宮野真守、映画『ボス・ベイビー』の“エルヴィス・プレスリー”完全再現シーンに大爆笑

宮野真守、映画『ボス・ベイビー』の“エルヴィス・プレスリー”完全再現シーンに大爆笑

ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが夢の初タッグを組み、全米で2週連続第1位を獲得、全世界で540億円超え(8月29日付けBoxOfficeMojo調べ)を記録した『ボス・ベイビー』が、3月21日に日本公開される。

見た目は頬ずりしたくなるキュートな赤ちゃん、でも中身は人使いが荒く口の悪いおっさんが、弟として家にやって来たら……!? 世界中を笑顔にし、とびきり楽しく、そして最後はポッと心を温かくする“おっさん赤ちゃん”がいよいよ日本に上陸する。

日本語版では、ボス・ベイビー役をムロツヨシ、ボス・ベイビーに振り回される兄のティム役を芳根京子。大人になったティム役に宮野真守、兄弟の両親が務める会社のCEO、フランシス・フランシス役に山寺宏一。さらに、先日行われた日本語吹き替え版完成報告会見で、ティムの両親役が、乙葉とNON STYLE石田明に決定したことが発表された。人気、実力を兼ね備えた声優陣が集結することでも大きな話題を集めている。

そしてこのたび、宮野真守が、エルヴィス・プレスリーを完全再現(!?)した、衝撃&笑劇の本編映像を解禁された。

アメリカが生んだ20世紀を代表するロックスターであるエルヴィス・プレスリーに扮した男たちが、エルヴィス並みのキレの良さで次々とチケットを差し出し颯爽とラスベガス行きの飛行機の搭乗口へと入っていく様子から始まる本映像。するとそこに、エルヴィスに扮してはいるものの、なにやら怪しげな風貌の男が現れる。チケットの提示を求められ「盗まれた!」と訴えかけるものの怪しまれたため、隙をついて強行突破! 実はその怪しげな男の正体は、ボス・ベイビーとティム! なぜふたりは先を急ぐのか……!?

劇中では、何十人ものエルヴィスに扮した男たちが登場するが、そのすべてを演じているのが宮野。まるで本当のエルヴィスのように(!?)コミカルに演じる宮野に思わず笑ってしまう映像となっている。

大人になったティム役で、吹替えを務めることがすでに発表されていた宮野だが、今回エルヴィス役を務めていることが明らかに。エルヴィスを演じたことについて、宮野は「エルヴィス・プレスリーの大ファンの、エルヴィス・プレスリーに扮した男たちがたくさん登場します。そのすべてを、僕が演じています(笑)しかも、監督サイドからの『実際のエルヴィスは、実はこうだった』という演出のもと、あの喋り方になりました。出演シーンを観させていただきましたが……、自分でも爆笑してしまいました(笑)。ぜひ皆様にも思いっきり楽しんでほしいです!」とコメントを寄せている。


映画情報

『ボス・ベイビー』
3月21日(水・祝)全国公開
監督:トム・マクグラス(『マダガスカル』シリーズ)
キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミ ほか
吹き替えキャスト:ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、山寺宏一 ほか
配給:東宝東和
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.


映画『ボス・ベイビー』作品サイト
http://bossbaby.jp/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC