松坂桃李、“童貞”から“娼夫”にわずか1.5日で変貌! 映画『娼年』撮影当時を振り返る

松坂桃李、“童貞”から“娼夫”にわずか1.5日で変貌! 映画『娼年』撮影当時を振り返る

4月6日(金)より全国公開される松坂桃李主演の映画『娼年』より、娼夫・リョウについてのエピソードが到着した。

2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いた石田衣良の恋愛小説『娼年』。娼夫である主人公リョウと、様々な女性たちのセックスを美しい筆致で描きながら、女性たちの欲望、そしてその近くにある心の傷を優しく肯定する内容は多くの女性の共感を得た。さらに、2016年8月には三浦大輔演出、松坂桃李主演で舞台化。俳優陣が観客の目の前で一糸まとわず“表現”するというセンセーショナルな内容で話題騒然となり、全公演即ソールドアウトの伝説の舞台となったことも記憶に新しい。

そして遂に、舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化。優しく繊細な心理描写と、俳優陣が全身全霊を傾け、極限まで挑んだ本作は、「“性描写”に関しては一切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂が、「舞台同様、無になりました」と語るように、監督、スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品に仕上がっている。

実は、ドラマ『ゆとりですがなにか』のスペシャルドラマ『ゆとりですがなにか純米吟醸純情編』(日本テレビ系)クランクアップ後、そのわずか1.5日後に本作の撮影が開始された。つまり、松坂は“童貞”から“娼夫”に1日半でシフトチェンジしたことになる。たった1.5日後のクランクインに驚くと、松坂は「舞台をやっていたので、リョウはすでに自分の中にあったのが大きかったです。流れも把握していましたし。だからこれだけ濃い作品に1.5日でクランクインできたのだと思います」と振り返る。舞台の感覚をとり戻すというより、「『娼年』の映画化の話を聞いた時から頭の片隅にずっとあり、モチベーション、スタンスの準備はしていました」と話し、続けて「今回は、その1.5日の間に渋谷に移り住んだんです。環境を変えました。撮影期間中(約3週間)はずっと渋谷のビジネスホテルに住んでいました。この作品は、その日の撮影での熱量を次の日も冷まさない状態に保ちたかったのですが、家に帰ると好きなマンガやゲームがあってリフレッシュしてしまうので、半ば強制的に自分を追い込むためです。撮影場所も渋谷が多かったですし」。さらに、「自宅から通ったら、現場に行っていなかったかもしれません。撮影があまりに過酷で…。この作品を身近なところに置く。それが重要でした」と、撮影現場を振り返った。

30代を見据え、難役もいとわず走り続ける松坂が、「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語る本作でどんな景色をみせてくれるのか注目だ。

【STORY】
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が会員制コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 
入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

作品情報

『娼年』
4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

出演:松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子
脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

オフィシャルサイト
http://shonen-movie.com/

オフィシャルTwitter:@shonen_movie

『娼年』原作