『ちはやふる-結び-』など、5本の公開作品が控えブレイク中の佐野勇斗。10代最後の魅力を凝縮したカレンダーを発売!

『ちはやふる-結び-』など、5本の公開作品が控えブレイク中の佐野勇斗。10代最後の魅力を凝縮したカレンダーを発売!

一昨年のドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)で、物語のキーパーソンとなる、ミステリアスな青年役を演じて話題となり、現在、若手ネクストブレイク株の筆頭、佐野勇斗が、初めて単独ソロカレンダー『佐野勇斗カレンダー 2018.04-2019.03』を発売し、3月11日、福家書店新宿サブナード店にて、発売記念イベントが行われた。

今作は、32ページにわたるブックスタイルの壁掛けカレンダーで、19歳、10代最後の貴重な今の魅力を凝縮している。ボーカルダンスユニット“M!LK”の時とはひと味もふた味も違う、“俳優・佐野勇斗”にフィーチャーし、ナチュラルで等身大、繊細さと大胆さ、根っからの明るさと、ふとした時に見せる憂いの表情など、1枚1枚を抒情的に、その瞬間を収めたカレンダーだ。

カレンダーに収められているカットの中から、佐野本人のお気に入りを披露した。

お気に入りを選んだ理由を訊かれ、「僕は、あまり(ヘア)バンドをしたことがなく、20歳になったら、かわいいことは卒業していこうかなと思うので、ちょっとかわいげのある僕っていいなと思って選びました」とはにかみながらのコメントだった。

本人お気に入りの写真 「佐野勇斗カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

カレンダー撮影中の思い出として、「マザー牧場で撮影させていただいたのですが、そこにアルパカがいて、それがモフモフでかわいくて、そのアルパカと一緒に撮った写真がすごく僕のいい表情で撮れてるのでチェックしてほしいです」と答えていた。カレンダー全体を通して、セクシーでクールな写真が多い中、アルパカとの写真は、19歳の佐野のやわらかい表情になっている。

3月23日で20歳を迎える佐野。20歳になっての抱負として、「20歳になったら、海外に行きたいです。昔から海外の文化へ憧れがあるので、いろいろな国を見てみたいです。まずはイタリアに行って、ピザを食べたいと思います」と、世界の文化に触れたい意欲をみせてくれた。

「佐野勇斗カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

カレンダーができ上がった心境を訊かれると、「M!LKではカレンダー出したことがあるんですが、僕1人のカレンダーを買ってくれる人いるのかな?と不安な気持ちが多かったですけど、撮っている時はすごく楽しかったです。毎月毎月違う表情の僕を見ていただけたらなと思います」と不安も抱えながらも、充実した撮影だったことがうかがえた。

今後、仕事面のチャレンジしたいこととしては、「俳優業1本に絞りたいとかいうことは全くなく、いろいろな…俳優業だったり、音楽の活動、バラエティーとか本当に自分の引き出しを増やしていきたいなと思います」と幅広い活動から、自身の成長につながる現場を求めていきたいという意思を感じるコメントだった。

「佐野勇斗カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

佐野は、ドラマ『トドメの接吻』(NTV)に続き、来週公開される映画『ちはやふる-結び-』をはじめ、『羊と鋼の森』(6月8日公開)、『3D彼女 リアルガール』(今秋公開)など、2018年に続々と映画公開が控えている。さらに、2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこによる人気コミック『青夏 Ao-Natsu』の実写映画(8月1日に公開)に、葵わかなとのW主演で出演することが先日発表されている。
その主演について訊かれると、「いろいろな事務所の先輩を見てきて、その先輩方に憧れて僕はこの業界に入ったので、その先輩方に少し近づけたかなといううれしい気持ちもありますが、主演ということは大きなものを背負わなきゃいけないなと思うので、そういった意味では不安も大きいです」と複雑な心境を披露していた。

最後に、「10代最後の僕のいろいろな表情が見れると思うので、毎月毎月いろいろな表情の佐野と過ごしてください」とアピールし、会見は終了した。

イベントには約1500人のファンが集結、そして2018年はドラマに加え、5本の映画公開を控える大注目の佐野勇斗。10代最後の貴重な瞬間がパッケージされた『佐野勇斗カレンダー 2018.04-2019.03』は現在発売中。

佐野勇斗カレンダー2018.04-2019.03

「佐野勇斗カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

発売中
撮影:樽木優美子
価格:¥2,500+税
発売元:東京ニュース通信社