猪野広樹、初出演に緊張の色なし。舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格~囲み取材レポート

猪野広樹、初出演に緊張の色なし。舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格~囲み取材レポート

大人気作品、舞台『弱虫ペダル』の新作公演、舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~のゲネプロが3月1日に行われた。

舞台版第12作目となる今回描かれるのは、手嶋純太と泉田塔一郎がそれぞれ総北高校、箱根学園の主将になって迎えるインターハイの2日目。前年総北に敗れ、その屈辱を果たすべく王者復活を狙う箱根学園と、前年見事優勝し、1番のゼッケンを獲得した主人公・小野田坂道をはじめとした総北高校、能力が未知数の新メンバーを迎えさらに力を増した京都伏見がぶつかり合い熱い戦いを繰り広げる。

会場に入ると、まず天井に吊られた3台の自転車と自転車のチェーリングが組み込まれた大型のセットが。主人公である小野田の大好きなアニメ「ラブ☆ヒメ」の主題歌が流れると、いよいよ舞台が始まる。

今回の大きな見どころのひとつとなるのが、箱根学園の主将である泉田と、レース開始直前でメンバー入りが発表された京都伏見の能力未知数の1年生選手・岸神小鞠によるスプリンター対決。前年のインターハイ1日目に自分が総北に負けたことが前年の箱根学園の大きな敗因と考えていた泉田が、1年間ずっと抱え続けてきた痛みと苦しみを背負い、ゼッケン獲得を目指す。“筋肉フェチ”という異色のキャラクターである小鞠も脅威の走りを魅せ泉田を追い込んでいく。

一方、1日目に箱根学園に敗れた総北高校は、22日目序盤からペースが落ちた1年生の鏑木一差が仲間から遅れてしまうという困難に見舞われていた。あとから気づいた手嶋が悩んだ末にインターハイを残りの5人で走りきると決断するが、同じく3年の青八木一が「少し用事を思い出した」と後方の鏑木を迎えに行ってしまう。また、先頭集団では今泉も葛藤していた。“一瞬の判断で勝負が決まる”というロードレースの世界で下した自分の判断に自信が持てず、どんどん悪くなっていく状況に自分の選択が間違っていたのだと自分を責め始めてしまう…。

ハンドルだけを手に走るという斬新な技法と役者の熱量、“パズルライドシステム”を駆使することで見事に自転車の滑走感とまるでその場にいるような臨場感を表現した同作。演出・脚本の西田シャトナーならではの遊び心満載のコミカルなシーンも入り、見ごたえたっぷりの内容となっている。

初日挨拶は以下の通り。
 

■醍醐虎汰朗

今作はこれまでに増して自転車をこぐ量が増えるので、“ペダステ”ならではの熱量というものがいつも以上に感じられるとても熱い舞台に仕上がったんじゃないかなと思います。また、実は今回初めて導入された各キャラクターごとの“決め技”のような魅せるシーンがありますので、それも楽しみにしてもらえればと思います。

■猪野広樹

僕は今作からの参加なんですけど、この座組みは役者同士個々でたくさんの話し合いが行われていたり、『ここをこうしよう』と全員が能動的に動いていたり、座組み全体としてのチームワークがとても高いなと感じました。それもあってシンプルに面白い作品になっていると素直に感じています。個人的には自分の采配で勝敗が決まるという責任を背負った今泉の葛藤にも注目していただけたらと思います。

■百瀬朔

今回サブタイトルが『箱根学園王者復格(ザ・キングダム)』ということで、最初にそれを聞いたときには『総北の僕は出ないんじゃないかな』と思いました(笑)。でも実際は箱根学園(ハコガク)の物語である一方、インターハイ1日目で箱根学園に敗れた状態で2日目に挑む総北の葛藤なども描かれていて、いろいろな目線から楽しめる作品に仕上がったと思います。また、個人的にはずっとこの作品を引っ張ってきた泉田塔一郎役のたぁちゃんがここにきてスプリンター対決をすることにすごく感じるものがあるので、皆さんもそういうところまで楽しんでいただければと思います。

■河原田巧也

今作では、ストーリーの中で昨年のインターハイを振り返る場面が多いなと感じています。今残っているキャストだと僕と水田信行役の桝井賢斗、パズルライダー監督で山口紀之役の一瀬悠は昨年のインターハイを経験しているので、インターハイを振り返るシーンでは当時そこにいたひとりとしてしっかりと当時の空気をお客さまに感じていただけるようにしたいです。また、“ペダステ”はシャトナーさんを筆頭にそれぞれがすごくクリエイティブで新しいことを見つけていこうという姿勢をすごく感じる座組みだと思うんですが、今回もたくさんいろんなことに挑戦してますのでそこにも注目していただけたらと思います。

■飯山裕太

僕は今作で“ペダステ”に出演するのが4回目になるんですけど、今作ではインターハイという大きな舞台で小野田坂道と一対一で初めてバトルをすることになります。泉田と岸神小鞠のバトルもそうですけど、チーム同士のバトルの他にも個人個人の熱いバトルが繰り広げられているので、そちらも楽しみにしていただきたいなと思っております。現実の世界ではまだ春前で寒いですが、劇場に足を運んでくださればいつでも真夏のインターハイで汗を流す選手たちを見ることができますのでぜひみなさん会場にお越しください。

 公演情報

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~

東京公演:3月2日(金)~3月11日(日) 東京芸術劇場
神戸公演:3月16日(金)~3月18日(日) 新神戸オリエンタル劇場

原作:渡辺 航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
演出・脚本:西田シャトナー
音楽:manzo
出演
〈総北高校〉
小野田坂道 役:醍醐虎汰朗
今泉俊輔 役:猪野広樹
鳴子章吉 役:百瀬 朔
手嶋純太 役:鯨井康介
青八木一 役:八島 諒
鏑木一差 役:原嶋元久
古賀公貴 役:本川翔太

〈箱根学園〉
泉田塔一郎 役:河原田巧也
葦木場拓斗 役:富永勇也
黒田雪成 役:伊藤澄也
真波山岳 役:杉山真宏
銅橋正清 役:兼崎健太郎
新開悠人 役:飯山裕太

〈京都伏見〉
御堂筋翔 役:林野健志
水田信行 役:桝井賢斗
岸神小鞠 役:天羽尚吾
山口紀之 役:一瀬 悠

原作

弱虫ペダル
著者:渡辺航
出版社:秋田書店
ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!


公式ホームページ
公式ブログ
公式twitter