沢尻エリカ×吉沢 亮、映画『猫は抱くもの』ティザーポスター解禁

沢尻エリカ×吉沢 亮、映画『猫は抱くもの』ティザーポスター解禁

6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて公開される沢尻エリカ主演作映画『猫は抱くもの』より、ティザーポスターが解禁された。

本作は、人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説(キノブックス刊)を実写化したもので、妄想好きのアラサ―女性”沙織(沢尻)と、“自分を沙織の恋人だと思い込んでいる猫”の良男の関係を描いたちょっと不思議な物語。猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢 亮。ファンタジー・テイストに溢れながらも、私たちが日々暮らすこの世界に新しい光を当て、より自分らしく生きるヒントをくれるハートウォーミングな1本となっている。

解禁となったのは、猫で埋め尽くされた“つゆだく”ならぬ”猫だく”なポスター。沢尻演じる沙織が唯一心を開く「猫の良男=」を優しく抱きしめる姿と自分を人間だと思い込み沙織に恋をする良男=吉沢が、猫のようにこちらをじっと見つめてくる、胸キュンカットを捉えている。

【STORY】
主人公の沙織(沢尻エリカ)は、とある地方都市のスーパーマーケットで働くアラサ―女性。かつてはアイドルグループ「サニーズ」のメンバーとして芸能界で活動していたが、歌手としては芽が出ず、すべてに嫌気が差して都会から逃げてきた。今の自分を好きになれず、周囲ともうまく馴染めない彼女にとって、心を許せる唯一の存在は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫「良男」(吉沢亮)。嬉しかったこと、哀しかったこと、腹が立ったこと…。すべてを受け止めてくれる「良男」に向かって、沙織は日々、妄想を交えながら語りかける。そして「良男」は、いつしか自分を人間だと信じ込み、恋人として沙織を守らねばと思い始める。そうやって過ごしてきた、こじらせた1人と1匹の日常にも、変化が訪れて…。

作品情報

『猫は抱くもの』
6月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー
監督:犬童一心『グーグーだって猫である』『ジョゼと虎と魚たち』
脚本:高田亮『そこのみにて光輝く』『オーバーフェンス』
原作:『猫は抱くもの』(大山淳子著・キノブックス刊)
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)/岩松了
制作:ADKアーツ
企画・配給】キノフィルムズ
©2018 『猫は抱くもの』製作委員会

オフィシャルサイト
http://nekodaku.jp