星野 源、「ドラえもん」MVで「恋」以来となるMIKIKO振り付けの“ELEVENPLAY”と再タッグ!

星野 源、「ドラえもん」MVで「恋」以来となるMIKIKO振り付けの“ELEVENPLAY”と再タッグ!

星野 源の話題騒然のニューシングル「ドラえもん」(『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌)のリリースがいよいよ2月28日に迫り、各CDショップ、Eコマースでは予約が殺到している。

そんななか、ついに『ドラえもん』のミュージックビデオ&特典DVDの予告編が、本日公開された。

■やってみたいけど難しすぎてできない!? 
ELEVENPLAYの濃厚なダンス
本作のミュージックビデオは、星野が「ELEVENPLAYのダンスが中心のビデオを作りたい」と企画し制作されたもの。「恋」以来となるMIKIKO振り付けによるELEVENPLAYと再びタッグを組んでのミュージックビデオとなった。

楽曲がスタートすると、どこかで見たことのある空き地から始まり、冒頭からワンピースを纏ったダンサー(ELEVENPLAY)が登場。2人、4人と増えていく中、サビで星野が登場する。また、思わず口ずさんでしまうサビの「どどどど…」の部分は、ついリズムに合わせて一緒に体を動かしたくなってしまう。

フスマやちゃぶ台、浴槽、シャワーといった、日本の日常の風景でありつつも、どこか不思議さを感じさせる空間で展開されるELEVENPLAYのダンスは、座ったり、寝転がったり、その空間を生かしたコンテンポラリーでスタイリッシュな、J-POPシーンでは見たことのない振り付けに仕上がっている。

華麗でユーモラスなダンスの中で歌う星野と注目のダンスを、ミュージックビデオでチェックしよう。

さらに初回限定盤に付属するDVD『ViVi Video』(読み:ビビ ビデオ)の予告編も公開! 約70分におよぶ特典映像では、星野 源のツアーでもおなじみ“ニセ明”が、世界進出のために制作した“PR映像”とそのメイキングに加え、2016年に開催された『テレビ朝日ドリームフェスティバル』での、ギター1本での弾き語りで披露された、レアな厳選ライブ映像が収録されている。おなじみの星野 源と友人によるコメンタリーも、もちろん入っており、コメンタリーを含めると約140分の大ボリューム。そのダイジェスト映像が予告編として、ミュージックビデオとともに星野 源のオフィシャルYouTubeチャンネルに公開され、シングル発売直前の予習として必見な映像となっている。

■MVは、ドラえもんの世界を彷彿とさせる個性豊かなセットにも注目!
ミュージックビデオに登場する美術は、ドラえもんの世界を彷彿とさせるような個性豊かなセットが実現。作品のアイデア&プロデュースは星野 源、映像の中に見られる細かな美術は、「恋」「Family Song」でもミュージックビデオのアートディレクションを手掛けた吉田ユニによるもの。監督は「SUN」「時よ」「恋」「Family Song」に続き、関和亮が行った。

楽曲だけでなくミュージックビデオにおいても、音楽ファンのみならず、すべての世代の「ドラえもん」ファンにはたまらない作品に。星野 源の“遊び”の要素がいたるところに散りばめられている「ドラえもん」のミュージックビデオをじっくりと楽しもう。


リリース情報

2018.01.10 ON SALE Blu-ray&DVD『Live Tour “Continues”』

2018.02.28 ON SALE SINGLE「ドラえもん」


映画情報

『映画ドラえもん のび太の宝島』
3月3日(土)公開
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018


11thシングル「ドラえもん」特設サイト
http://www.hoshinogen.com/special/doraemon/

TVアニメ『ドラえもん』番組サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/

『映画ドラえもん のび太の宝島』作品サイト
http://doraeiga.com/2018/

星野 源 OFFICIAL WEBSITE
http://www.hoshinogen.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC