る。
人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。
こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。
ショーの会場は意外な場所に決定し、いよいよファッションショーを実現できる!と皆喜んだところで、蔵之介はスタイルの良いまややに注目する…モデルとしてふさわしいのではないか!と。
まややはもちろん拒絶、長い前髪で顔を隠している理由を語り始めるが、蔵之介もあきらめない。
三国志オタクのまややが、なんとモデルとしてランウェイに立つことに…!

番組情報

『海月姫』
毎週月曜午後9時放送

出演者:芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、木南晴夏、松井玲奈、内田理央、要潤、北大路欣也

原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)
脚本:徳永友一
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:小林宙
演出:石川淳一、山内大典
制作:フジテレビ/共同テレビ

©フジテレビ

「海月姫」オフィシャルサイト
https://www.fujitv.co.jp/kuragehime/

内田理央オフィシャルサイト
http://www.lespros.co.jp/talent/artists/rio_uchida/

「海月姫」原作