稲垣吾郎、草彅 剛、香取慎吾、『JUNON』4月号に。「(20歳の頃は)今思えば、生意気だったし、トンがってた」

稲垣吾郎、草彅 剛、香取慎吾、『JUNON』4月号に。「(20歳の頃は)今思えば、生意気だったし、トンがってた」

お互いに長く続けていれば、こんな奇跡も起きるんです―― 。

『JUNON』4月号(2月23日発売)に、稲垣吾郎、草彅 剛、香取慎吾が16年ぶりに登場。10代から20代の彼らを取材してきた同誌だが、16年の歳月ぶん素敵な大人になった3人と、またあらたな絆を紡いでいきたいという思いから、その第1弾として60分のインタビューがほぼノーカットで掲載される。

草彅は特集の中で、JUNONに載っていた20歳の頃を振り返り、「今思えば、生意気だったし、トンがってたし、どうしようもないな、と思うんだけど、初々しさというか。最近、この歳になるとどこか“あの頃のことを忘れたくないな”って思ったりするんですよね。〜中略〜 去年に“新しい地図”を立ち上げて、いろんな新しいことに挑戦して、今こうやってまた縁が繋がって『JUNON』にも出してもらって、あの頃の気持ちの若さのままに、突き進んでる感じなのかな、今」と語っている。

さらに超特急は、春といえば卒業、ということで「卒業論」をテーマに登場。“卒業お悩み相談室”企画内では「親友と別々の大学に行くことになりました。友情を長続きさせるには?」という相談にカイが「友情って長続きさせようと思わなくても、ただ相手を思う気持ちがあれば自然と続くものなんじゃないかな。〜中略〜 “長続きさせなきゃ”って意識しちゃう時点で、その友情は本物なのか考えてみたほうがいい」と回答。そのほかにも卒業に関するお悩みにメンバーが親身に答えてくれている。

そんな今号の巻頭は福士蒼汰。映画『曇天に笑う』で熱すぎる&優しすぎる長男役を演じる福士は、「福士といえば“笑顔”のイメージがあります」というJUNONに「そう言われてみたら、いつも笑っているかもしれません(笑)。笑い上戸(?)だと思います。まわりの人たちは笑わないような、ちょっとした話でもひとりで笑ってるし、自分が話してるのに自分で笑っちゃうし」と笑顔を見せせたとのことだ。

そのほか、竹内涼真、宮野真守、中川大志、野村周平×新田真剣佑、三浦大知、西山宏太朗×梅原裕一郎etc.、さらには若手俳優の登竜門『第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』の応募用紙もついている。めくってもめくってもイケメンが止まらない『JUNON』4月号に注目だ。


『JUNON』編集部 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/junon_jp

『JUNON』オフィシャルサイト
http://www.shufu.co.jp/magazine/junon/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC