山本舞香「ありのままのプニッとしか感じ!」ありのままに初水着も披露した初の写真集『サニー/ムーン』発売!

山本舞香「ありのままのプニッとしか感じ!」ありのままに初水着も披露した初の写真集『サニー/ムーン』発売!

山本舞香が、一人の女優として成長する経過を一冊にまとめた初の写真集「サニー/ムーン」を発売し、出版記念サイン本お渡し会が3月17日、SHIBUYA TSUTAYAで行われた。

山本は、CM「三井のリハウス」「JR SKISKI」でブレイク、映画「暗殺教室」、「ひるなかの流星」他、多数の話題作に出演、現在「王様のブランチ」(TBS)にもレギュラー出演中とマルチな才能を発揮し、活躍している注目の女優だ。

ファースト写真集では、蒼い海が広がる竹富島で魅せたプライベートショットに加え、故郷である鳥取県米子市でみせた貴重な素顔、さらに初の水着ショットも掲載されている。

ファースト写真集ということで、感想を訊かれた山本は、「ん~早かったなって思いました…2年前に作ろうっていうふうに決めて、編集さんとお話して、2年経ってやっと発売することできたので、長いようで…短かったなという感じです」と、この2年を振り返り、感慨深い様子だった。

今回撮影は、おもに竹富島と地元・米子の2か所。思い出の場所を訊かれると、「地元は、思い出の場所しか行ってません。小学校もそうですし、小さいころから行っていたラーメン屋さんとか、前住んでいた家の近くの公園だったり、思い出の場所に行きました。竹富島は…はじめて沖縄行ったんですけど、すごくきれいだったです。すごく海もキレイだったし、19歳の最後にすごくいいところへ来れたなと思いました」と元気いっぱいに答えていた。

山本舞香写真集「サニー/ムーン」 鈴木 心(撮影)講談社

今回、初の水着ショットも多数収録されている。「水着ね!恥ずかしかったです。でもいいかなって思って。いつかしないといけないということではないけど、した方がいいって。成人式の取材会の時も、露出増やした方が男性ファンが増えると(自分で)言ってましたが、ここで水着やったら、増えてくれるかなって思って、ちょっと狙ったところもありました」と初水着を披露した経緯を説明してくれた。

山本舞香写真集「サニー/ムーン」 鈴木 心(撮影)講談社

写真集の中で、山本自身のお気に入りを披露してくれた。その理由を訊かれ、「この夕日バックの写真なんですけど…これは竹富島で撮った…1泊しか出来なくって、夕方撮ったんですが、いろいろ考えた時間でもあったなって。なんかボォーとしているところを、鈴木心(撮影)さんが撮ってくれて。カメラが無音なんですよ、だからいつ撮ってるわかんなくて。自分の中でいろいろ考えながらも、撮られている写真なので、19歳の最後にいろいろ思うものがあったなって、今になってすごく思います」と説明してくれた。

お気に入りを披露する山本舞香

すでに写真集は発売となっていて、まわりの感想を訊かれると、「水着やってるね!って、言われました(笑)。最初、私はTシャツとか短パンとかだと思ったので、全然鍛えずに行って、ありのままのプニッとしか感じだったので、恥ずかしいなと思いますけど…でもそれでいいのかなって。狙っていった感じでいっても、自分らしくないというか。このままでいいかなって」と、ありのままで臨んだことを披露していた。

山本舞香写真集「サニー/ムーン」 鈴木 心(撮影)講談社

タイトル『サニー/ムーン』にちなんで、自身はどちらかと訊かれると「どっちか?素のままで仕事やっているので、テンションが高い時はサニー」と答えると、「普通にしゃべるとすごい態度悪いと言われるから、声のトーンあげたりとか(工夫して)…でも気が抜けると低くなるから、態度悪そうかなって思うけど、そこで猫かぶるつもりもないので、ありのままの山本舞香を好きでいてくれる方だけで…それだけでうれしいので」と飾らない姿勢を貫く山本の芯の強さを感じるコメントだった。
その強さは写真にあるロングインタビューでも感じることができる。“イメージは大切だけど、自分を隠してまでしたい仕事ではない”という信念とも思えわれることを述べている。そこに共感する人が山本を支持し、今の人気が裏付けられてると考えられる。常にフラット、表裏のないところが、山本の強みであり、評価されているところではないだろうか。

山本舞香写真集「サニー/ムーン」 鈴木 心(撮影)講談社

水着を披露しているが、自身の体でお気に入りがないとのこと。「(好きなところ)あるわけないじゃないですか(笑)!ないですよ。私、自分のお尻が嫌いで、それが克服できたらいいなと思ったけど、克服できてない。全然引き締めてもないので、鍛えておけばよかったと思いました」と説明してくれた。

好きな男性のタイプを訊かれ、「ギャップある人。腕と首が太い人。血管が好きだから。見ちゃう、めっちゃ。変態ですか?血管フェチなんですよ。今まではお兄ちゃんみたいなタイプって言ってたんですけど、お兄ちゃんは優しすぎて…私は言っちゃうタイプなので、強気で立ち向かってくる人です」と答えていた。

最後に、「19歳に竹富島で撮って、20歳になってから米子で撮って、その表情の変化というか、未成年から成人を迎えた山本舞香がここに詰まっていますし、今まで見せたことのない表情がこの写真集に入っているので、皆さん見ていただけたらと思います」とアピールし、会見は終了した。

山本舞香写真集「サニー/ムーン」 鈴木 心(撮影)講談社

「心さんはじめ、デザイナー、ヘアメイク、スタイリストとか、このメンバーと一緒にファースト写真集が作れて幸せだなって、心からおもえたので、思い入れはすごい強い」とこの写真集への想いを語っていた山本舞香のファースト写真集『サニー/ムーン』は講談社より発売中。

山本舞香写真集『サニー/ムーン』

撮影:鈴木 心
発売日:3月12日(月)
定価:¥1,833+税
仕様:B5 変型/128 ページ
出版社:講談社

山本舞香(やまもと まいか)

1997年10月13日生まれ。
2011年 CM「三井のリハウス」の14代目リハウスガールに選ばれ、その後「それでも、生きてゆく」(フジテレビ)で女優デビュー。2016年映画「桜ノ雨」で初主演。2015年映画「暗殺教室」、2016年映画「暗殺教室~卒業編~」、2017年「ひるなかの流星」他、多数の話題作に出演。現在、「王様のブランチ」(TBS)、ドラマ「漫画みたいにいかない」(NTV)にレギュラー出演中。
4 月には舞台「漫画みたいにいかない」で初舞台に挑戦する。又、5月25日公開映画「恋は雨上がりのように」(東宝)、8月31日公開映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(東宝)に出演が決定している。