今年一番の事件となる映画『娼年』。松坂桃李ほか主要キャストが一堂に会した完成披露舞台挨拶!

今年一番の事件となる映画『娼年』。松坂桃李ほか主要キャストが一堂に会した完成披露舞台挨拶!

2001 年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016 年の舞台と同じ松坂桃李×三浦⼤輔のコンビで映画化され、4月6日(金)全国公開される。公開に先立ち、完成披露上映会が行われ、上映前に松坂桃李をはじめ、総勢13名となる主要キャスト、監督が一堂に会した。

映画『娼年』は、退屈な日常を送る20 歳の⼤学⽣・森中領(リョウ)が、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に誘われ“娼夫”となる。リョウはさまざまな女性たちと身体を重ねながら、彼女たちの⼼の奥に隠された欲望や⼼の傷を優しく愛し、自らも少しずつ成⻑していく。原作の魅力をそのままに、美しくも鮮烈な愛のドラマとなっている。

登壇し、まず“娼夫”となるリョウを演じた松坂は「今日をきっかけに、この『娼年』という作品が初日までにどれだけ広がるかということが、皆さまにかかっています。楽しんで下さい。」と挨拶。続いて、女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のオーナー“静香”を演じた真飛聖は、「全員で心をこめて大切に作り上げました。これからご覧いただいて、その想いを受け止めていただけたらうれしいです。」と挨拶。謎の美少女“咲良”を演じた冨手麻妙は「撮影はちょうど1年くらい前で、こうやって初めて皆さんにこの映画『娼年』を観てもらえる日を迎え、今日という日を楽しみにしてました」とコメントした。

松坂桃李

真飛聖

冨手麻妙

そこからは松坂演じるリョウと向き合った女性キャストの挨拶と役どころの説明へ。

同級生・白崎恵を演じた桜井ユキ「リョウと進也(小柳友)の大学の同級生役で、後にリョウを買う役どころです」。

桜井ユキ

イツキを演じた馬渕英里何「イツキは、ちょっと変わった性癖を持つ、普通の行為では満足できない女性の役です」

中央:⾺渕英⾥何

荻野友里「主婦役を演じさせていただきました。旦那さんとのセックスレスに悩む主婦の役なのですけど、私だけ名前がないというか…主婦というイメージの役名ですけど、たくさんの主婦の方の象徴的な役なのかなと思いつつ演じさせていただきました」

荻野友⾥

大谷麻衣「ヒロミはどこか満足した日常に飽きて、刺激を求めるつかみきれないミステリアスな女性を演じさせていただきました。そんなヒロミがリョウ君に出会って、人間味が垣間見れる一瞬もあるので、上映でお楽しみください」

大谷麻衣

佐々木心音「西岡さんの妻・紀子役を演じさせていただきました。とてもゆがんだ、不思議な愛情表現を持つ夫婦でして、楽しくセックスさせていただきました。お楽しみください。」

中央:佐々木心音

舞台にも出演していた江波杏子「申し訳ありません、このようにお若い方々ばっかり(笑)。私は老女、老女の役を老女優が演じました。そろそろ私も、暖簾を下ろそうかなと思い悩んでいるところに、このお話をいただいて、“えっ!”って、びっくりしました。濡れ場がある(笑)。舞台でご一緒させていただきました。これで終わりかなと思いきや、映画!映画だったらアップになったりする、全部しわがばれちゃうな、と。でも老女だから…考え方を変えて、老女そのままでやらせていただきました。松坂さんごめんなさいね。松坂さん、三浦監督のかもしている現場はあたたかくて、ときどきひやっと怖いけど、演じている最中に看板を下ろそうという気持ちを溶かしてくれました。希望に満ち満ちました。ありがとうございました」

中央:江波杏⼦

リョウが務めるNo.1娼夫・平戸東を演じた猪塚健太「僕のとってもすごく思い入れがある東という役を演じさせていただき、うれしく思ってます。みなさん、今日は忘れられないひと時をお過ごしください。」

猪塚健太

リョウの中学の同級生でホストクラブに勤める田嶋新也を演じた小柳友「田嶋を演じさせていただきました。(今日は)意外と女性が多いのがびっくりしています。お若い方々は刺激的かなと思いますが、僕自身も好きな作品に出れたと思えたので、楽しんでください」

⼩柳友

泉川を演じた西岡徳馬「美しい若い女性の夫、謎の車いすの男を演じました。なんだかよくわからない男で、よくわからないうちに撮影がはじまって、わかないうちに終わっていました。三浦監督の魔術に引っかかったような感じで、どうか皆さん笑ってやってください」

