『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にブラックパンサーの妹・シュリが参戦決定! 百田夏菜子「アベンジャーズの世界にいることが信じられない」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にブラックパンサーの妹・シュリが参戦決定! 百田夏菜子「アベンジャーズの世界にいることが信じられない」

4月27日(金)に全国公開される「アベンジャーズ」シリーズの最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の集結式が本日3月14日(水)に渋谷のザ・ガーデンルームにて開催され、現在公開中の映画『ブラックパンサー』に登場するブラックパンサーの妹・シュリが本作に参戦することが発表。「アベンジャーズ」初参戦となるシュリ役・百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、シリーズを通して吹替えを務めているブラック・ウィドウ役・米倉涼子、ファルコン役・溝端淳平が登壇した。

本作に登場する“最凶の敵・サノス”との戦いに掛けて、格闘技のリングをイメージしたステージに米倉と溝端が登場。米倉は「史上最凶の敵ということで、絶対に負けない気持ちを持って挑んでいきたい。みんなが集まれば絶対に勝てます!」と力強くサノスに宣戦布告。溝端は「サノスはいろいろなパワーを持っていて、頭もいい。ラスボスにふさわしいキャラクターです。前作の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では分裂しましたが、力を合わせて戦うことが大事。今日もチームワークで頑張ります!」と意気込みを語った。

そして、アイアンマンことトニー・スタークを超えるとも言われている天才科学者・シュリの吹替えを務めた百田もステージ上のリングに登場し「シュリ役のお話を頂いた時、心の底からガッツポーズが出るくらい嬉しかったです。マーベル作品はいろいろな繋がりがあるので、何が起きるかわからないよ、と言われていたのですが、アベンジャーズの世界にいることが信じられないです」と「アベンジャーズ」とともに戦う喜びを爆発させた。また、「アベンジャーズ」の先輩である米倉からの「アフレコ中は一人で戦って、気持ちを上げなくてはいけないので孤独。だからみんながいつもついているという気持ちとチームワークが大事」という力強いアドバイスに、百田は「私には米倉さんがついてるんですね! 心強いです!」と感謝を表し、溝端は「米倉さんについて行けば大丈夫です!」と太鼓判を押し、既に“チームワーク”はバッチリな様子を見せた。

最後に、これまでの「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品に何度か登場しながらも謎の存在だったラスボス・サノスの存在が明らかになるということで、3人にとっての“ラスボス的存在”について質問されると、米倉は「一番うち勝たなくては行けないのは自分。怠けたい、という気持ちとか本当の自分にうち勝たないといけないと思います」と、「アベンジャーズ」の先輩としてさすがの回答。溝端は「一番言うことを聞いてしまうのは姪っ子。姪っ子の言うことは全部イエス(笑)。ラスボスというか、姪っ子には勝てないですね」と姪にメロメロなことを明かした。そして百田は「トマトが苦手で…(ももクロで)赤を身につけることが多いのですが、赤い食べ物が苦手で克服したいです。アイドルとしてはいちごが好きって言いたいです(笑)」と意外な回答。「最凶の敵の話までかわいい」と溝端が返すと、会場にいたマスコミからも笑いが起きる微笑ましい一幕も。新たなメンバーと共に“最凶の敵・サノス”と戦う日本人ボイスキャストのチームワークの強さを感じる集結式となった。

【STORY】
6つすべてを手に入れると全宇宙を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。果たして、彼らは人類を救えるのか?今、アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!

作品情報

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
4月27日(金)全国公開


原題:Avengers: Infinity War  
監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ 
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ロバート・ダウニーJr./クリス・エヴァンス/ベネディクト・カンバーバッチ/トム・ホランド 
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2017 MARVEL