30歳を目前にした2人の対照的な女性を描く香港映画『29歳問題』予告編&場面カット解禁

30歳を目前にした2人の対照的な女性を描く香港映画『29歳問題』予告編&場面カット解禁

5月よりYEBISU GARDEN CINEMAほか、全国にて順次公開される香港映画『29歳問題』の予告編映像と場面写真が解禁された。

本作は、女優・脚本家・演出家として香港で活躍するキーレン・パンの初監督作品。パン監督が12年間演じ続けた1人芝居の舞台劇『29+1』を自ら脚色し映画化したもの。まもなく30歳を目前にした2人の対照的な女性を主人公に描いており、同じ一つ歳を重ねるのでも、29歳から30歳になるのが特別な意味を持つ、というのは“万国共通”なのが分かる作品でもある。

主人公・ヨックワン役を『西遊記 はじまりのはじまり』のクリッシー・チャウ、ティンロ役を『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』のジョイス・チェンがそれぞれ演じている。

また、香港のアカデミー賞とも言うべき香港電影金像奨では、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞、音楽賞、歌曲賞、新人監督賞の計7部門へのノミネートを果たしており、香港映画の年間ベストテンに入る快挙も達成している。

今回、解禁となった予告映像は、多忙を極めながらも順風満帆に思えた日々にほころびが生じだし、人生の袋小路に入ってしまった“キャリアな29歳”ヨックワンの日常からスタートする。突然家を失い人生の壁にぶち当たった彼女に、「私の得意技よ。笑って乗り越える」というティンロの言葉が胸に響く感動的な映像となっている。

併せて解禁された場面写真では、2人の29歳が送る全く異なる日常が切り取られている。

【STORY】
2005年、香港。30歳を目前に控えたヨックワン(クリッシー・チャウ)。勤め先では働きぶりが評価されて昇進、長年付き合っている彼氏もいて、周囲も羨むほど充実した日々を送っている。が、実のところ、仕事のプレッシャーはキツいし、彼氏とはすれ違いがち、実家の父親の認知症も気がかりだ。そんなある日、住み慣れたアパートの部屋が家主によって売却され、退去を言い渡されてしまう。家主から紹介された仮住まい先は、女の子らしい小物でいっぱいの部屋だった。住人のティンロ(ジョイス・チェン)という女性はパリに旅行中。彼女の日記によると偶然にも誕生日が同じだが、そこに書かれているささやかな日常はヨックワンのものとはまったく違い…。

作品情報

『29歳問題』


5月、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
監督・脚本:キーレン・パン
撮影:ジェイソン・クワン
音楽:アラン・ウォン、ジャネット・ユン
挿入歌:レスリー・チャン、BEYONDほか
キャスト:クリッシー・チャウ『西遊記~はじまりのはじまり~』、ジョイス・チェン『コールド・ウォー 香港警察二つの正義』、ベビージョン・チョイ、ベン・ヨン
原題:29+1/2017年/香港/広東語/111分/字幕翻訳:鈴木真理子
提供:ポリゴンマジック
配給:ザジフィルムズ/ポリゴンマジック
© 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

映画『29歳問題』オフィシャルサイト
http://29saimondai.com/