鈴木勝吾がゲスト出演! TVドラマ『御茶ノ水ロック』場面写真&あらすじ公開

鈴木勝吾がゲスト出演! TVドラマ『御茶ノ水ロック』場面写真&あらすじ公開

テレビ東京にて現在放送中のTVドラマ『御茶ノ水ロック』より第六話(2月21日(水)より放送)のあらすじと場面写真が公開された。

本作は、『男水!』を手がけたポリゴンマジック企画・制作による、TVドラマ&舞台連動企画の第二弾。子供の頃からの夢だった武道館ライブ実現を目指す兄弟の絆を描いている。兄弟役を演じるのは、佐藤流司と染谷俊之。そのほか、崎山つばさ、前山剛久、松本 岳、宮城紘大、砂原健佑、Chiyu、夛留見啓助、谷水 力ら豪華キャストが出演する。

第六話では、『侍戦隊シンケンジャー』や舞台『ピカレスクセブン』にも出演した若手実力派俳優・鈴木勝吾がイベントプロデューサー役でゲスト出演するほか、謎に包まれていた片山兄弟の過去のエピソードがついに明かされていく。

公開された場面写真では、鈴木演じるイベントプロデューサー荒巻がDYDARABOTCHのたまり場を訪れる様子に続き、母親の墓前で手を合わせる始、不敵な笑みを浮かべるDICのプロデューサー・亮、The DIE is CASTのスタジオ演奏シーン、片山兄弟が真剣な表情でベンチに腰かける姿など、今後の展開が気になるカットが公開されている。

【第六話 あらすじ】
ついに自分たちの自主制作アルバムを完成させたDYDARABOTCH。声の掛かっていたライブハウスのオーディションもうまくいった彼らは打ち上げをしよう、と話しているが、始(佐藤流司)はその飲み会を断って出掛けていく。同じ頃、亮(染谷俊之)はKAZUYA(谷水力)の加入によるDICの進化に満足しながら、ひとりで外へ。夕暮れの墓地で母親の墓参りをしていた始の元へやってきたのは亮だった。母の命日に再会した兄弟。「ちょっと付き合えよ」。亮は始に声を掛ける。

作品情報

『御茶ノ水ロック』

【TVドラマ版】
放送:テレビ東京 毎週水曜深夜 2:35〜
※放送時間は変更となる場合あり。
出演:佐藤流司、崎山つばさ、前山剛久、松本 岳、宮城紘大、砂原健佑、Chiyu、夛留見啓助、谷水 力、中西良太/染谷俊之
脚本:田中眞一   
監督:横尾初喜、直、畝田光記
企画制作:ポリゴンマジック 
製作:御茶ノ水ロック製作委員会
TVドラマ配信サイト:あにてれ

【舞台版】
『御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-』
公演日:3月30日(金)〜4月15日(日)全23公演
劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
出演:佐藤流司、崎山つばさ、前山剛久、谷水 力、松本 岳、宮城紘大、砂原健佑、Chiyu、夛留見啓助、菊田大輔、荒木宏文/染谷俊之ほか

ライブビューイング『御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-』
日時:4月15日(日)17:30開演
上映館:全国各地の映画館
チケット料金:3,600円(税込/全席指定)

【漫画版】
「月刊コミックジーン」にて連載

企画制作:ポリゴンマジック
製作:御茶ノ水ロック製作委員会
© 御茶ノ水ロック製作委員会

オフィシャルサイト
http://ocharoku.jp/

オフィシャルTwitter
https://twitter.com/ocharoku_pr