EXILE/三代目JSB・岩田剛典、映画『去年の冬、きみと別れ』舞台挨拶で泣く。「まいったな…」

EXILE/三代目JSB・岩田剛典、映画『去年の冬、きみと別れ』舞台挨拶で泣く。「まいったな…」

1秒も目を離せない先読みできない展開。映画全編に緻密に張り巡らされた伏線の先に待ち構える、驚愕の結末。『教団X』で知られる芥川賞作家・中村文則による『去年の冬、きみと別れ』は、中村サスペンス最高傑作との呼び声高く、目の肥えた書店員たちに、「この小説は化け物だ」と言わしめた衝撃作だ。

主演は大ヒット作『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で華々しい役者デビューを飾った岩田剛典。従来のイメージを180度覆しかねない強烈なキャラクター=耶雲恭介は、彼の代表作になること必至。狂おしいまでに一途な愛に生きる主人公を体現した。美しい婚約者=松田百合子には山本美月。耶雲の取材ターゲット=木原坂雄大には斎藤工。その他、北村一輝、浅見れいな、など最高のキャスト陣が集結した。

そして、3月10日、丸の内ピカデリーにて初日舞台挨拶が実施された。

【すべての人がこの罠にハマる!ダマされる!】と、日本中をダマし続け、満を持して迎えた公開初日。盛大な拍手の中、舞台挨拶に登場したのは主演の岩田剛典を始め、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳(かほ)、北村一輝ら豪華キャスト陣と監督を努めた瀧本智行。

「本当に、こうして初日を迎えることが出来て万感の想いです。キャスト・スタッフ一丸となって作り上げた渾身の作品です」と岩田。山本も「取材でネタバレになるので、何も話せないと話していたので、今日からたくさんの人と秘密を共有できてうれしいです」と公開を迎えた喜びを露わに。

斎藤は「この映画の後味というのは本当に味わったことのない、映画的に爽快で痛快な喪失感を持った作品です。映画が大好きな人間として、この作品に出会えたことをうれしく思っています。己に秘めると言うよりも、秘めながらも周りと共有する喜びを持ってもらいたい映画です」とコメント。浅見は「それぞれのキャラクターがいろいろな感情を持って、伏線が重なり合ってひとつのストーリーになっています。この映画の世界観にどっぷり浸かってもらいたいです」と語った。

そして、この作品のいちばんの鍵を握る役柄、岩田演じる耶雲がスクープとして目をつけた、斎藤演じる木原坂が容疑者として逮捕された猟奇殺人事件の<被害者・吉岡亜希子>という物語のいちばんの鍵を握る役どころを演じた土村は、本日が本作のイベント初登壇。「これから映画を観る皆さんの前にこうして立っていていいのかと、若干心配があります(笑)。皆さん、本当に取材やイベントで苦労されたんだなと今、舞台に立ってやっと理解しました」と少し緊張を見せながら挨拶。

北村は「三代目J Soul Brothersの北村です」と冗談を飛ばし笑いを誘いながらも、「ダマサれる・ダマサれない以外にも、映画をじっくり観ていただいて(映画で描かれる)人間という物を楽しんでもらいたいです」と序盤から舞台挨拶を盛り上げる。

全編に渡り緻密な伏線が張り巡らされ、登場人物たちは秘密ばかり。演じたキャストたち自身もこの映画の完成形を「予測できなかった」と口々に。「個人的にはこの作品は、監督のみぞ知ると言いますか。監督の頭の中だけに、この映画の設計図があって、僕はもうその監督の設計図にいかにフィットさせていくかということしか考えてませんでした。脚本だけでも面白いのですが、僕は脚本を読んでもこれが映像化されたらどうなるのか、まったく想像できませんでした」と岩田。「あまり現場でモニターを観ることもなかったですし、こんな光で撮ってたのかと完成した映画を観て驚きました」と山本も続けた。

斎藤は「顔合わせの際に、監督が役者たちの声のトーンを、オーケストラのリハーサルのようにトーンを合わせていって。音を軸にこれから作っていくものを幻聴していくというか…そんな姿が印象的でした」と振り返る。「脚本を読んだときも、こういうことになるんだと思ったのですが、それを初めて映像としてみたときは、もう一回、もっと衝撃的な気持ちになりました」と浅見。土村は「文字で読んだ時と、映像で観たときとで、伝わってくることの量や重さや数が違っていて。いろんな目線から何度も見直して楽しめるんじゃないかなと思いました」と語る。

そんな中、他のキャストと同様に完成形が予測できなかったと話しながらも、明るく笑いを誘う北村について、岩田は「撮影現場でもこんな感じでした(笑)」と話し、斎藤からは「一度だけ、北村の兄貴がメンズ3人の宴を用意してくださって…その宴のあとで岩田さんと北村さん2人の、とんでもない壮絶なラストシーンが生まれたということには、鳥肌がたちましたね」と名シーン誕生秘話を披露。

緻密な計算の元、全編を通してていねいにかつ美しく描き切り、その手腕の元、“映像化不可能”と言われていた原作を鮮やかに演出した瀧本監督は、そんなキャストたちの赤裸々なコメントを受け「僕もわかりませんでしたよ(笑)」と告白。「映画って生き物なので、現場で役者がどんな演技をするかなんて、予測できないんですよ。逆に自分のイメージどおり、予測どおりだとつまんないんですよ。想像していたものの上を行ってもらっていて。皆さん(映画の鑑賞者たち)よりも先に、僕はこの映画を観ている“最初のお客さん”なんですよ。僕の心が揺すぶられれば、お客さんの心をつかめると信じていますから。本当に予測不能でした」と撮影を振り返りながら語った。

予断を許さないストーリー展開に随所に仕掛けられたトリックと、まさに<予測不能!サスペンス>である本作にちなみ、公開を記念して【予測不能!クイズ】に登壇者たち全員で挑戦! いちばん多く外した人には「恥ずかしい秘密を公開する」という罰ゲームを準備。「本作のエンドロールに出てくる、お名前と団体名の合計は全部でいくつでしょうか?」等の問題が出題され、それぞれ<自分の秘密>を懸けてクイズに臨み、その戦いは大白熱!

そして最後の問題には<3月10日にかけて正解者には”310ポイント”加点>の特別ルールが。しかし、答えを披露してみると、なぜか岩田だけが不正解。実はこのクイズ、岩田が負けるように仕掛けが。「え!? おかしいだろ!(笑)」と不思議そうな表情を浮かべる岩田。しかし、<秘密の公開>が行われるかと思いきや、その罰ゲームもダマし! 岩田が<初日もダマサれる>という予測不能! な展開に。

封筒の中身は、滝本監督から岩田への手紙。熱演を高く評価している瀧本監督からのメッセージを受け取り、「うれしいです…」と岩田の目には涙が。<耶雲>という男を忠実に体現するために、自らプライべートの楽しみも断ち、真摯に全身全霊に作品へと打ち込んだ岩田。「監督と一緒にやれて良かったです。瀧本監督と出会いが本当に…まいったな…」と駆け抜けた日々に思いを巡らせ、感激で言葉を詰まらせながら「また、監督と一緒にいつか作品でご一緒できるまで精一杯、義を磨いて役者として成長した姿を見せたいなと改めて想いました」とコメント。2人の積み重ねた濃密な時間が垣間見える、感動の瞬間が訪れることとなった。

岩田、そして監督始め、他キャストらにも込み上がった熱い想いは会場全体に伝わり、笑いを交えた初日ならではの晴れやかな雰囲気から、まさかの感動の涙へと繋がる“予測不能!”な舞台挨拶へと一転した。

最後は「瞬きせず、ひと目も離さず全編を観ていただきたいなと思っています。この作品が伝えたいメッセージは、人間の不思議さと言いますか。愛だったり憎しみだったり、人間が持ついろいろな感情というものが描かれ、<愛する人のために人はどこまで変われるのか>というのが、ひとつのキーワードであると。究極の純愛を描いている作品でもあります。家に帰って家族だったり、ご友人だったりに広く伝えていただきたいです」との岩田の熱い想いが込められたメッセージが贈られ、舞台挨拶は終了。

張り巡らされた罠。真実を目撃したとき、あなた自身が巨大な罠にハメられていたことに気づき、そして、映画のタイトルの本当の意味を知ったとき、立ち上がれないほど、心震える――。観る人すべてが、ダマされる!予測不能!サスペンス『去年の冬、きみと別れ』は大ヒット公開中だ。

【監督から岩田へのメッセージ内容】
あなたはスマートな見かけによらず、不器用な人です。クランクイン前から、本読み、リハーサル、カメラテストと何度も芝居の稽古を繰り返しました。僕はたくさん要求し、たくさん注文しました。器用な役者ならすぐできることにも、時間がかかりました。
きっとあなたは、人知れずプレッシャーと闘いながら、もがき、あがき、苦しんだのだろうと思います。一つひとつの台詞、一つひとつの仕草、何より恭介という役をどうにか自分のものにしようと、愚直に、ひたむきに向き合ったのだろうと思います。
撮影が進むうち、あなたは次第に恭介の顔になっていきました。いつからかあるオーラを纏うようになりました。その変貌ぶりに僕は驚きました。心を揺さぶられました。
人より時間がかかったかもしれません。でも、だからこそ、あなたはほかの誰にも真似のできない魅力的な主人公を作り上げたのだと思います。
僕がまだ駆け出しの助監督だった頃、ある大先輩からこう教わりました。
「器用な奴はすぐに答えに辿り着く。でも、不器用な奴しかその先までは辿り着けない」
あなたを見ていて、そんな言葉を思い出しました。
今後も、「その先」に向かって、もがき続けてください。
お疲れ様。ありがとう。

映画情報

『去年の冬、きみと別れ』
3月10日(土)全国ロードショー
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路
出演:岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
山本美月、斎藤工 ・ 浅見れいな / 北村一輝
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)中村文則/幻冬舎

書籍情報

『映画 去年の冬、きみと別れ ビジュアルブック』
発売日:3月1日(木)
価格:本体730円+税
文庫判 / ソフトカバー / オールカラー / 208 ページ


映画『去年の冬、きみと別れ』作品サイト
http://fuyu-kimi.jp

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC