綾戸智恵、映画『坂道のアポロン』PRイベントで大暴れ。ディーン・フジオカのイケメンぶりに「あんたは顔や!」

綾戸智恵、映画『坂道のアポロン』PRイベントで大暴れ。ディーン・フジオカのイケメンぶりに「あんたは顔や!」

漫画家・小玉ユキによる伝説のコミックを原作とする映画『坂道のアポロン』が3月10日に全国公開。

その直前の3月7日に、東京・スペースFS汐留にてPRイベントが行われ、主演の知念侑李、共演の中川大志、小松菜奈、ディーン・フジオカ、三木孝浩監督が登壇。さらに本作に感激したジャズシンガーの綾戸智恵もゲスト登場した。

孤独な青年・薫(知念)が転校先の高校で、一生ものの友情と恋、そして音楽と出会ったことから、自らの人生を切り開いていく10年を描いた本作。

ピアノに挑戦した知念は、綾戸から「セッションは幸せそうだったね」と言われると「セッションは幸せだったよね」と中川と頷き合う場面も。中川のドラム演奏にも綾戸は大感激で「あのプレイには驚いた。日本映画における若手俳優の前進を見た。日本の音楽映画はアメリカ映画に比べたらぬるいと言われていたが、リアルさは怖いくらいすごかった。うれしそうな顔して叩いていたなぁ」と大絶賛。

プロからの太鼓判に中川は、「うれしい。ジャズを愛されている音楽のプロの方からお言葉をいただいて」と練習の苦労も報われた様子だった。

そんなふたりへの絶賛にトランペットでセッションに参加したディーンは「僕も楽器を弾いていたんですけど……」とポツリとつぶやくと、綾戸は「あんたは顔や! 見てると鼻の下が伸びちゃった!」とディーンのイケメンぶりにノックアウトされながらも「しゃれた兄ちゃんやで! 時代感覚も出ていたし、キャスティングはハナマル!」とすっかり本作を気に入った様子。さらには「ジャズ喫茶のおばちゃん役でもいいから出たかったな~」と悔しがっていた。

そんなディーンは、撮影のためにトランペットを猛特訓し「メンバーの中ではいちばん怪しかった。めちゃくちゃ練習しました。でも本番前に生音でセッションしたときは形になっていたので、すごく楽しかった」と振り返ると、綾戸は「それがええねん! クールやねん! わかるやろっ!?」と猛プッシュ。

そんなセッションを目の前で目撃していた小松も、「いちばん前で生音が聴けて感動。自然と涙がボロボロと出てくる感じだった。自分も体を揺らしてしまうくらい楽しかった。幸せな時間でした」と感激していた。

また観客にどんなポイントに感動したかを「恋」「音楽」「友情」のパネルを配って調査。客席は「友情」派が多く、ラブシーンに挑んだ知念は「恋が意外と少ないな……」とポツリ。小松は、教会で知念と中川がオルガンを弾くシーンを見どころに挙げて「そのシーンでのふたりが、すごく美しくて。キスしそうなところとか……複雑だった」と振り返ると、中川も「あの名前を呼ぶところね。見つめ合いがね~」となぜかドギマギ感を予告していた。

最後にピアノを猛特訓した知念は「楽譜も読めないので、必死に覚えてやるしかないという感じだった」と熱の入れようを明かし「あと3日で公開というのが早いしドキドキ。皆さんには“恋” “友情” “音楽”と見どころを選んでもらいましたが、皆さんには応援サポーターになってもらい、映画の感想をSNSなどで書いて、広げてほしいです」と迫りくる初日に向けて、さらなる盛り上がりを期待した。


映画情報

『坂道のアポロン』
3月10日(土)全国ロードショー
出演:知念侑李 中川大志  小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹 中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩
脚本:高橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
(C)2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会

※「高橋泉」の「高」は、はしごだかが正式表記。


映画『坂道のアポロン』作品サイト
http://www.apollon-movie.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC