岩田剛典が『AERA』表紙に初登場。撮影は蜷川実花「グループの人気という後ろ盾がなくても勝負できる自分に進化したい」

岩田剛典が『AERA』表紙に初登場。撮影は蜷川実花「グループの人気という後ろ盾がなくても勝負できる自分に進化したい」

映画『去年の冬、きみと別れ』(3月10日公開)で映画単独初主演を果たした岩田剛典が、ニュース週刊誌『AERA』3月19日増大号(3月12日発売)の表紙に登場する。

写真は同誌表紙フォトグラファーの蜷川実花の撮り下ろしとなる。

岩田剛典は、今回がアエラの表紙初登場。EXILE、三代目 J Soul Brothersのメンバーとして活動しながら、 俳優としても数々の映画やドラマに出演してきたが、今回、『去年の冬、きみと別れ』に単独主演し、「人間の裏と表をあぶり出す芝居」にチャレンジしたことで、「見える世界が変わった」と言う。

「グループの人気という後ろ盾がなくても勝負できる自分に進化したい」と話す岩田。中面のインタビューでは、今回の作品に込めた思いや役者としての覚悟について、たっぷり語っている。

表紙同様、蜷川実花が撮り下ろしたインタビューページのポートレートも必見だ。


雑誌情報

『AERA』2018年 3/19 増大号
発売日:3月12日
定価:410円(税込)


映画情報

『去年の冬、きみと別れ』
3月10日(土)全国ロードショー
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路
出演:岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE) 山本美月、斎藤工 ・ 浅見れいな / 北村一輝
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)中村文則/幻冬舎


映画『去年の冬、きみと別れ』作品サイト
http://fuyu-kimi.jp

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC