注目女優・吉本実憂が新卒一年目のぶっ飛び名古屋嬢に!? 映画『レディin ホワイト』が今秋公開決定!

注目女優・吉本実憂が新卒一年目のぶっ飛び名古屋嬢に!? 映画『レディin ホワイト』が今秋公開決定!

吉本実憂主演映画『レディin ホワイト』が、アクアシティお台場ほかにて今秋全国公開されることが決定した。

本作は、吉本演じる白スーツに身を包んだ新卒一年目のぶっ飛び名古屋嬢の彩花が、保守的なメーカーに風穴を開けるサクセス・ストーリーを描いた作品。

主演をつとめる吉本は、ドラマ『クズの本懐』や『とと姉ちゃん』、映画『HiGH & LOW THE RED RAIN』や『罪の余白』などで注目を集める若手女優。そして共演には、ドラマ『火花』や『わろてんか』、映画『blank13』などに出演する実力派俳優の波岡一喜が決定した。

監督は、『スープ〜生まれ変わりの物語〜』『フレア』『罪の余白』などの大塚祐吉、脚本は能登秀美がつとめる。

波岡一喜

【STORY】
裕福な家庭に生まれ、明るい性格と何事にも物怖じしない態度で、就活面接も何故か上から目線の受け答えをする、ぶっ飛び名古屋嬢・彩花(吉本実憂)。好きな色は白。ホワイト企業だから、という理由で就職した名古屋のメーカーでは企画部に配属されるも部署内の実質のリーダーでありカリスマ・プレゼンターの翔平(波岡一喜)とはぶつかってばかり。ついにクビを宣告されると、時を同じくして父の会社が倒産…。さらに会社の命運を握るコンペティションに、翔平のかつての部下で因縁のライバルが現れ、会社の危機が! 女性ならではの企画を任せられた彩花だが、このコンペの結末は、そして彩花の運命は一体どうなる!

映画情報

『レディin ホワイト』
アクアシティお台場ほかにて今秋全国公開
監督:大塚祐吉(『スープ〜生まれ変わりの物語〜』、『フレア』、『罪の余白』)
脚本:能登秀美
出演者:吉本実憂、波岡一喜
制作プロダクション:テレビ大阪サービス
特別協賛:浅間製作所
2018年/日本/カラーシネマスコープ/DCP/5.1chサラウンド/100分(予定)
©テレビ大阪サービス