クレイジーな隻眼キャラ・生志摩妄(柳美稀)登場! 浜辺美波主演ドラマ『賭ケグルイ』第5話あらすじ&場面写到着

クレイジーな隻眼キャラ・生志摩妄(柳美稀)登場! 浜辺美波主演ドラマ『賭ケグルイ』第5話あらすじ&場面写到着

現在MBS、TBS深夜枠ほかにて放送中のドラマ『賭ケグルイ』より第5話のあらすじと場面写真が公開された。

本作は、河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画がアニメ化に続き実写化したもの。主人公・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)役に『君の膵臓をたべたい』の浜辺美波、鈴井涼太(すずい・りょうた)役に『散歩する侵略者』の高杉真宙、早乙女芽亜里(さおとめ・めあり)役に『嘘八百』の森川葵ら豪華若手俳優が集結している。

第4話では早乙女芽亜里(森川葵)がすべてを賭けて挑んだ生徒会役員の西洞院百合子(岡本夏美)との勝負に敗北。その対戦を見ていた蛇喰夢子(浜辺)は西洞院との勝負に応じることになるが、第5話ではいよいよ夢子VS西洞院の「生か死か」での勝負が始まる。果たしてまさに負ければ「死」に値する地獄が待っている勝負の行方は…?

そしていよいよ、個性派ぞろいの『賭ケグルイ』の中でも最もクレイジーな隻眼のキャラクター生志摩妄(柳美稀)も登場する。

ドラマ『賭ケグルイ』第5話は、MBSで2月11日(日) 深夜0時50分~、TBSで2月13日(火)深夜1時28分~放送。

【第5話あらすじ】
伝統文化研究会会長の生徒会役員、西洞院(岡本)と対戦することになった夢子(浜辺)。勝負するのは西洞院が芽亜里(森川)に4960万のマイナスを与えて葬り去った危険なゲーム「生か死か」。表面上は丁半博打とルーレットを掛け合わせたようなルールだが、それだけではなく、このゲームには文字通りプレイヤーを「生」か「死」、いずれかの末路へ導く恐ろしい仕掛けが秘められている。さらに、勝負の賭け金は4000万円。敗れれば、どん底への転落は必至。だが、興味本位で勝負を受けたかのように見えた夢子は、どこか様子が違っていた。芽亜里との勝負で西洞院が仕組んだ罠を見抜いているかのようだ。夢子は西洞院にこう言い放つ。「あなたは人間としては下の下」だと。生徒会役員への暴言に焦る鈴井(高杉)をよそにゲームは進行していく。そして、夢子が西洞院に勝負を仕掛けたとき、思わぬ来訪者が突如現れる・・・。

番組情報

ドラマ『賭ケグルイ』
2018年1月よりMBS、TBS深夜枠ほか にて放送!
<MBS> 毎週日曜 深夜0時50分~
<TBS> 毎週火曜 深夜1時28分~

出演:浜辺美波 高杉真宙 森川葵  他
監督:英勉『ヒロイン失格』『あさひなぐ』
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
主題歌:BIGMAMA/「Strawberry Feels」
オープニングテーマ:Re:versed/「一か八か」
©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS  

【STORY】
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、幕を開ける―!

オフィシャルサイト
http://kakegurui.jp/

『賭ケグルイ』原作