トップレベルの残酷さ! 山田杏奈主演『ミスミソウ』より衝撃の場面写真&メインビジュアルが解禁

トップレベルの残酷さ! 山田杏奈主演『ミスミソウ』より衝撃の場面写真&メインビジュアルが解禁

4月7日(土)より、新宿バルト9他全国順次公開となる、山田杏奈の主演映画『ミスミソウ』よりメインビジュアルと場面写真が解禁された。

本作は、押切蓮介ファンの間でも1、2を争う人気作でありネット上の“トラウマ漫画”系まとめサイト、掲示板等では必ず名前が挙がるほど認知度の高い作品を実写化したもの。壮絶なイジメを受けていた主人公・野咲春花役を演じる山田杏奈をはじめ、突然転校してきた相場晄役に清水尋也、クラスの女王的存在・小黑妙子役に大谷凜香などネクストブレイクが期待される若手女優・俳優が集結、『先生を流産させる会』などの少年少女を主人公としたクライムサスペンスの名手・内藤瑛亮が監督を務める。

今回解禁されたメインビジュアルには、雪上に赤いダッフルコートを身にまとった、報われないヒロイン・野咲春花を演じた山田の姿と「家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた」というキャッチコピーが添えられている。絶望に陥った彼女の行く末を漂わせながら、クラスメイトによるイジメ、家族の死など、壮絶な数々のシーンを経験している春花の気持ちを”目力”女優ならではの表情で見事に表現している。

また、原作ファンのなかでも強烈なインパクトを残し「このシーン、ちゃんと映っているか!」と期待が寄せられている春花の衝撃の一撃シーンで、手にした釘を思いっきり突き立てている姿、春花の家族が焼かれるショッキングなシーンが解禁された。近年の日本映画の中でもトップレベルの残酷さともいえる、壮絶なバイオレンスシーンは必見だ。

【STORY】
東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・

映画情報

『ミスミソウ』
2018年4月7日(土)より新宿バルト9他、全国順次公開


出演:山田杏奈
監督:内藤瑛亮 
原作:押切蓮介 「ミスミソウ 完全版」 (双葉社刊)
脚本:唯野未歩子 
制作プロダクション:レスパスフィルム 
配給:ティ・ジョイ
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分 
(R-15) 
オフィシャルサイトmisumisou-movie.com

©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会

『ミスミソウ』原作