中央:⻄岡德⾺

監督した三浦は、「皆さんにお披露目する最初の機会ですので、期待と不安でいっぱいです。」とそれぞれコメントした。

三浦大輔監督

数十分後に作品を披露するという今の気持ちを訊かれた松坂は「緊張や期待、不安もありますが、この作品で何かあったら、僕のせいでもあるんですけど、三浦さんのせいでもあるんで(笑)。そういう責任を割り勘しようという意識の中で、舞台から映画をやってきたので、このメンバーだったらこわいものないですね」と作品への充実感を語っていた。

撮影は入念なリハーサルを行い、今までにない性描写の表現とリョウの人間ドラマが両立した秀逸な作品に仕上がっている。そこへ至るまでには、かなり厳しい現場だったようだ。三浦監督は撮影を振り返り、「キャストの皆さん、松坂君はじめ大変でしたけど、スタッフさんも大変で…厳しい条件だったのもありますけど、本当に大変でしたね。心からそう思う現場でした。僕のせいなんですけど、スクリーンにその苦労が刻まれていると思います。」と自信に満ち溢れたコメントだった。
真飛も、「それぞれが短期集中でしたし。お会いするのがはじめての方もいらして。それぞれのシーンを、自分たちも試写会を観て知ったので。このシーンは監督こういうふうにつくったんだな、またどんな大変さだったんだろうと思いながら観てました。気がついたら今日が何曜日か、何日かわからなくなるくらいずっと撮影しっぱなしという日もあったので…本当に(想いが)ギュっと詰まった作品です。」と感慨深けに語っていた。
撮影後には無になったと話していた松坂も撮影を振り返る。「ここにいらっしゃる皆さんとリハーサルできたことは大きかったです。ただ撮影期間中、明日休みにならないかなとか、三浦さん風邪ひいて寝込まないかなと思ってました(笑)。実際三浦さん、風邪ひいてたんですけど、それでも現場に来ていたので、“ダメだ!この人無敵だな”と思いました。」と話し、会場を和ませていた。

松坂と共演した感想を訊かれた冨手は「私は、まとめて出てくるわけではなく、とびとびで出てくるんですが、撮影が順撮りで、最初の方のシーンから最後のシーンを撮るとき、久しぶりに松坂さんに会ってみると、リョウ君として違う人間になっていたというか…映画と共にリョウという存在が会うたびに変わっていたというのが、役者として流石だなと尊敬しまいました。すごいタフな撮影だったのに、バナナ1本しか食べているところ見なかったんです。本当に体力があるなというか…松坂さんのおかげで素晴らしいものになりました」と松坂のストイックさがわかるエピソードを披露。
桜井も「最初お会いしたのはリハーサルだったのですが、リョウがバーテンダーなので、バーのシーンからリハーサルしていたんです。メジャーカップを持たれ、指2本で挟むんですが、ずっとプルプル震えてて。不器用な方なのかなと。いい意味で場がほぐれたんですが、作品を観て、リョウの無気力さみたいなものの中に品があるというか、松坂さんのお持ちの雰囲気だと思うんですが、それがすごく役にぴったりで反映されていました。本当に素晴らしいなと思って、最初のプルプルは忘れました(笑)。」と松坂をたたえていた。
馬渕は「私は1、2日しかお邪魔していませんが、私もご飯食べられない方なんだなと思ったのと、寒い時期のロケだったんですけど、待ち時間になると役者さんだとベンチコートを羽織らせてくれたりするんですが、(松坂さんは)一切着なかったんです。“いや、俺はいいです”みたいな。それが何でだろうって思っていました。自分で自分を追い詰めていらしたのか…なんでだったんですか?」と質問すると、松坂は「なんでだったんですかね?不思議ですね~どうせまたすぐ脱ぐしと思ってたんじゃないですか。自分の中できっと気合入れてたんだろうなと」と裏話に話が及んだ。

最後に松坂が「僕が今まで携わってきた作品の中で、これほど入口と出口が違う作品もなかなかなかったなと思います。なにより余韻を楽しめる作品だと思います。皆さん観終わったあと、最初は面食らうかもしれませんが、劇場出る時には、軽やかな会話を繰り広げられるんじゃないかと思います。それだけ自信のある作品です。」と力強くアピールし、イベントは終了した。

圧倒的なリアリティと繊細さを持って表現される性描写は、リョウが女性たちの欲望を解放していく過程で、心の奥底に潜む想いを受け止め、人として成長していく人間ドラマである映画『娼年』。今作今年、もっともセンセーショナルな今作は、4月6日より全国ロードショーされる。

映画『娼年』

4月6日(金)TOHOシネマズ新宿他全国ロードショー

松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙
猪塚健太 桜井ユキ ⼩柳友 ⾺渕英⾥何 荻野友⾥ 佐々木心音 大谷麻衣 階⼾瑠李
⻄岡德⾺/江波杏⼦

脚本・監督:三浦大輔
原作:⽯⽥衣良「娼年」(集英社⽂庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
©⽯⽥衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
オフィシャルサイトhttp://shonen-movie.com/
公式Twitter@shonen_movie

フォトギャラリー

原作本 『娼年』