福山雅治が長崎の島々と一体化! 話題のスペシャルムービー『体感、長崎の島。』ついに公開

福山雅治が長崎の島々と一体化! 話題のスペシャルムービー『体感、長崎の島。』ついに公開

長崎県が、日本一の数を誇る“しま”の魅力を県内外に伝えていくことを目的とした『NAGASAKI BLUE ISLANDS PROJECT』(長崎ブルーアイランズプロジェクト)の第1弾として、福山雅治が島々と一体化(!?)し、ナビゲートするスペシャルムービーが、本日3月16日から特設サイトなどで公開された。

スペシャルムービー『体感、長崎の島。』では、福山雅治が、長崎県の島々の魅力を体感していく様子を紹介。本動画を通じて、長崎県の島の魅力を伝えていく。

本動画でナビゲーターを務める福山雅治は、島の魅力を伝えるためには、「島になりきる」ことが重要と決心し、五島列島、壱岐、対馬とまさに「一体化」し、それぞれの島が持つ、表情の異なる“青”の素晴らしさを体感していく。

それぞれの島に全身でなりきり、島の魅力への理解を深めていく福山。様々役を演じた「役になりきる」ことを徹底してきた福山だからこそ(!?)のラストシーンは必見だ。

<制作エピソード>
■「島の魅力を伝えたい」。福山の思いが積み重なって完成したムービー

長崎県出身であり、長崎をいかに盛り上られるかを考え、行動し続けてきた福山。今は長崎の島々に詳しいとはいえない自身が、どうすれば島の魅力を伝え、本当に役に立てるかを考え続けていた。

島の魅力は「体感」すること。ムービーでは、島にしかない美しい景色、風、音を全身で「体感」する喜びを、自ら「全身」をもって表現し、伝えた。ムービーのナレーションも自ら担当し、どのようなトーンであれば、より魅力が伝わるか、何度も試行錯誤しながら収録。 福山の思いや、最高のものを目指す姿は、制作チーム一同を奮い立たせる力になった。

■周囲を囲む144台のカメラに興味津々
福山が島と一体化するシーン。島の撮影とは別に、福山の撮影が都内のスタジオで行われた。

周囲をグルリと囲む一眼レフカメラは、なんと144台! 普通の人なら目を丸くするような光景だが、写真家としての活動でも知られる福山は、驚くこともなく、スタジオ入りした瞬間から興味深げな表情。短い時間で数カットの撮影を終えると、 「どんな仕上がりになるか楽しみにしてます」と笑顔で話した。

■メッセージ撮影で見せた長崎への愛
長崎の人々、そして各島の人々に向けたメッセージをスタジオで撮影。島の魅力を伝えるにあたって、真っ先に島にいる人々に気持ちを届けようとする福山。ここでも、どうすればより誠実に伝わるかを考え、「言い足りていないので、もっと長く話をさせていただきたい」と自らリテイクを希望し、何度か撮影の末に完成。島の素晴らしさを一つひとつ知っていき、伝えていこうとする福山の表情から、長崎への思いがしっかりと感じ取れた。

2月6日にオープンした特設サイトでは、随時情報を更新中。今回公開されたスペシャルムービー『体感、長崎の島。』に加え、長崎県の方々に向けた福山からのスペシャルメッセージなども公開中だ。

【スペシャルムービー『体感、長崎の島。』ストーリー】
「ぼくは(長崎の)島々のことをよく知らなかった。知らないまま伝えることなんか、できない」と、島々の魅力をしっかりと伝えるために、「島に、なる。」と決意した福山。

福山が、「壱岐の猿岩」「対馬の浅茅湾」「五島の高浜、 蛤浜、大瀬崎灯台」など、それぞれの島々の魅力を全力で考え、全身で感じていく。

1. 壱岐の猿岩に、なる。(壱岐・猿岩)
2. 対馬の浅茅湾に、なる。(対馬・浅茅湾)
3. 五島の海に、なる。(五島列島・高浜)
4. 五島の光に、なる。(五島列島・蛤浜)
5. 五島の岬に、なる。(五島列島・大瀬崎灯台)
6. 長崎の“島”になる。


リリース情報

2017.12.01 ON SALE 福山雅治 DIGITAL SINGLE「トモエ学園」


ライブ情報

WE’RE BROS. TOUR 2018 追加ドーム公演
05/19(土) 大阪・京セラドーム大阪
05/20(日) 大阪・京セラドーム大阪
05/26(土) 東京・東京ドーム
05/27(日) 東京・東京ドーム


プロジェクトサイト
http://nagasakiblueislands.jp/

Facebookページ
https://www.facebook.com/nagasakiblueislands/

福山雅治 OFFICIAL WEBSITE
http://www.fukuyamamasaharu.com/


 

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC