浜辺美波が柳 美稀に“顎クイ”。どうなる? ドラマ『賭ケグルイ』最終話あらすじ&場面写真が公開!

浜辺美波が柳 美稀に“顎クイ”。どうなる? ドラマ『賭ケグルイ』最終話あらすじ&場面写真が公開!

ドラマ『賭ケグルイ』より、3月18日(日)に放送される最終話 (第10話)のあらすじと場面写真が公開された。

第9話で蛇喰夢子(浜辺美波)は生徒会役員のスリル狂・生志摩妄(柳 美稀)に“金”ではなく“命”を賭けるオリジナルゲーム「ESPゲーム」での勝負を挑まれる。

いよいよ最終話となる第10話では「ESPゲーム」がスタート。夢子は「100%引き分けで終わらせる」と宣言。第9話でディーラーに指名した鈴井(高杉真宙)を「信じている」と言うが、鈴井はどうすればいいかさっぱりわからずパニックになってしまう。一方、早乙女芽亜里(森川 葵)は生徒会役員の豆生田(中川大志)に呼び出され、予想外の提案を持ちかけられる…。勝負の行方はいかに⁉ 最後まで究極の興奮とスリルを味わってほしい。

ドラマ『賭ケグルイ』最終回第10話は、MBSで3月18日(日) 深夜0時50分~、TBSで3月20日(火)深夜1時28分~放送。

【第10話あらすじ】
夢子(浜辺)に妄(柳)という恐るべき刺客を放った生徒会役員、豆生田(中川)は、さらなる策謀を張り巡らせていた。彼は生徒会室に芽亜里(森川)を呼び出し、驚きの提案を持ちかける。一方、遂に開始された狂ったギャンブル「ESPゲーム」。「100%引き分け宣言」をした夢子に対し、ディーラーの鈴井(高杉)は夢子が言ったサインの「あれ」に全く見当がつかずパニック状態に。第1セット、ゲームに敗れるも被弾を免れた夢子は続く第2セット、勝利する。だがこのゲーム、勝利しても人殺しになる恐ろしいリスクをはらんでいる。拳銃を妄に向ける夢子。究極の命のやりとりに恍惚の表情を浮かべる妄。勝負の行方は―?そして、突如現れた謎のギャンブル狂、蛇喰夢子を中心に、この私立百花王学園はどこまで狂った世界と化していくのか―!?

番組情報

ドラマ『賭ケグルイ』
MBS、TBS深夜枠ほか にて放送!
<MBS> 毎週日曜 深夜0時50分~
<TBS> 毎週火曜 深夜1時28分~

出演:浜辺美波 高杉真宙 森川葵  他
監督:英勉『ヒロイン失格』『あさひなぐ』
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
主題歌:BIGMAMA/「Strawberry Feels」
オープニングテーマ:Re:versed/「一か八か」
©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS  

【STORY】
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、幕を開ける―!

オフィシャルサイト
http://kakegurui.jp/

『賭ケグルイ』原作